ゲレンデ開きが日本で一番早い!スノータウンイエティへ行こう

今回ご紹介するのは、日本で一番オープンが早いゲレンデ、スノータウンイエティです。

11月末から12月にオープンするゲレンデが多い中、スノータウンイエティのオープンはなんと10月25日!21年連続で日本一の早さを誇ります。
しかも東京・神奈川・静岡から直行バスが出ているのでアクセス楽々。友達同士にも、ファミリーにもおすすめのゲレンデです。

ここでは、スノータウンイエティのコース・施設情報や、アクセスの方法などについてご紹介していきます。

富士2合目のスキー場スノータウンイエティ

スノータウンイエティは、静岡県の富士2合目にあるゲレンデです。
日本で一番オープンが早いことで有名で、子どもも大人も楽しめる、みんなが楽しめるゲレンデです。
まずはスノータウンイエティの基本情報をご紹介します。

スノータウンイエティはみんなが楽しめる

スノータウンイエティの特徴は、子どもも大人も楽しめる、「みんなが楽しめるゲレンデ」です。
スキー・スノーボードを楽しむのはもちろん、子どもが楽しめる、そり専用ゲレンデやキッズルーム、ニューオープンのスノーアクティビティエリアもあり、いろいろな楽しみ方ができます。

また、ショップやレストランが集まる「タウンエリア」では、アイテムのレンタルや食事、お土産などが一か所に集まっているため、利便性抜群。

思い出がいっぱいできる、ウィンターリゾートを楽しみましょう。

・リフト料金表

内容 曜日 滑走料金
(大人)
滑走料金
(小人・シニア)
1日券
22:00まで有効
土日祝 4,000円 3,000円
平日 3,500円 2,500円
ナイター
15:30より発売
全日 2,500円 2,000円
オールナイト
15:30~8:00
指定日 2,500円 2,000円

大 人 中学生以上
小 人 3歳~状学生以下
シニア 60歳以上(要証明)

・営業時間
平日 9:00~22:00
※4/1~4は17:00まで

土日祝 8:00~22:00
※3/1~4/5までの日曜日は17:00まで

オールナイト 15:30~翌朝8:00

※オールナイト営業日は下記営業カレンダーをご確認ください。

スノータウンイエティオールナイト営業予定日

ゲレンデ開きは日本で一番早い10月25日

スノータウンイエティの特徴はなんといってもゲレンデ開きが日本一早いこと。2019年のオープン日は驚きの10月25日です。

オープン直後は多少込み合いますが、シーズンを先取りできるのはやはり魅力的。良質な人工雪のコースは滑りやすいと好評です。

2019年の10月中にオープンするゲレンデはスノータウンイエティだけ。シーズンが待ちきれない方はスノータウンイエティに直行です!

コース・施設情報。色々な楽しみ方ができる

スノータウンイエティのゲレンデは、初心者~中級者向けを中心とした4つのコースと、そり専用ゲレンデ、そして今年オープンするスノーアクティビティエリア「PICA WILD BASE fujisan」があります。

また、ショップやレストランが集まるタウンエリアでは、一か所でいろいろな用事が済ませられるので利便性も抜群です。

詳しくご紹介していきます。

コースは安心安全設計。初心者もOK

スノータウンイエティのコースはA~Dの4コース(Bコースは上部と下部に分かれる)があります。
難易度比率は、初級50%、中級40%、上級10%と、初心者~中級者向けのゲレンデ。スキー・スノボデビューにもおすすめです。

Bゲレンデは、上部と下部で難易度の分かれるロングコース。レベルアップしてきた初心者が腕試しをするのに最適です。

また、リフトはペアリフト2基とクワッドリフト1基、ムービングベルト1基を配備。
メインゲレンデのAゲレンデとBゲレンデは、ペアリフトとクワッドリフトの2基体制ですから、運搬力抜群です。

標高 1,300m ~ 1,450m コース 4本
平均斜度 11度 リフト 3基
最大斜度 25度 ムービングベルト 3基

 

キッズでも楽しめるそり専用ゲレンデ

ショップやレストランが集まるタウンエリアの近くには、そり専用ゲレンデが用意されています。
まだスキーやスノボーができない小さい子どもでも、雪遊びを楽しむことができます。

タウンエリアに近い配置のため、トイレに行きたくなったときや、疲れたときも安心。ゲレンデとは完全に別エリアになっているので、ぶつかる心配もありません。

この冬からアクティビティも楽しめる

この冬からスノーアクティビティを楽しめる新ゾーンがオープン!
「PICA WILD BASE fujisan」と名付けられたこのエリアでは、スノーモービルが引くゴムボートで駆け回る「スノーラフティング」や、子どもから乗ることのできる「ミニスノーモービル」を体験することができます。

PICA WILD BASE fujisanは、冬だけでなく、夏季のグリーンシーズンも楽しむことが出来ます。
冬を楽しんだら「次は夏に来ようね!」と、夏も家族でお出かけしてみてはいかがでしょうか。

※スノーアクティビティは1月初旬から営業開始予定です

PICA WILD BASE fujisan詳細ページ

アクセス。車がなくても直行バスで楽々

出典:Pixabay

ゲレンデを訪れる際に重要なのがアクセスのしやすさです。
スノータウンイエティは、マイカーでアクセスしやすいのはもちろん、東京・神奈川・静岡から直行バスが出ているので、車をお持ちでない方もアクセスしやすいんです。

友達同士で行く場合や、家族で行く場合、大人数で行く場合に使いやすそうですね。
では詳しくご説明します。

車の場合。スタッドレス・チェーンが必要

車でアクセスする場合、東名高速道路・新東名高速道路、中央自動車道のICからアクセスが可能です。

・東名高速道路からアクセスする場合
裾野ICから南外周道路経由20分
御殿場ICから富士山スカイライン経由30分
富士ICから十里木経由40分

・新東名高速道路からアクセスする場合
新富士ICから十里木経由30分

・中央自動車道からアクセスする場合
河口湖ICから東富士五湖道路経由60分

スノータウンイエティは標高が1,300~1,450mの富士山2合目にあり、雪が降りやすい立地です。そのため、路面には降雪や凍結が起こりやすく、スタッドレスタイヤかタイヤチェーンを装備して行く必要があります。

11月ごろから降雪・凍結が起こりますので、まだ早いかな?と思っても、タイヤの準備はしっかりしておきましょう。

直行バスが東京・神奈川・静岡から運行

スノータウンイエティは、東京・神奈川・静岡から直行バスが運行しており、マイカーをお持ちでない方でも楽々アクセスができます。
冬場の運転に自信がないという方にもおすすめです。

発着場所は、東京3か所、神奈川10か所、静岡3か所の計16か所!
スマホから事前予約ができ、バスと同時にレンタルウェアの予約もできるのでとても便利です。

しかも、料金にはスキー場1日滑走料が含まれているのでとってもお得。
ゆったりとバスにゆられてアクセスするのもいいですね。

・東京発着

発着場所 所要時間
新宿駅 2時間30分
品川駅 2時間30分
町田駅 2時間

 

・神奈川発着

発着場所 所要時間
横浜駅 2時間20分
藤沢駅 2時間
たまプラーザ駅 1時間50分
センター北駅 2時間10分
川崎駅 2時間30分
市が尾駅 1時間40分
国府津駅 2時間10分
武蔵小杉駅 2時間30分
新松田駅 1時間20分
日吉駅 2時間50分

 

・静岡発着

発着場所 所要時間
静岡駅 2時間40分
富士宮駅 1時間30分
沼津駅 1時間

 

まとめ

そり専用ゲレンデ

出典:イエティ

スノータウンイエティは、子どもから大人まで楽しめる、みんなが楽しいウィンターリゾートです。
スキー・スノボーだけでなく、そりやアクティビティも楽しめるので、思い思いの楽しみ方ができちゃうんです。

ウィンタースポーツに苦手意識を持っている方でも十分楽しむことができますので、ウィンタースポーツデビューをスノータウンイエティでかざってみてはいかがでしょうか。