万場スキー場はファミリーに最適!コースや施設情報を紹介!

万場スキー場は、兵庫県豊岡市神鍋高原にあるスキー場です。
こちらの記事では、万場スキー場がスキーヤーやスノーボーダーのみでなく、子供連れのファミリーにも最適なゲレンデであるということを、コースや施設情報を交えて紹介していきます。
この記事を読めば万場スキー場の魅力をしっかりと理解でき、より素敵な思い出を作ることができますよ。

万場スキー場は子ども連れにオススメ

出典:U. J. Alexander / ゲッティイメージズ

万場スキー場は、子供たちが雪山で遊ぶのにもピッタリのスキー場です。
スキー場によっては子供が遊べるようなスペースがなくて楽しめないところもありますが、万場スキー場は子供がしっかり楽しめるように設計されているので、ゲレンデデビューのキッズも満足できますよ。

スノーエスカレーターでキッズも安心

万場スキー場がキッズを連れたご家族におすすめの理由の1つは、他のスキー場ではあまり見ることのないスノーエスカレーターが設置されている点です。
リフトに乗るのが怖いという子供でも、約100mのスノーエスカレーターに乗ればきっと大喜びするでしょう。
キッズゲレンデは他の利用者と接触しないよう配慮されているため、親子で安心して雪山を楽しめますよ。

レベル別コースで大人も楽しめる

万場スキー場はキッズパークも充実していますが、スキーやスノーボード用のコースもしっかりと整備されています。
レベル別に分けられたコースは、どれも広々と見晴らしが最高!お天気の良い日には、絶景を楽しみながら気分良く滑走することができます。

セットレンタルは一律料金で分かりやすい

スキー場によってはレンタル品の料金設定が分かりづらく、思った以上にコストがかかってしまうこともあります。
万場スキー場はセットでレンタルの料金を設定。一律料金で道具をレンタルできるため予算が立てやすくなっています。
もちろん道具のセットのみでなくウエアもセットでレンタルできるので、ウィンタースポーツの道具を何も持っていないという人も安心して遊びに行けますよ。

ロッジ33?レストハウスで疲れを癒そう

スキー場を選ぶ時は、休憩スペースが充実しているかどうかも重要です。
万場スキー場は、レストハウスの種類が豊富。ゲレンデ内の様々な場所で休憩することができます。
「ロッジ33」や「ウインターハウス高原の家」といったレストハウスだけでなく、周辺の宿泊施設も充実しています。連泊してスキーやスノーボードを楽しみたいという人にもおすすめです。

万場スキー場をお得に楽しむ方法

出典:Sinenkiy / ゲッティイメージズ

ファミリーでスキーやスノーボードを楽しむ場合は、少しでもコストを抑えたいものですよね。
万場スキー場は、そんなファミリーも安心・お得に楽しめる方法があります。
家族連れのみでなく友人と複数人で行く方も、参考にしてくださいね。

早割で格安リフト券を入手できる

万場スキー場をコスパ良く楽しむ方法は、早割でリフト券を手に入れておくことです。
人数分のリフト券となるとかなりの高額。しかもせっかく行くなら1日遊びたい!でもますます高くなってしまいます。
万場スキー場は、事前に早割で1日リフト券を購入すれば、当日購入よりも最大40%引きで購入できるのです。
よりお得に遊ぶためにも、早めに計画を立てておきたいものですね。

万場スキー場のアクセス方法

出典:Kesu01 / ゲッティイメージズ

スムーズにゲレンデで遊び始めるためには、アクセス方法を事前に把握しておくことが大切です。
道に迷って到着が遅れたりすると、せっかくのレジャーが台無しになってしまいかねません。
ここからは、万場スキー場へのアクセス方法を紹介します。

日高神鍋ICを出てからわずか1.1㎞!

万場スキー場は、高速道路からのアクセスが良好なので、運転が不安な人でも安心して遊びに行くことができます。
ゲレンデが日高神鍋ICを出てからわずか1.1㎞の場所にあるので、事前にチェックしておけば迷わずにたどり着くことができるでしょう。

レンタルやリフト券がお得!バスでアクセス

車でのアクセスが不安な人や車を持っていない人には、バスでアクセスする方法があります。
バスツアーに申し込んでおけばリフト券や道具レンタルが割引になる特典を受けられるので、お得にウィンタースポーツを楽しむことができますよ。

まとめ

出典:anatoliy_gleb/ ゲッティイメージズ

今回の記事では、万場スキー場のコースの特徴や施設情報を紹介しました。
大人だけでなく子供も一緒に、冬の思い出づくりができるので、お子さんの雪山デビューには最適な場所です。
スキーヤーやスノーボーダーにとっても、アクセスしやすくコースが多彩で、何度行っても飽きることなく時間いっぱい楽しむことができるでしょう。
ここで紹介した内容を参考にして、万場スキー場をエンジョイしてくださいね。