スノーボードの基本的な滑り方を解説 初心者でも簡単なコツは?

スノーボードを初めてやる人はちゃんと滑られるか不安なものです。不用意な転び方をしてしまうと怪我に繋がってしまうだけに、最初は恐怖心を抱えながら滑ることになるでしょう。

ただ、初心者が闇雲に滑るのでは中々な上達するのは難しいです。やはり基本的な滑り方をいくつか頭に入れてから実際にやってみるとコツを掴むことができます。

今回はスノーボードの初歩的な滑り方を紹介していきます。これを読んで実際にプレイするときのイメージ作りに役立ててください。

スノーボードの滑り方 初心者編

出典:familylifestyle / ゲッティイメージズ


では、まずスノーボードで必須となる初歩的な滑り方を見ていきましょう。ゲレンデを安全に滑り降りるために必要なテクニックなのでこれらに関しては最低限覚えてから滑るようにしてください。

スノーボードで重要となるのは「ストップ」と「ターン」です。「止まる」「方向転換」の技術がなければ減速できなかったり、コースアウトしたり危険です。

ブレーキやターンのやり方

ブレーキには「トゥーエッジブレーキ」と「ヒールエッジブレーキ」の2種類があります。両者の違いはブレーキをかけるのが「つま先」か「かかと」かにあります。

進行方向に対してボードと体を真横に向けます。この時体の前面が進行方向を向いているときは「かかと」に体重をかけて減速していきます。逆に、体が後ろ側を向いている際は「つま先」に体重をかけます。

進行方向に対して逆側のボードを雪面にひっかけるイメージで止まっていきます。この時に体の重心を下げておくと転ばずにブレーキができます。ターンができるようになると一気にスノボー感が高まります。ターンにも「フロントサイドターン」と「バックサイドターン」の2種類があります。

体の前面側のエッジを使用して曲がるのが「フロントサイドターン」、後側のエッジを使うのが「バックサイドターン」です。ボードに対して左足が前にあるならフロントサイド=右回り、バックサイド=左回りとなります。

進行方向に対してボードの角度をゆっくりと右もしくは左に傾けながら、ボードが真横を向くようにしていき、斜面に対してボードの後ろ側を引っ掛けながら曲がります。あまり曲がろうと力を入れるのではなく、リラックスしながら自然なターンをするのがコツです。

スノーボードの滑り方の種類(初級編)

出典:MaximFesenko / ゲッティイメージズ


初歩的な滑り方がマスターできればゲレンデを転ばずに降りれるようになります。ここからは、さらにステップアップして簡単にできる滑り方のテクニックを紹介していきます。

初級者でもできる「木の葉落とし」

木の葉落としとは斜面に対してボードを真横、体を前方に向けた状態で、左右に揺れながら滑っていく方法です。降り方が葉っぱが揺れ落ちるような形になるのでこういった名前がついています。

斜面に対してかかと側のエッジを効かせながら斜め方向に滑っていきます。体重を逆側にかけると方向を変えることができます。ターンをする必要がない分、フロント/バックサイドターンよりも簡単にできるかもしれません。

リフトの乗り降りに「ワンフットターン」

リフトの乗り降りはスムーズにできておかないといけません。その際に役立つのが「ワンフットターン」です。ビンディングの後ろ足側を外した状態から、前側の足だけを使ってターンしていきます。前足のかかと側を使ってしっかりとエッジを効かせながら曲がるのがポイントです。

ターンの上達に「サイドスリップ」

初めて滑るという人はこの技から初めてみるといいでしょう。こちらは木の葉落としの直進版というイメージです。体を正面、ボードを横に向けた状態からかかと側のエッジを効かせてゆっくりと直進していきます。転ぶ可能性も低く、基本姿勢やブレーキの練習にもなるのでぜひやってみてください。

中級者/上級者になるとこんな滑り方も?

出典:guruXOOX / ゲッティイメージズ


だんだん上達していくとさまざまなスタイルで滑ることができるようになります。アクロバットな技を披露してみたり、スリル満点のライディングを楽しんだりなど遊び方がグンと広がります。

ここでは中上級者向けのさまざまなスタイルを紹介していきます。

パーク

パークはジャンプ台やレールなどをコース上に置き、それらを使って技を決める楽しみ方です。スケートボードをイメージすると分かりやすいと思います。かっこいいだけではなく、技が決まった時の爽快感が魅力です。

パウダー

通常のゲレンデは雪が圧縮され滑りやすくしているのですが、パウダーでは圧縮されていない未整備のゲレンデを滑ります。通常よりも難易度の高い技術を要しますが、パウダースノー特有の感覚が魅力です。

ハーフパイプ

プロの競技でも見たことある人が多いと思います。両側にあるジャンプ台で技を決めながら滑っていきます。高難度で非常にテクニカルな競技でもあり、スノーボードのあらゆる能力を要します。

まとめ

出典:dennisvdw / ゲッティイメージズ


スノーボードも最初は簡単な技をいくつか頭に入れて、ポイントを抑えながら楽しんでいくとうまくなるスピードも早まるでしょう。安全のため、スノーボードをより楽しむためにも、今回紹介したテクニックを知っておきましょう。