スノーボードのスタンスの調整方法とは?自分に合った幅や角度で滑る

スノーボードにおける「スタンス」の重要性を理解しているでしょうか。実は、スタンスが少し違うだけでライディングに大きな変化が生まれるため、それぞれに合うスタンスに調整しなければなりません。
今回はスノーボードにおいて重要な「スタンス」についての解説、その調整方法を紹介していきます。

スノーボードの「スタンス」とは?

出典:Leo_Kostik / ゲッティイメージズ


スノーボードにおける「スタンス」とは、ボードに足を固定する「ビンディング」の位置を指します。この位置に応じて足をホールドした時の幅・角度が変わってくるため、滑り方に大きな影響を与えます。
人それぞれしっくりくるスタンスは異なるので、自分にとってベストな形で調整しなければなりません。

レギュラー?グーフィー?

スタンスには分かりやすい種類として「レギュラー」と「グーフィー」と呼ばれるものがあります。
これは滑る方向に対してどちらの足が後に来ているかということで、右足が後ろの人を「レギュラー」、左足が後ろの人を「グーフィー」と呼びます。

基本的にスノーボードでは、後ろ足が全体のコントロールを担っており、一般的には利き足を後ろにする人が多いです。
もちろん人によって適している方は違うので滑りながら試していくことになります。
まずは自分が「レギュラー」なのか「グーフィー」なのかを見極めてみましょう。

スタンスの「狭い」「広い」でどう変わる?

出典:maxoidos / ゲッティイメージズ


スタンスはボードに対して両足がどれぐらいの幅になるかを決める作業です。大まかな見方として幅の「広い」「狭い」の違いについて紹介します。

狭い場合

スタンス幅が狭いとターンがしやすいというメリットがあります。膝のクッションを上手に使いながら滑ることもできます。その反面両足でしっかりと踏ん張ることができなくなってしまいます。どちらかといえば初心者に適しているスタンス幅となっています。

広い場合

スタンス幅が広い場合、バランスが取りやすいという利点があります。足を広くした方が踏ん張りがききやすく、安定感を保ちながら滑ることができます。その反面、膝への負担が大きくなるという難点もあり、中上級者向けのスタンスとなっています。

スタンス幅や角度の決め方

出典: SergeyNivens/ ゲッティイメージズ


スタンスは角度も重要です。ボードに対して両足をどの角度で置くかによって滑り具合が変わってきます。
角度についてはボードの横方向に対して足がどれほど斜めに配置されているかによって表されます。

ここでは主なスタンスの種類について紹介します。

初心者向きスタンス

初心者であれば基準となるスタンダードなスタンス幅・角度に合わせて滑るといいでしょう。目安としては「スタンス幅:肩幅+0~5cm」「角度:前15~21°後3~6°」程度とされています。

初めてなのに大胆な設定を行うとボードのコントロールが上手にできません。ボード操作が行いやすく癖も少ない無理のないスタンスにして、試していきながらより自分に合うスタンスに調整していくといいでしょう。

オールマイティに楽しめるスタンス

何度か経験していく中で上達し、それなりに滑れるようになったらスタンス幅を広げてみましょう。こちらの目安は「スタンス幅:肩幅+5cm」「角度:前15~21°後3~-6°」です。

あらゆるスタイルに対応可能なオールマイティな形です。スノーボードにハマってよりさまざまな滑り方を楽しみたいという人におすすめです。

上級者やプロ向けのスタンス

1つの滑り方に特化するような上級者向けのスタンスもあります。こちらは「スタンス幅:肩幅-5cm」「角度:前15~24°後6~9°」のフリーライドに合わせた形です。

カービングを行う人向けの形になっており、よりダイナミックなライディングに向いています。このように上級者になればなるほどそれぞれの目的に応じたスタンスの調整を行います。

スタンスは滑りながら調整していく

ここまで主なスタンスの例を挙げていきましたが、最終的に重要なのは「自分に合っているかどうか」です。スタンダードと言われるスタンスはいろいろありますが、それでも自分の体格や身体能力によって最適なスタンスは異なります。一度決めた同じ形でずっと滑るのではなく、滑りながらしっくりくるスタンスに調整していくといいでしょう。

まとめ

出典:vizualni / ゲッティイメージズ


初めてのスノーボードではスタンスをそこまで気にすることはありませんが、2度目、3度目と滑っていくうちにスタンス調整の必要性を感じることでしょう。最初のうちは気にも留めないかもしれませんが、徐々に「何かしっくりこないな」と感じることが多々あるはずです。そんなときは足元を見つけて「スタンス」の重要性を考えてみましょう。それぞれに適した形に調整できればスノーボードがより楽しくなるに違いありません。

そして何よりも重要なのは自身の感覚です。いろいろなやり方がありますが、自分自身が納得のできる形に変えていくのが重要です。