白馬でおすすめのスキー場一覧!キッズも楽しめるスキー場を紹介!

「白馬でスキーを楽しみたいけれど、どのゲレンデを選べばいいの?」
「家族で楽しめる白馬のスキー場はどこだろう?」
このように、白馬のスキー場について悩んだ経験はありませんか?
今回の記事では、子どもも一緒にエンジョイできる白馬のスキー場を紹介します。

白馬でおすすめの魅力あふれるスキー場3選

出典:wmaster890/ ゲッティイメージズ

白馬にはいくつかのスキー場があります。
その中でも、キッズも一緒に楽しめるおすすめのスキー場を3つ紹介します。

多彩なコースが魅力!白馬八方尾根スキー場

まず1つ目におすすめするスキー場は、白馬八方尾根スキー場です。
白馬八方尾根スキー場では、初心者用から超上級者用まで5段階のコースが設定されています。
コースのレベルアップの幅が小さいため、スキーやスノーボードの上達度に合わせて少しずつ難易度を高めていけるのが特徴です。

公式はこちら→白馬八方尾根スキー場

ナイターも楽しい!エイブル白馬五竜スキー場

2つ目はエイブル白馬五竜スキー場です。
エイブル白馬五竜スキー場は、利用者のレベルに合わせた23種類の豊富なコースが用意されているのが特徴です。
パークやパウダー、コブといった様々なジャンルのコースも用意されているので、飽きることなく遊べますよ。
また、期間中は毎日ナイター営業しており、18:00~21:30まで楽しめるので、夕方から遊び始める人でも満足できるでしょう。

公式はこちら→エイブル白馬五竜スキー場

早割りでさらにお得!白馬さのさかスキー場

3つ目は、白馬さのさかスキー場です。
白馬さのさかスキー場は、コースの約80%が初級から中級のコースに設定されています。
そのため、スキーやスノーボードを始めたばかりの人でも、安心してゲレンデで遊ぶことができるのです。
また、早割でシーズン券を購入すれば、通常48,000円のところを、35,000円で購入できます。
親子ペアでシーズン券を購入するとさらにお得に遊べるようになるので、頻繁に遊びに行く人は、ぜひチェックしておきましょう。

公式はこちら→白馬さのさかスキー場

子供も大満足!白馬の子供向けスキー場3選

出典:LeonidKos / ゲッティイメージズ

白馬には、キッズを連れて行ったとしても大満足して帰ってもらえるファミリーの思い出づくりにピッタリのスキー場もあります。
ここからは、白馬のスキー場の中でも大人のみでなく、子供の心に残り続けるような魅力たっぷりのスキー場を紹介していきます。

スキーヤーオンリーで安心!きそふくしまスキー場

1つ目におすすめする子供向けスキー場は、きそふくしまスキー場です。
きそふくしまスキー場は、スキーヤーオンリーのゲレンデになっているので、スキー初心者やゲレンデデビューのキッズでも安心して雪遊びを楽しむことができます。
また、最長4,600mのダイナミックなコースは、大人でも充分満足できるコースです。
6種類の食事処や充実のレンタルショップもあるため、食事や道具が心配な人でも安心して遊びに行くことができますよ。

公式はこちら→きそふくしまスキー場

アクセス良好!ヘブンスそのはら SNOW WORLD

2つ目は、ヘブンスそのはら SNOW WORLDです。
ヘブンスそのはら SNOW WORLDは、名古屋から有料道路を使うと約60分でアクセスできることや、東京からも高速バスを利用してアクセスできるので、車を持っていない人でも遊びに行きやすいスキー場です。
また、7ヶ所で計1,500台収容可能な無料駐車場もあるので、駐車料金を気にせずに遊べるのも魅力です。
ゲレンデはスキーヤー専用であることや、チュービングやソリで遊べるキッズワールドも充実しているため、スキー初心者やキッズでも安心して遊ぶことができますよ。

公式はこちら→ヘブンスそのはら SNOW WORLD

晴天率80%!中央道伊那スキーリゾート

3つ目は、中央道伊那スキーリゾートです。
中央道伊那スキーリゾートは、晴天率80%と良好な環境で雪遊びができるスキー場なので、天気が心配な人にはおすすめのスキー場です。
また、小黒川ICからわずか8分かつ山道なしでアクセスできることから、雪山の運転が心配という人でも安心して移動できますよ。

公式はこちら→中央道伊那スキーリゾート

白馬スキー場の気になるアクセス方法は?

出典:bluejayphoto / ゲッティイメージズ

白馬スキー場は色々な地域に整備されていますが、どのゲレンデであっても首都圏からアクセスしやすいことが魅力です。
ここでは、白馬スキー場までのアクセス方法を説明します。

東京なら日帰りできる抜群のアクセスが魅力!

白馬は長野県にあるので、東京からはアクセスしづらいイメージがあるかもしれません。
しかし、高速道路や鉄道の整備によって、東京からでも日帰りでアクセスできる範囲内なのです。
旅行会社によっては日帰りツアーの設定もあります。
公共の交通機関を利用する場合、まずは東京駅から新幹線で長野駅まで行き、その後バスで白馬村まで行くと約3時間で到着します。
また、高速バスの場合は新宿から約5時間でアクセスできます。
マイカーの場合は約4時間でアクセスできますし、高速道路の料金も7,000円程度で済むので、費用を抑えて遊びに行きたい人にはオススメです。

まとめ

出典:nensuria / ゲッティイメージズ

ここでは、白馬でスキーをする時に選んでほしい魅力的なスキー場を紹介しました。自分に合ったスキー場とアクセス方法をよく検討して、白馬のゲレンデを楽しんでくださいね。