スノーボードに行くときの服装は?ウェア着たままいける!

スノボに行く特の服装は結構悩みませんか?スノーボードの道具一式に、いつもの服装に防寒着を着たら荷物がいっぱいですよね?そんな時におすすめしたいのが、ウェアを着て行くのもありです!この記事では、ゲレンデまで着ていけるウェアを紹介します。

シーン別おすすめスノボウェア

スノボウェア

出典:Artranq / iStock / Getty Images Plus

スキー場まで移動する手段別に、おすすめのスノボウェア。ウェアの選び方と、その際に注意したい点を紹介します。

車でスノーボードに行く時

スキー場までの移動手段で一番多いのが車では無いでしょうか。そして一番ウェアを自由に選べるのも車です!派手なウェアでも車で行けば誰かに見られる心配もありません!スキー場の駐車場に付いて着替える必要なく、直ぐに滑りに行けるのは魅力!

バスツアーでスノーボードに行く時

バスツアーは、コスパがいいツアーが多いです!バスツアーで行く場合は荷物が多いと運ぶのが大変。荷物を最小限で行きたいなら、移動時のアウターはスノボウェアで行くのがおすすめです!ただ、バスツアーには他のボーダーの方もいるので、少し落ち着いたウェアがおすすめ!

新幹線・電車でスノーボードに行く時

新幹線や電車は、なんといっても移動時間が短いのが魅力!お近くのスキー場に始発で行けば、午前中から滑り始められ、ナイター滑ってそのまま日帰りも可能!スキー場の滞在時間を重視するなら着替える時間も勿体ないですね!ただ、バス同様ウェアのデザインは落ち着いた物の方が他人の目を気にしないでいいですね。

スノーボードウェアのブランド紹介

BONFIREとは?

BONFIREは、誕生から25年以上にわたり、スノーボーダーに最高のギアを提供してきたアメリカで人気のウェアブランドです。BONFIREのウェアの魅力は大きく分けて3つあります。シンプル(単純)・パフォーマンス(動きやすさ)・プログレッシブ(革新的)です!耐水圧や透湿性があるのはもちろん、スノーボーダーの要望から生まれた動きやすいストレッチ素材を利用しています!

686とは?

出典:楽天

686(シックスエイトシックス)は1992年にアメリカのロサンゼルスにて生まれたブランドです。686の由来は創設者のマイク・アキラ・ウェスト氏の記念日だそうです。日本では通称「ロクハチ」と呼ばれ愛されています。ファミリーや、仲間を大事にする考えが反映され、その精神がブランド全体に影響を与えています。

SESSIONSとは?

SESSIONSは、1983年に、アメリカのカルフォルニア州で生まれたスノーボードウェアのブランドです。「音楽とスノーボード」をテーマに若い人に突き刺さるデザインを展開しています。それまでのブランドとは違い、ストリートの雰囲気のまま雪上へを目指しており、アメリカでも絶大な人気を誇るブランドです。

VOLCOMとは?

出典:楽天

VOLCOMは、1991年に創設しクリエイティブな精神にインスパイアされたスノーボードギアのブランドです。スノーボードウェアの特徴として、ZipTechという機能を搭載しウェアとパンツをジッパーで固定するシステム。これにより、ウェア内の保温性を保つだけでなく雪の侵入を防ぎます!

SWIVELとは?

SWIVEL(スウィベル)は、1990年代初頭にカリフォルニアを中心に生まれた歴史あるレディスブランドです。サーフィンやスノーボード、スケートボードなど横乗りのスポーツをこよなく愛する人たちが、着たい服を自由に作り始めたことから始まりました。今シーズンは、おしゃれなスノースタイルに力を入れており、これからの季節、大注目のブランドです!

おすすめのスノーボードウェア

BONFIREのスノーボードウェア

■ CONTROL STRETCH JACKET

4ウェイのストレッチ素材を採用。耐水圧20,000mmの高性能な防水性を備えている。ベンチレーションが装備されているため、汗をかいてもムレを防ぎ、快適にライディングを楽しめます。

■ ETHER JACKET SHELL

ベンチレーションやパウダーガード、ジャケットとパンツをつなぐコネクターなど各種機能を搭載。高性能素材を使用しており、あらゆるライダーにおススメのシェルジャケット。

■ VECTOR JACKET SHELL

シンプルなデザインの中に豊富な機能が搭載されており、快適にスノーボードを楽しむことが出来るジャケット。

686のスノーボードウェア

■GORE-TEX GT JACKET L8W103

GORE-TEXを使用した高機能スノーボードウェア!デザインも3タイプ出ており、スマートに着こなせるものばかり。左胸に付いてるジッパーもストリートを意識したデザインでクール!

■Foundation Insulated Jacket

バイカラーが特徴なスノーボードウェア。4サイズ・5カラーのバリエーションあふれるウェアです!タウンユースでも着られるデザインも魅力。脇の下にジッパーが装着されていて、暑いときは開けておくと通気性抜群!

■Hydra Thermagraph Jacket

アシンメトリーなフロントジップが特徴的で、スタイリッシュなデザイン!ゲレンデでもタウンユースでもクールに着こなせるウェアです。口元の通気口など細部まで機能的で滑走時に役立ちます!

SESSIONSのスノーボードウェア

■ SCOUT JACKET

90年代デザインをリバイバルしたSCOUT JACKET。サイドのラインとロゴがポイント。シンプルなデザインなので、インナーやパンツを合わせやすいアイテム。

■ CHAOS PO JACKET

シェル素材のプルオーバージャケット。大きめロゴが特徴的なストリートスタイルデザイン。耐水圧、浸透性ともに10,000mmあるため、快適にライディングを楽しむことが出来る。

■ SPEARHEAD JACKET

高性能シェル素材Vertexを採用。大胆な切り替えカラーが特徴。冬の様々な天候にも対応しており、充実の機能性で本格派ライダーにもオススメの一枚。

VOLCOMのスノーボードウェア

■L GORE-TEX JACKET

人気のGORE-TEXを採用した、軽量かつ防水性の高いシリーズです。ジャケットとパンツをつなげるためのチャックがついており、雪がウェア内に入ってくるのを防ぎます。

■DEADLY STONES JACKET

ZIP TECH搭載で雪の侵入を防ぐウェアです。シルエット、フィットも動きやすさを重視しされています。

 

■HOLBECK INS JACKET

SWIVELのスノーボードウェア

■BOTANICAL ART JKT

 

トレンドでもある、人気の花柄ジャケット。ピンクやブルー、グレーなどの淡いグラデーションが特徴の落ち着いたカラーリング。

詳しくはこちら

■BOTANICAL SOLID JKT

切り替えデザインがポイント。女性らしい花柄とネイビーの組み合わせで大人っぽい印象に。デザイン性と機能性を兼ね備えたアイテム。

詳しくはこちら

■SOLID POKET JKT

重ね着風のジャケット。パスケース、ベンチレーション、パウダーガード等機能も満載。背中部分には発熱機能綿も入っており、快適にスノボを楽しむことが出来る。

詳しくはこちら

■BOTANICAL RIDER JKT

薄手の仕様で様々な天候でも活躍するコーチジャケット。中にパーカーを着る際はフードを取り外しても着ることも可能。袖とバックプリントがポイント。シンプルなデザインなので、タウンユースやスノボの行きかえりにも◎

詳しくはこちら

行き帰りは楽してゲレンデを楽しもう!

いかがでしたか?ウェアを着てゲレンデに向かうのに適した商品を紹介してきましたが行けそうな気がしてきませんか?スキー場までは少なからず移動距離があると思います。その際に快適に向かうには荷物を最小限に抑えたほうがいいですよね!新作のウェアから気に入ったウェアでゲレンデに直行してみましょう!