ファミリー全員が大満足の軽井沢プリンスホテルスキー場の魅力を紹介

家族で旅行に出かけても、「こどもの面倒に追われてしまい自分の時間を持つことができなかった…」といった経験は多くの方があるのではないでしょうか?年数回はスキーを楽しみたいと考えているファミリーは、どこのスキー場が良いのか悩むものです。今回は、小さなお子さまも、パパもママも全員が楽しめる「軽井沢プリンスホテルスキー場」の魅力を紹介します。家族でスキーに行くことを検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

青空が澄み渡る、他とはひと味ちがう「スキー場」

wojciech_gajda/iStock/Getty Images Plus/ゲッティイメージズ

アクセスが抜群な軽井沢プリンスホテルのスキー場は、晴天率が高いので青空が広がります。人工雪にはなってしまいますが、浅間山を望むことができるので他のスキー場とはひと味異なる魅力があるスキー場です。コンパクトなゲレンデではありますが、スキーコースが豊富に用意されているので初心者から上級者まで楽しむことができます。急傾斜の難易度の高いコースもあるので多くのプロスキーヤーも訪れています。

難易度 コース名 距離 平均斜度 スノーボード可能か その他(特徴)
初級 くりの木コース 380m 日帰りスキーを楽しみたい方や初級者の方向けのコース
初級 ファミリーコース 600m 11° コースの幅と斜度が一定で滑りやすいコース
初級 プリンスゲレンデ 400m 10° 広々としたメインコースでナイターも楽しむことができるコース
初級 もみの木コース 400m 家族で一緒に練習するのに最適なコース
初級 うさぎ山コース 550m 小さなお子さんと一緒に滑るのに最適なコース
中級 パラレルコース 800m 11° 浅間山が正面に見えて滑りやすい人気コース
中級 パノラマコース 1,000m 12° 眺望が素晴らしく浅間山に向かって滑るコース
上級 アリエスカコース 700m 12° 最大斜度30度でコブもあり難易度の高いコース
上級 浅間コース 800m 11° 貸し切りにすることが多いコース
上級 スラロームバーン 230m 20° 急斜面が多くて上級者も気持ちよく滑ることができるコース

スノーボードの滑走は、全コースで可能です。

クーポンを利用するとソフトドリンクが特典で付いてくる!

ViewApart/iStock/Getty Images Plus/ゲッティイメージズ

券の種類 利用時間 大人 中・高校生 シニア
1日券 8:00~17:00 4700
4500
4700
3700
4500
3700
3700
4500
3700
4時間券 購入から4時間 4200
5000
4200
3200
4000
3200
3200
4000
3200
2日券 8:00~17:00 8800
12000
8800
6800
8200
6800
6800
8200
6800
3日券 8:00~17:00 12600
14600
12600
9600
11600
9600
9600
11600
9600
ナイター券 16:00~20:00 1800
(12月22日~3月17日)のみ
1300
(12月22日~3月17日)のみ
1300
(12月22日~3月17日)のみ
リフトプラス1 8:00~17:00 4600
5400
4600
3600
4400
3600
3600
4400
3600
リフトプラス2 8:00~17:00 9200
10000
9200
8200
9000
8200
8200
9000
8200

※価格は上段より「初滑り(11月3日~12月21日)」「シーズン(12月22日~3月17日)」「春スキー(3月18日~3月31日)」

リフトプラス1について
ソフトドリンク券(平日は食事券)がついている1日券です。
※ソフトドリンク券はアゼリア、トラットリア プリモ、そば蔵 丁子庵、スノーバル ヴィゴーレ、ポルトで利用できます。季節により利用場所が変更になる場合があります。

リフトプラス2について
ソフトドリンク券(平日は食事券)とスキー・ボードセットがついている1日券です。
※ソフトドリンク券はアゼリア、トラットリア プリモ、そば蔵 丁子庵、スノーバル ヴィゴーレ、ポルトで利用できます。季節により利用場所が変更になる場合があります。
※ウェアはレンタルに含まれていません。

軽井沢スキー場は、営業時間やナイター定休日には注意が必要!

b7photographie/iStock/Getty Images Plus/ゲッティイメージズ

軽井沢プリンスホテルスキー場のオープン期間は、2018年11月3日から2019年3月31日までになります。営業時間は朝8時から夜17時までとなっています。12月22日から3月3日の期間は、ナイター営業をしており午後8時まで滑ることができます。しかし、毎週火・水・木曜日はナイター定休日となっているので注意が必要です。また、初滑り期間(11月3日から12月21日)は、午後4時30分までの営業なので注意しましょう。

嬉しい!荷物になるアイテムだけをレンタルすることも可能!

Artranq/iStock/Getty Images Plus/ゲッティイメージズ

軽井沢プリンスホテルスキー場では、スキー用品をレンタルすることができます。1日セットの利用料金は、おとなが5,000円、こどもが4,000円になります。ウエア(おとな3,500円・こども2,500円)、スキー板(おとな3,500円・こども3,000円)、ブーツ(おとな2,500円・こども2,000円)、ストック(全員500円)のみのレンタルも可能です。こども料金は、小学生までが対象となります。ウエアレンタル料金の中には、グローブやゴーグル、帽子などが含まれていません。それらのアイテムは売店で購入することになります。また、お子さまを事故の危険から守るヘルメットも500円で貸し出されているので、お子様連れの方は利用してみましょう。

多くの親御さんから好評のキッズレッスンが豊富!

ArtMassa/iStock/Getty Images Plus/ゲッティイメージズ

軽井沢プリンスホテルのスキーレッスンは4つの教室があります。パンダルマンキッズスクール・軽井沢スキー学校・RITMO Snow Academy・ライオンスノーボードスクールです。どのスキースクールもお子さまを対象にしたものです。スクールの中には、プライベートレッスンや資格検定を受けるためのレッスンコースを用意している学校もあります。したがって、目的に合わせて選ぶようにしましょう。一般レッスンは2時間コース(4,000円)・4時間コース(6,000円)となっています。お子さまの面倒を見てもらっている間に、スノーライフを満喫することができるので、レッスンスクールは子連れファミリーの親御さんから好評です。

こども連れでも、それぞれが素敵な軽井沢の時間を満喫できる

ventdusud/iStock/Getty Images Plus/ゲッティイメージズ

軽井沢プリンセスホテルスキー場の嬉しいポイントは、都内からのアクセスが良いという点です。また、軽井沢ではスキーの他にもグルメやアウトレットモールを楽しむことができます。イースト館からショッピングプラザへは往復することができます。軽井沢プリンスホテルスキー場ではこども向けのスキーレッスンがあるので子供を預けて、軽井沢を堪能することができます。キッズパークやこども向けのアクティビティも豊富に用意されているので子どもに雪を見せたいと考える家族連れが多いです。軽井沢プリンセスホテルスキー場は、家族連れにピッタリな場所です。また、都心に近いスキー場で他のスキー場と比較すると雪が積もりません。そのため、ノーマルタイヤでスキー場まで行くことができ、雪道の運転が苦手な方でも安心して辿り着くことができます。人工雪なので雪質が少し残念ではありますが、足慣らしをするには満足できるスキー場です。スキーの上級者には、少し物足りなさを感じてしまうかもしれませんが、軽井沢の景色に心が癒されることは間違いありません。1つ気をつけたい点は、ゲレンテ内の休憩所や飲食店が少ない点です。休憩したいと思っても、多くの人が賑わっていて休憩することができないという事態もあり得ます。したがってランチタイムを少しずらして行動しましょう。そうすることによって、家族や友人と有意義な時間を過ごすことができると多くの口コミからも分かります。

ライブカメラで、ゲレンデの状況を確認することができる

StefanSorean/iStock/Getty Images Plus/ゲッティイメージズ

軽井沢プリンスホテルスキー場の天候やゲレンデ状況をライブカメラで確認することができます。軽井沢プリンスホテルと提携している軽井沢スキー学校でライブカメラは配信されています。映像の配信元は「軽井沢プリンスホテル ライブカメラ」で、リアルタイムの状況を確認することができます。また、軽井沢の積雪量は多い時期でも、30cm位です。1月から3月迄の間が積雪が多い時期です。

小さなお子さまも楽しむことができるアクティビティも用意

Bojan89/iStock/Getty Images Plus/ゲッティイメージズ

プリンスホテルスキー場には、スキーを滑ることができない小さなお子さまも楽しむことができるスノーマンパークがあります。スノーエスカレーター、ふあふあ、チュービングなどのアイテムが豊富に用意されています。スノーマンパークは「日帰りスノーマンパーク」と「イーストスノーマンパーク」の2カ所で開催されいます。入園する場合は、おとな・こどもに限らず一律1,300円かかります。(3才未満のお子さまは無料です。)開催時期は日帰りスノーマンパークが2018年12月1日(土)~2019年3月31日で、イーストスノーマンパークが2018年12月8日(土)~2019年3月31日(日)で予定されています。

新幹線を利用する場合は、軽井沢駅出発の「送迎バス」が便利!

Kutredrig/iStock/Getty Images Plus/ゲッティイメージズ

車で来場する場合
【東京】練馬IC→関越自動車道約1時間→藤岡JCT→上信越自動車約40分→碓氷軽井沢IC
【名古屋】名古屋IC→東名高速道路約10分→小牧JCT→中央自動車道約2時間→岡谷JCT→長野自動車道約1時間→更埴JCT→上信越自動車道約50分→碓氷軽井沢IC
【大阪】豊中IC→名神高速道路2時間20分→小牧JCT→中央自動車道約2時間→岡谷JCT→長野自動車道約1時間→更埴JCT→上信越自動車道約50分→碓氷軽井沢IC
【金沢】金沢東IC→北陸自動車道約2時間→上越JCT→上信越自動車道約2時間→碓氷軽井沢IC

新幹線をご利用の場合
【東京】北陸新幹線で1時間で軽井沢駅
【名古屋】東海道新幹線で約1時間40分で東京駅、東京駅から北陸新幹線で1時間で軽井沢駅
【新大阪】東海道新幹線で約2時間30分で東京駅、東京駅から北陸新幹線で1時間で軽井沢駅
【金沢】北陸新幹線で約1時間で長野駅、長野駅から北陸新幹線約30分で軽井沢駅
12月8日から3月31日までの期間中は、軽井沢駅からスキー場に向かう無料シャトルバスが毎日運行しています。ウィンターシーズン中は、バスの本数も多く出ているので新幹線で行く場合は利用しましょう。

軽井沢プリンスホテルスキー場は、平日は無料で利用できてお得!

zetter/iStock/Getty Images Plus/ゲッティイメージズ

軽井沢プリンスホテルスキー場には、第1第2駐車場があります。そちらの駐車場では1,000台の車を収容することができます。嬉しいことに、平日は無料で利用することができます。土曜日・日曜日・祝日は期間中によって利用料金が異なります。11月3日から12月21日までの期間中は、普通車1台500円で利用することができます。12月22日から3月31日までの期間中は、普通車1台1,000円で利用することができます。また、マイクロバスは1,500円、大型バスは2,000円で駐車可能です。

レストランの営業時間・期間は必ずチェックしておきましょう!

oneinchpunch/iStock/Getty Images Plus/ゲッティイメージズ

丁子庵は信州特産の手打ちそばをはじめ、季節の山菜を豊富に使った天ぷらが人気のそば処です。ゲレンデの麓にあるお店なのでランチタイムをずらして行かないと30分ほど並ぶことになってしまいます。時間に余裕をもって行動しましょう。

店名:そば蔵丁子庵 軽井沢プリンスホテルスキー場店
場所:軽井沢プリンスホテルスキー場内
電話:-
営業時間:10:00〜16:00
wifi有無:無

アゼリアの人気メニューは「メガトンプレート」と「ギガトンプレート」で大盛りのご飯を手頃な価格で楽しむことができます。スキーで体を動かしてお腹を空かせた方や子連れの方におすすめのお店です。


店名:レストラン アゼリア
場所:軽井沢プリンスホテルスキー場内
電話:-
営業時間:10:00〜17:00
wifi有無:無

うさぎ山キッチンハウスは、うさぎ山ゲレンテの麓にあります。こども達が好きなカレーライスや牛丼、肉うどんなどを手軽に食べることができます。スキーレッスンのお迎えの際に利用する人が多いです。12月23日から1月9日の期間と3月下旬までの土曜・日曜・祝日に営業しています。


店名:うさぎ山 キッチンハウス
場所:軽井沢プリンスホテルスキー場内
電話:-
営業時間:11:00~15:30
wifi有無:無

トラットリア プリモは、白木の床と白木の組み木の天井、柱がシンプルで、清潔感とデザイン性が話題の店舗です。店舗から見える風景も良く、本格的なピザやイタリア料理を楽しむことができます。とても人気のあるお店です。しかし、営業期間は12月16日までの期間と3月1日から4月1日の期間なので、お店がオープンしているのか事前に確認をとりましょう。


揚げたてのドーナツや温かいドリンクを楽しむことができる売店です。オーダーしてから作ってくれるので少し時間がかかります。


店名:スノーバルヴィゴーレ
場所:軽井沢プリンスホテルスキー場内
電話:-
営業時間:10:00-4:00
wifi有無:無

目的に合わせて選べるホテルは全4種類!

Janoka82/iStock/Getty Images Plus/ゲッティイメージズ

ザ・プリンス軽井沢の全客室からは、雄大な浅間山を見ることができます。美しい景観を眺めながら至福の時間を過ごすことができるホテルです。

・収容人数:2名~4名
・部屋の種類:ファミリースイートルーム・エグゼクティブスイートルーム・エグゼクティブツインルーム・ガーデンツインルーム・スーペリアツインルーム
・料金:96,822円~299,851円
・予約申込先:026-42-1112
・wifi有無:有

ザ・プリンスヴィラ軽井沢は、貸別荘機能とホテルサービスが融合し、自然と調和された温かみのある宿泊施設です。四季折々の情景を楽しむことができます。

・収容人数:2名~8名
・部屋の種類:テラスタイプ・メゾネットタイプ・メゾネットスパタイプ
・料金:277,754円~411,404円
・予約申込先:026-42-1113
・wifi有無:有

軽井沢プリンスホテルイーストは、ゲレンデが目の前に広がるのでスキーを楽しみたい方におすすめの宿泊施設です。また、リゾートスパや天然温泉で至福の時間を過ごすことができます。

・収容人数:2名~4名
・部屋の種類:テラスタイプ・メゾネットタイプ・メゾネットスパタイプ
・料金:99,798円~133,650円
・予約申込先:0267-42-1111
・wifi有無:有

軽井沢プリンスホテルウエストは、プリンスショッピングプラザまで徒歩2分で、観光拠点として多目的に利用することができる宿泊施設です。


・収容人数:2名~4名
・部屋の種類:ウエストツインルーム・ジュニアスイートルーム
・料金:71,992円~128,660円
・予約申込先:0267-42-1111
・wifi有無:有

三世代やペット同伴で宿泊できるコテージも用意!

Federico Rostagno/iStock/Getty Images Plus/ゲッティイメージズ

軽井沢プリンスホテルウエストのコテージは、大人数で宿泊することが可能です。三世代で記念になる思い出づくりをすることができます。

・収容人数:2名~8名
・部屋の種類:プリンスコテージA・C・D・E・F
・料金:103,474円~203,623円
・予約申込先:026-42-1111
・wifi有無:有

軽井沢プリンスホテルイーストのコテージでは、赤ちゃんやペットと一緒に宿泊できるプランが用意されています。


・収容人数:2名~3名
・部屋の種類:プリンスコテージA・B・ドッグコテージ
・料金:103,474円1~18,800円
・予約申込先:026-42-1111
・wifi有無:有

軽井沢には、家族それぞれが満足できる施設が勢揃い!

grki/iStock/Getty Images Plus/ゲッティイメージズ

軽井沢千ヶ滝温泉は、庭園露天風呂があり野趣溢れる軽井沢の大自然を堪能しながら、かけ流しを楽しむことができます。神経痛や筋肉痛に対する効能がある天然温泉です。


施設名:軽井沢千ヶ滝温泉
住所:長野県北佐久郡軽井沢町
電話:0267-46-1111
料金:平日おとな1,200円・こども700円/土日祝おとな1,300円・こども750円
営業時間:平日12:00~21:30/土日祝10:30~22:00
公式サイト:あれば

軽井沢プリンスショッピングプラザは、プレミアム・アウトレットを常時開催しています。大型ショッピングモールなので事前に行きたい店舗を確認して行くことが重要です。


施設名:軽井沢・プリンスショッピングプラザ
住所:長野県北佐久郡軽井沢町
電話:0267-42-5211
料金:-
営業時間:平日10:00~19:00/土日祝10:00~20:00
公式サイト:軽井沢・プリンスショッピングプラザ

軽井沢プリンスボウルでは、家族で思い出をつくることができます。また「あそびパーク」が併設されており、巨大アスレチックや絵本など、お子さまが楽しめるオモチャが豊富に用意されています。


施設名:軽井沢プリンスボウル
住所:長野県北佐久郡軽井沢町
電話:0267-42-1133
料金:一般600円・シニア(60才以上)570円・高校生以下550円・小学生未満500円
営業時間:日曜日~木曜日10:00~19:00/金曜日~土曜日10:00~21:00
公式サイト:軽井沢プリンスボウル

SPA THE FORESTは、世界中で厳選した植物から抽出したエッセンシャルオイルを使用したエステを提供しています。仕事に子育てに働く女性のご褒美におすすめです。


施設名:SPA THE FOREST
住所:長野県北佐久郡軽井沢町
電話:0267-42-1111
料金:フェイシャル(60分)19,008円・全身(60分)16,632円
営業時間:13:00~22:00
公式サイト:SPA THE FOREST

軽井沢プリンスホテルスキー場の基本情報

ViewApart/iStock/Getty Images Plus/ゲッティイメージズ

住所 〒389-0102 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢
電話番号 0267-42-5588
営業期間 2018年11月3日(土・祝)~2019年3月31日(日)
営業時間 8:00~20:00
公式サイトURL http://www2.princehotels.co.jp/ski/karuizawa/

まとめ

Sneksy/iStock/Getty Images Plus/ゲッティイメージズ

軽井沢プリンスホテルスキー場の紹介はいかがでしたか?ポイントをまとめると下記の通りになります。
・キッズ向けスキーレッスンが豊富
・スキー上級者の方でも満足できる滑りができる
・ショッピングプラザでアウトレットを楽しむことができる
・エステティックなどのサロンも充実
・雄大な痣間山を臨むことができる
・三世代やペット同伴で宿泊することができる
軽井沢プリンスホテルスキー場は、家族それぞれが有意義な時間を過ごすことができるので、ファミリーでお出かけするには最適なスキー場なのです。