【ゲレンデの輪vol.7】スノーボードで人を幸せに!プロスノーボードYoutuber谷口尊人に迫る!

Grabスキーヤー・ボーダー密着インタビュー企画「ゲレンデの輪」第7弾!今回のボーダーさんは、第6弾の広野さんからの紹介。youtubeやショップ経営などスノーボード以外にも精力的に活動しているプロスノーボーダーの谷口さんです!

そこで今回、谷口さんにスノボを始めたきっかけやyoutubeで伝えたいこと、今後の目標について語って頂きました!

<過去のゲレンデの輪 連載>
【ゲレンデの輪vol.5】 星野文香さんの紹介はこちら

【ゲレンデの輪vol.6】 広野あさみさんの紹介はこちら

ボーダー取材連載第7弾〜谷口尊人〜


Photo by Kazuya Seki

ボーダープロフィール

△名前:谷口尊人
△出身地:長野県木島平村
△SNSアカウント:
instagram
twitter
facebook
youtube
△スノーボード歴:22年
△ボードスタイル:オールラウンド
△ホームゲレンデ:竜王スキーパーク

Grabスキーヤー・ボーダー取材連載企画「ゲレンデの輪」第7弾!今回は、スノーボードやyoutube、ショップ経営者として活発に活動しているプロボーダー谷口尊人さんに取材してきました!

そんな様々な活動をされている谷口さんにスノーボードから学んだことや活動にかける思いについて紹介してもらいましょう!

スノーボードを始めたきっかけは「暇つぶし」

スノーボードとの出会いは?


Photo by Kazuya Seki

━━━スノーボードとの出会いを教えてください!

谷口さん:両親がペンションを経営していたこともあり、3歳くらいの頃からスキーをやっていたんです。ですが、スキーに少し飽きてしまっていて、スノーボードを初めて見た時に「何これ、かっこいいな」って興味を持ったのがスノーボードとの出会いでしたね。

━━━なるほど。それからスノーボードを始めたんですね!

谷口さん:はい。滑っているうちに、スキーより楽しく感じて、冬はスノーボードを滑るようになりました!冬は雪が降るので、友達の家でゲームをするか、スノーボードを滑るかくらいしか遊べないんです。なので、暇つぶしみたいな感じで滑っていました(笑)

━━━そうなんですね!では、次はどうしてプロを目指そうと思ってのかお聞かせください!

プロを目指したきっかけは?


Photo by Kazuya Seki

━━━プロを目指したきっかけは何だったんですか?

谷口さん:最初から絶対プロになってやるってスタンスではなかったんです。一つ一つ段階を踏んでいった感じでした。そうするうちに、ビデオで見ていた憧れの選手と同じ舞台で滑って自分がどこまでできるのか興味が出てきたんです。それからプロを意識するようになりました。

━━━実際に、プロになるまでの道のり、プロになってから苦労したことや大変だったことはありますか?

谷口さん:プロ資格を取得するための大会中に網膜剥離になって、出場できず手術を受けに帰ったことですかね(笑)あれは辛かったです…。体は全く痛くないのに、大事な大会で滑れなかったので、すごい虚無感を感じました。

━━━なるほど…。辛い思い出ですね(笑)プロボーダーの他に、夢や目標は何かありましたか?

谷口さん:はい。ゲームが好きだったので、ゲームクリエイターになりたかったです。ですが、肉体的に元気な若いうちはスノーボードで勝負しようと思い、スノーボードを続ける選択をしました。

スノーボードから学んだこと


Photo by Kazuya Seki

━━━スノーボードを続けてきてどんなことを学びましたか?スノーボードだからこそ学べたことを教えてください!

谷口さん:時間の有効活用と考える力です。時間はみんな共通なので、同じ時間でどうやったらうまくなるか考えて動くようになりました。スノーボードで学んだこの二つは、仕事や私生活でも生きています。

youtube・ブランドなど精力的な活動の背景

ピーカンファクトリーを始めたきっかけ


Photo by Kazuya Seki

━━━youtubeを始めるには中々勇気がいると思うのですが、始めたきっかけを教えて下さい!

谷口さん:スキー場の情報とかスノーボードの動画ってネットでもまだまだ少ないんですよね。なので、自分が発信しようと思って始めました。元々、youtubeを始める前からホームページを作って動画を上げていたので、その動画をあげるページをyoutubeに移したって感じです。

━━━登録者数10万人のチャンネルを作るのは、大変なことだと思うのですが、チャンネル登録をしてもらうために行なってきた特別なことは何かありますか?

谷口さん:ユーザーが求めていることをひたすらコツコツやっていった感じです。ユーザーがどういうコンテンツを求めているのかを考えて、初心者にも見てもらえるような動画を作るということを意識していました。

最近は、イベントを開催したりもしています。この前は、竜王スキーパークにスノーボード系ユーチューバーを集めて動画撮影し合うというイベントを開催しました!集客のつもりは全然なかったんですが、撮影が思った以上にできなくなるくらい人の数がすごくて、記念撮影や握手などで盛り上がったので嬉しかったです!

━━━youtubeでどんなことを伝えたいですか?

谷口さん:「気付き」を与える動画にしたいと思っています。動画を見て吸収するだけじゃなく、自分で考えて何か新しいことに気付き、挑戦のアシストになるような動画になれば嬉しいです。また、できないことを敢えて挑戦してみて、挫折したり、練習してうまくなっていく様子などを伝えたいと考えています。

オンラインショップやブランドを作ろうと思った理由


Photo by Kazuya Seki

━━━slidelineやfor snowboardを谷口さんが作ろうと思った経緯を教えて下さい!

谷口さん:スノーボードで雇用が生まれれば、業界がもっと盛り上がり、スノーボーダーの働く場所が増えると思います。ブランドやショップを作れば、スノーボードで食べていける環境作りができると思ったので始めました。

━━━slidelineでは、室内スケートランプ完備やスケートボードレッスンなども開講していると思うのですが、スノーボードだけでなく、スケートボードにも力を入れているのですか?

谷口さん:はい。どっちも横乗りなので、スケートボードをきっかけにスノーボードを始めてくれれば嬉しいなと思ってやっています。それに、ただショップをやっているより、スクールなどを開講した方が、お客さん同士が仲良くなり、人と人との繋がりを作れると思うのでこれからも力を入れていきたいです。

これからの活動について


Photo by Kazuya Seki

━━━今後の目標を教えてください!

谷口さん:遊び方の提案をして生きていきたいです!「仕事は趣味以上のパワーはでない」と思っているので、趣味を充実させて楽しむ時間を提供する立場になりたいと思っています!

まとめ

様々な活動を行なっている谷口さん。取材を通して、ショップ経営やyoutube活動、スクール、それぞれが一貫してスノーボード業界を盛り上げたいという気持ちから活動されているという印象を受けました。

スノーボードの情報など気になったことがあったら、ぜひ谷口さんのyoutubeを見てみて下さい!オフトレやスケートボードも練習したいという方は、谷口さんが運営しているショップ、slidelineに行ってみてはいかがでしょうか♪