セパレートスノーボードnicoのイベントは一体感で溢れていた!

3月24日、長野県の戸隠スキー場で、セパレートスノーボードnicoの愛好家が集まって練習するイベントが開催されました。nico愛をもつユーザーさんの一体感で溢れたイベントでした!

セパレートスノーボードnicoとは?


セパレートスノーボードnicoは、片足につき1枚の板をつけ、2枚の板からなるスノーボードです。両足が離れるため、自由度が高く、軽く持ち運びしやすいため、ボードをつけていても歩けるといった、とても便利なスノーボードになっています。

セパレートスノーボードを知らなかったという人も多いのではないでしょうか?というのも、セパレートスノーボードはリリースしてからまだ7年しか経っていないニューギアです。まだまだ未開拓のギアのため、自分でスタイルを作り出せる点も魅力の一つですね♪

セパレートスノーボードnicoの合同練習イベント初開催!

発売開始されてから早7年、徐々に認知度が広まってきているセパレートスノーボードnico。その愛好家が全国から集まって合同練習を行うイベントが今年初めて開催されたため、参加して来ました!

2019年3月24日、長野県の戸隠スキー場に日本全国から25人のセパレートスノーボーダーが集結しました。北は北海道から、南は奈良県までと、各地から集まったユーザーさん。中には初対面にも関わらず前日から合流して前夜祭をするほど気合の入ったユーザーさんも。

当日はユーザーさんの気合が伝わったのか、曇り予報が一転、見事な冬晴れ!しかも前夜に久々の積雪があり、ゲレンデコンディションはトップシーズン並みのグッドコンディション、まさにnicoに適したゲレンデとなりました。

開始時間が近づき、みるみる集まるセパレートスノーボーダー

午前10時、受付周辺にnicoのユーザーさんがあつまり、受付前のスキーラックがみるみるnicoだらけに…。普段単独で滑っているユーザーさんにとって、これだけの数のnicoが集まる光景は初めてなため、皆驚きながら写真を撮っていました。

午前10:30開会宣言と共にイベントがスタート。まずは25人で一斉にリフトアップ、2人乗りリフトが12基、nicoで埋まる光景も壮観です。その後みんなで一斉にゲレンデを滑りだしたときは、ゲレンデがnicoだらけになり、ユーザーさん達はみな、周りに多くの仲間がいることに歓喜の声をあげていました。

その後も頂上へ向かったり、パークに行ってジャンプをしたりフォーメンションをとったりと皆でやったnicoならではの滑りは楽しかったです!

昼食はみんなで長野の名産品、戸隠蕎麦

もっと交流を深める為に昼食もみんなで食べることに。場所は蕎麦レストラン「とがくれ」。遥々遠くからきたユーザーさんへ長野の魅力にも触れて貰おうと、主催者の粋なはからいで、戸隠の美味しいお蕎麦を味わいました♪

どんどん深まるユーザー同士の絆

午後は練習もしつつ皆で記念動画の撮影にも挑戦、25人みんなで同じポージングをしようとしましたが、みんなのレベルが合わず、ポーズが出来ないユーザーもちらほら、しかしここで際立ったのがユーザー同士の一体感。

同じスポーツを頑張ろうとする仲間を助けようと皆でフォローし合い、そしてフォーメンションができた時は拍手喝采が起きるなど、ユーザー同士見事な一体感でした。完璧とはいかなかったけれど、いいフォーメンション動画を収めることができ、大満足です♪

最後はミニゲーム&大抽選大会

練習会の終盤にはミニゲームを実施、nicoならではのゲームにしようと、スノーフラッグゲームが開催されました。雪上を歩けるnicoの特性を活かし50m先のフラッグを一番に取った人が勝ちとなるゲーム。一見簡単そうですが、早く走るには中々コツがいるので、みんな悪戦苦闘。そんな中、見事なダッシュを見せつけたユーザーさんの気迫がすごかったです。

イベントの最後では協賛の企業からの景品をプレゼントする抽選会を実施。景品にはセパレートスノーボードnico公式メーカーさんや、販売店である代々木上原にあるアウティビティショップ「4ALL」さんから、参加者全員に非売品のノベルティアイテムであったりと豪華な景品が揃い、活気にあふれた抽選会でした。

まとめ

セパレートスノーボードnicoは、徐々に普及していますが、これほど多くのユーザーに出会う機会は今までなかったため、参加者同士、初対面とは思えないほどの一体感がありました。今後もユーザー同士の交流の場や、愛好者を増やしていくためにもこのようなイベントの重要性を実感したため、今後の開催に期待したいです。

また、今回のイベントは、日本で初めて25人以上のセパレートスノーボーダーが一斉にゲレンデを滑走したイベントになります。しかし、事実なんの問題もなく、終えることができました。まだ国内には、nicoの安全性が認められていないスキー場も僅かですが存在します。このイベントは、nicoの安全性が認められるきっかけになるのではないでしょうか。

今回のイベントは、nico愛に溢れたユーザーさん同士の一体感を感じる、とても楽しいイベントでした。ぜひ、セパレートスノーボードnicoに挑戦してみてください!