選び方も重要!マッチするスキーブーツを様々な視点から紹介

LightFieldStudios/iStock / Getty Images Plus/ゲッティイメージズ

あなたはどちらに興味がありますか?

View Results

Loading ... Loading ...

何年もスキーを楽しんだり競技に打ち込んだりしていると自分に合っているブーツが何かは見えてきます。
しかし、家族や恋人にスキーを勧めるとなるとどのようなスキーブーツがマッチするかは難しいものです。
選び方を知ったうえで、有力なスキーブーツから絞り込んでいきましょう。

スキーブーツを選ぶなかで大事なのは履いた時の感触・履き心地

人によって合うものが違うスキーブーツは、必然的に履き心地の良いものを選ぶことになります。
それでは、履き心地の良いスキーブーツとは一体どのようなものなのでしょうか?
履き心地を判断するための基準は以下の通りです。

・サイズ
スキーブーツも他のシューズと同様に、まずは自分の足のサイズに合っているものを選びます。
足のサイズにピッタリなサイズよりも、1cm程度余裕のあるものの方が窮屈さを感じません。

・足幅
足幅は「ラスト」と言いますが、スキーブーツの場合、このラストもしっかりと確認しなければなりません。
これは、スキーブーツの有名メーカーが海外に集中しているという事情が大きく関係しています。
海外のメーカーは基本的に自国のニーズに合わせたラストにするため、日本人のラストの傾向である「幅が広く甲が高い」足にマッチしない可能性があるのです。
足幅の広いブーツはサイズまで大きくなるものが多く、足幅とサイズを両立させるものを探さなければなりません。

・フレックス
滑る際に足の精度に影響するフレックスは、初級者に勧める際は柔らかめ(硬度100未満)の方が使いやすくおすすめです。
ただ、フレックスはスキープレーにおける影響部分が大きく、履き心地そのものには因果関係がありません。

・インナー
インナーは保湿性があり衝撃を和らげられるルーズインナーが履きやすいです。
タイトインナーは上級者向けで、ピッタリと足に合うインナーになります。

家族や恋人にスキーを勧める際は、ブーツは初級者向けにしておくと履き心地の良いものに出会いやすくなります。
スキーに慣れて競技に臨むようになると、競技専用のブーツを用意するなど、より細かく揃えていくことになるでしょう。

いろいろな角度から見たオススメのスキーブーツ

ここからは、スキーブーツの中でもオススメとなる商品をピックアップしていきます。
メンズ・レディース・ユニセックス・キッズ・保湿性といった角度から、それぞれにマッチしているスキーブーツを選定しましたので、ブーツ選びに悩んでいる場合は、チェックしてみてください。

メンズのブーツ・オススメな商品をチェック

Amazonで見る

QST ACCESS 80 (クエスト アクセス 80)

軽くて履き心地がよく、快適に滑ることができるのが魅力です。
ラストが104mmとなっているので、足幅の広い人が扱いやすいという面もあります。
はじめたばかりで楽しくスキーをおこなうことを重視したいなら、オススメです。

Amazonで見る

SALOMON(サロモン) スキーブーツ X PRO 100 (エックス プロ 100) 2017-18 モデル

フレックスが柔らかいことが特徴で、痛みを感じることなく履き心地の良さを感じることができます。
とにかく、履きやすいことを重視する人にマッチします。

Amazonで見る

SALOMON(サロモン) スキーブーツ X ACCESS 80 WIDE (エックス アクセス 80 ワイド) 2017-18 モデル

上級モデルでスキーの精度の向上を重視していますが、幅が広いので足幅を重視する人にマッチします。
軽量であるため、歩きやすさも抜群です。

Amazonで見る

16-17 ロシニョール ROSSIGNOL エイリアス80 ALIAS80 スキーブーツ (-):RBF8050

80フレックスと非常に柔らかく、センサーフィットテクノロジーでフィット感も保たれています。快適さ重視の人にはチェックしてもらいたい商品です。

Amazonで見る

REXXAM(REXXAM) スキーブーツ 19 POWER MAX

BX-Sインナーと称されるREXXEMの新感覚のインナーが、絶妙なフィット感を演出しています。
シェルも強くなっており、履き心地と精度を上手く両立させているのが特徴のスキーブーツです。

Amazonで見る

ROSSIGNOL(ロシニョール)HERO J4 ヒーロー スキーブーツ メンズ ボーイズ RBG5050
インナーの温かさと履き心地を含めた快適さを追求したモデルで、メンズ・ボーイズと幅広い年齢層に対応していることが、この商品の大きな魅力の一つになっています。

女性ならではのつくりが魅力のレディーススキーブーツ

Amazonで見る

SALOMON(サロモン) スキー ブーツ X MAX 70 レディース L37813200 グレー/ホワイト/ピンク

女性専用のカフアジャスターにより、非常に高い精度を実現することのできるスキーブーツです。
ある程度スキーに慣れている女性におすすめです。

Amazonで見る

ATOMIC(アトミック) スキーブーツ LIVE FIT 70 W (ライブ フィット 70) Black レディース AE5013400 22.0

足が当たりやすい部分に特殊ラバーを施しているため、快適に滑りたい女性にとってはうってつけの商品となります。

Amazonで見る

FISCHER(フィッシャー)レディース スキーブーツ CRUZAR W X 7.5 THERMOSHAPE U30516

フィット感、保湿性、着脱性といった部分が高レベルでまとまっているのが特徴です。
履き心地と使いやすさを両立しているので、スキーを楽しく滑ることができます。

Amazonで見る

ロシニョール(ロシニョール) 2016-2017 KELIA 50-BLK/WHT RBF8350 レディースカービングブーツ

60フレックスと非常に柔らかく、履き心地満点のスキーブーツです。
歩行からスキーまで快適さを追求する場合におすすめです。

Amazonで見る

ROSSIGNOL(ロシニョール)KIARA 60 BLACK レディース スキーブーツ RBF8260

こちらもフレックス60と快適さ重視のデザインです。
加えて、ウーマン104mmセンサーによる女性のためのつくりが魅力で、フィット感を追求する場合もマッチします。

Amazonで見る

サロモン(サロモン) スキーブーツ 19 X PRO 70 W 405519

フレックス70と柔らかいこともさることながら、ラスト100mm、軽量と女性にやさしいフィット感が特徴的です。
メーカー保証も2年間付いているため、アフターケアの面を重視している場合もおすすめとなります。

男女どちらもマッチするスキーブーツにもおすすめが

Amazonで見る

SALOMON/サロモン FALCON XR CS JP/22.0cm 2012モデル

快適さと機能性のバランスを保っていることが特徴です。
中級者・上級者に向いているデザインで、男性はもちろんのこと、専用モデルに合わない女性にもおすすめです。

Amazonで見る

SALOMON(サロモン)X PRO X90 オールマウンテンスキーブーツ 中級 L37188700 BlackOrange

マイ・カスタムフィット3D スポーツによる機能性の高さに加えて、フレックス90と、快適さも保っているデザインが特徴です。
ラストも2通りあり、足幅に応じた選択もできます。

Amazonで見る

ROSSIGNOL(ロシニョール)EVO 70 – BLACK GREEN スキーブーツ エヴォシリーズ RBF8150

104mmセンサーグライドによる余裕のある足幅、フレックス70という履き心地、という快適性が最大の魅力になります。
長時間のスキーを楽しむならよりおすすめです。

Amazonで見る

SALOMON(サロモン) スキーブーツ QST ACCESS 80 (クエスト アクセス 80) 2017-18 モデル

軽量であるため、歩きやすさが魅力となります。
全体を通して履きやすさを重視するデザインとなっており、初級者の人におすすめのモデルです。

Amazonで見る

2015 SALOMON/サロモン X LAB 110 24.5cm

機能性重視で、トップレベルの競技に挑むことを想定しているならおすすめのモデルです。
特にスキー時の重心コントロールの精度に悩んでいる場合は、このモデルを試してみるといいかもしれません。

Amazonで見る

2017-2018LANGE(ラング)スキーブーツ一般スキーヤータイプ「XT120」LBG7030

フレックス120という機能性の高さが目立つ一方で、ハイクモードによる歩行時の快適さも保証されているのが魅力です。
一般スキー向けとなっているので、幅広い方に対応できます。

子供のためにしっかりとマッチするスキーブーツを選びたい

Amazonで見る

サロモン(SALOMON) スキーブーツ X Max 60T M Wh/Raceblue/Acid G (エックス マックス 60T M) キッズ 子供用 L40550500 20

スペックを重視しているデザインになっています。
スキーに情熱を持つお子さんに最高のブーツを履かせてあげたいなら、有力な候補になってくるでしょう。

Amazonで見る

サロモン(SALOMON) スキーブーツ T1 Race Blue F04/White キッズ 子供用 L40574200 15

履きやすく、軽い点が特徴の、初級者向けのデザインです。
インナーも暖かさを重視したつくりになっており、お子さんに思う存分スキーの魅力を味わってもらいたい場合におすすめといえるでしょう。

Amazonで見る

サロモン(SALOMON) スキーブーツ T1 Girly White/Rose violet tra キッズ 子供用 L40574300 18

こちらもスキーをはじめるお子さんにピッタリのモデルになっています。女の子にマッチする可愛らしいデザインが魅力です。
見た目にもこだわりたい場合は、要チェックとなります。

Amazonで見る

サロモン(SALOMON) スキーブーツ T2 RT Maroccan Blue/Black/Wh キッズ 子供用 L40573900 18

2バックルキッズで足入れのしやすさが抜群となっています。
全体を通して使いやすさを重視している商品であり、長時間のスキーでも安心して履かせてあげられます。

Amazonで見る

Salomon T2 RT ガーリーガールズ スキーブーツ

フレックス20と硬さがなく動きやすい、女の子にピッタリなつくりになっています。
それでいて18mm 特大ピボットによるスキー時の力の伝達サポートが搭載されるなど、バランスの良い構成になっているところも見逃せません。

Amazonで見る

Bighorn(ビッグホーン)キッズ/ジュニア用 2バックルスキーブーツ/軽量タイプ BJ-X WT*DGY_ホワイトDグレー

ファーライニングを使用しているため、ふわふわとして窮屈さを感じさせないのが魅力です。
全体的に柔らかさを重視しているデザインになっているため、快適にスキーを楽しませたいという考えがあるなら、選択肢に入ります。

コスト重視!低価格帯のスキーブーツをチェックしていこう

Amazonで見る

NORDICA(ノルディカ)大人用 GPX 120 オールマウンテン スキーブーツ 050F1200

4万円前後で購入することができる上級者向けブーツです。
上級者向けのフレックス足幅に加えて、精度向上に役立つGPX PRECISIONの搭載など、機能性の高さも保証されているため、パフォーマンス重視で購入することも十分考えられるでしょう。

Amazonで見る

ATOMIC(アトミック) スキーブーツ HAWX MAGNA 75 W (ホークス マグナ 75)

3万円以下で購入することのできるスキーブーツです。
足幅が102mmとなっているので、余裕のある履き心地を望んでいる場合は高いコストパフォーマンスを期待することができます。

Amazonで見る

SALOMON(サロモン)T3 RT ジュニア スキーブーツ オールラウンド L39162100

1万円台のキッズ向けのスキーブーツです。
薄型シェルとオーバーサイズピボットを搭載しているため利便性が高く、フレックスも30のためフィット感も良好となっています。

Amazonで見る

KRONOS-55

1万円前後で購入することのできるモデルです。
足入れ簡単シェルを採用しているためとても履きやすく、軽量化にも成功しているので、快適さが目立つデザインになっています。
これからスキーを始める人にとっては安価で使いやすい、相性の良い性能になっているのが魅力です。

Amazonで見る

FISCHER(フィッシャー)レディース スキーブーツ CRUZAR W X 7.5 THERMOSHAPE U30516

レディース用で2万円前後の価格になっています。
インナーの保温性が魅力になっており、足を入れた瞬間に暖かさを感じることができるのが特徴です。
着脱性も良好でフィット感を重視している場合は、価格も含めて購入しやすくなっています。

出典:Amazon

ROSSIGNOL(ロシニョール)ALIAS 100 オールマウンテン スキーブーツ RBF8030

3万円前後のスキーブーツです。
足幅104mmとなっているので、履きやすさやフィット感が良好となっています。
カスタムオプチセンサーT3インナーは快適性を重視するためにモノ材を使用しており、履き心地にこだわる場合におすすめです。

スキーブーツの全体的な評価を確認することも重要

スキーブーツは世界的メーカーであるサロモンの商品が多く、口コミに関しても性能の高さを評価する声が見受けられます。
PRO ACCESS MAXなど、ブランドが多いこともあり、幅広い選択肢の中から購入することが可能です。
ブランドごとに細かい強みは異なり、初級者から上級者向けまで幅広く存在するものの、全体的に機能性と快適さをバランスよく保つようにつくられている傾向があり、「履きやすい」・「使いやすい」といった口コミも多く見られます。
デザインに関しては、基本的に落ち着いた色のものが多い印象ですが、ブルーのような明るい色や女性の好むピンクを施しているものも見られます。
他のブランドとしては、ロシニョールの商品の多さが目立ちます。
こちらも機能性や履き心地を評価する口コミが多いですが、レディース用のデザインを「可愛い」と評す声もあるなど、デザインに関する高評価も見られました。
スキーブーツはサロモン、ロシニョールを始めとして海外メーカーを評価する口コミが多く見られますが、足幅に関しては実際に履いてみると想定よりもきつかったり余裕がありすぎたりすることもあるので、その点に関しては注意しなければなりません。

スキーブーツのインナーの洗濯はできるのか

ブーツの手入れにおいて、インナー洗濯は重要なファクターです。
スキーブーツのようにシーズンが来るまで大切に保管する必要があるものは、特に気を使って洗濯をしなければなりません。
スキーブーツのインナーは結論から言えば洗濯することができますが、大切に扱う必要があります。
基本的には洗濯機に入れることなく、水をためた桶等にインナーを入れて丁寧に洗浄します。
この時大事なのはしっかりと時間を掛けてもみ洗いすることで、何度もタオルで水分を吸収しながらじっくりと洗うようにしましょう。
インナーは洗浄だけでなく保管も重要です。
しっかりと保管しなければ洗濯をしても状態が悪くなってしまいますので、洗って終わりとしないようにしましょう。
洗濯を終えた後、数日間は乾燥させる必要があります。風通しの良い場所で乾かしていきましょう。
しっかりと乾かさなければならないので、気温の高い日に乾燥させることができればベストです。
乾かした後はシーズンが来るまで保管ということになりますが、この時も乾燥した状態を保つために湿度の高い場所での保管は避けなければなりません。
バックルを閉めて乾燥剤を入れた後は、日の当たらないところに大切に置いておきましょう。

まとめ

スキーブーツは人によってマッチするものが大きく異なります。
実際に履いてみなければ分からないことが多いこともあり、試し履きをすることが重要です。
購入の際は選ぶためのポイントが色々とあるものの、履き心地や履いた時の機能性についても必ず判断ポイントにしましょう。
もちろん、良いブーツを購入してもしっかりと手入れをして状態を保たなければ意味がありません。
スキーを趣味とするなら大切な相棒になるので、大事に接していきましょう。