スキーゴーグルの必須条件とは?失敗しないためのチェックポイント!

2018-19スキー&スノボシーズンがやってきました!すでにゲレンデのコンディションリサーチ、ウェアのニューモデルのチェックに余念のない方も多いことでしょう。しかしここで見直しておきたいのがスキーゴーグルです。ゲレンデ滞在中に受ける紫外線の影響は私たちが考えている以上に強烈ですので、大切な目を護るためにもスキーゴーグルについてチェックしておきましょう。この記事では改めてスキーゴーグルの大切な役割や最新トレンドについてご紹介します。
guruXOOX/iStock / Getty Images Plus/ゲッティイメージズ

買ってよかった!大満足スキーゴーグル選びはここをチェック!

雪原が反射する強烈な紫外線や、雪のしぶき、ゲレンデは大切な目にとって過酷な環境です。いわゆる「雪目」と呼ばれるスキー後の目の痛みは、紫外線によって結膜や角膜が炎症を起こしている状態です。スキーゴーグルはそんな様々な目へのリスクを軽減してくれる大切な存在なのです。
また、セッション中の視界を確保するためにもやはりスキーゴーグルは重要です。
ここではスキーゴーグルを選ぶときに気をつけたい重要なチェックポイントについてまとめました。

■サイズ

スキーやスノボなどウィンタースポーツで使用するスキーゴーグルには、競技によってサイズの違いはなく、ウェアのような「S」「M」などのサイズ表記もありません。
スキーゴーグルはあくまで頭部の大きさにあわせて選ぶことが重要です。頭の大きさが変わらなければ男女もしくは親子で共用することも可能です。特に頭の大きい人には「頭の大きい人用」と特別サイズも用意されています。
多くのメーカーでは、大人と子供、そして男女別のサイズが用意されています。
視力が弱い人のためには「眼鏡対応」スキーゴーグルが用意されており、眼鏡のレンズを考慮して、スキーゴーグルのレンズと顔の間のスペースに余裕があります。

■機能

スキーゴーグルには目の保護のほかにも、快適な滑りを実現するための「視界の確保」に必要な機能性も重要な要素です。

まずなるべく視野を狭めない「視界の広さ」、雪原に点在する「こぶ(くぼみや盛り上がり部分)」の見分けやすさを備えていることで、安全確保のために必要な視野を保つことができます。

また、キズが付きにくい耐久性の高いレンズであること、レンズに曇りが付きにくいことなども、使いやすいスキーゴーグルの機能条件といえます。

■デザイン

スキーゴーグルは、ウェアのように頻繁に流行が変わる、という性質のツールではありませんが、それでも現在主流とされているデザインのトレンドはチェックしておきたいもの。
顔面につけるスキーゴーグルはやはり人目につきやすい部分。機能性と同時にスタイリッシュな印象を与えられるように、流行のデザインは知っておきたいですね。
ファッション性も見逃せない要素ですが、流行している理由には快適な滑りを実現するヒントが隠されていることも。
雨や雪の日に使えるデイリーユース可能なウェアはコスパが高くおすすめの一着です。

■価格(平均価格)

スキーゴーグルはどうしてもキズが付きやすく、かつキズが付いたままでは視界が確保できず問題です。消耗品と割り切って定期的に買い替えたほうが安心なツールです。
とはいえ機能的に満足できないスキーゴーグルを安く買ってもあまり意味がありません。中堅メーカーなら1万円前後、人気ブランドでも2万円台で揃いますから納得のいくゴーグルを選びたいものです。

■使いやすさ

装着しやすくストレスのない設計のスキーゴーグルが豊富になりました。面倒だったゴーグルストラップは簡単に取外しができるようになり、サイズ調節が簡単でヘルメットを着けたままでOKなタイプが多くなりました。レバーの上げ下げだけでレンズが交換できるタイプのスキーゴーグルも登場しています。

上記条件をすべてクリアするスキーゴーグルなら、大切な目を保護し快適な滑りとゲレンデファッションが楽しめます!
スキーゴーグルを買い替えるときにはぜひチェックするようにしてください。

満足できるスキーゴーグル!機能性×ファッション性でセレクト!

こだわって選んだウェアやブーツ、それなのに使い古した感のあるスキーゴーグルを合わせていたのでは、全体のファッショングレードも台無しに。スキーゴーグルはランのあいだ視界を確保するための重要ツールで傷がつくなど機能性が落ちたら買い替えるべきものです。
せっかく買い替えるなら、今注目の素材を使ったもの、装着感の優れたものなど、最新トレンドをチェックしてみましょう。
そこで今回機能性とファッションを備えたスキーゴーグルをセレクトしてみました。
メンズ、レディース、ユニセックス、キッズ、その他スキーゴーグル関連ツールの順におすすめアイテムを今季新作中心にご紹介します。

満足できるスキーゴーグルforメンズ リピート買い決定!


Amazonで見る

2018年発売のニューモデルは、進化したダブルレンズが最大の特徴。ダブルレンズを採用し、内側に曇り止め加工のイタリア高級レンズ、外側に耐衝撃のレンズ、2枚のレンズを重ねて間に空気の層を作り、曇りにくい設計になっています。顔に接触する部分は三層の柔らかいスポンジで装着感を高めました。

Amazonで見る

最新Revoミラー加工による平面ワイドタイプのスキーゴーグルです。視野をワイドに確保しゆがみを嫌うユーザーにおすすめのスキーゴーグルです。カラーはブラックとアーミーのカラーバリエーションで2パターン選べます。一番お気に入りのカラーを選んでみてください。

Amazonで見る

人気のフレームレス球面レンズのスキーゴーグルです。フレームが柔らかく扱いやすい設計になっています。三層構造の内蔵されたスポンジでしっかりと顔に装着でき、しっかり防風対策が可能です。高性能性能磁気デザインが取り入れられ、レンズの取外しや交換がより簡単になっています。

Amazonで見る

最先端テクノロジーであるマグナテックを搭載したフェイスマスク付きスキーゴーグルです。
急な天候の変化でのレンズ交換も片手のみのワンタッチで可能となっています。

Amazonで見る

「トリガーパーツ」「パフフォーム」「クラリテックスメッシュ」などの最新技術により高いフィット感を実現しました。UVカット、視野確保の設計も万全なハイパフォーマンスゴーグルです。視界をグレーに均一に保つため長時間滑っていても疲れにくい仕様になっています。

Amazonで見る

寒さに弱い人、肌を守りたい人におすすめのフェイスマスク付きスキーゴーグルです。めんどうな装着もフェイスマスクを一瞬でゴーグルに連結することができる簡単仕様です。細部まで計算された球体レンズは、レンズと眼球の湾曲を合わせることで全方向へ最高の視界を提供してくれます。眼鏡をかけたままでも装着可能なOTGも採用。

満足できるスキーゴーグルforレディース これなら納得!

Amazonで見る

取り外しが簡単な「イージーブルフォーム」を搭載した偏光ピンクレンズがフェミニンな印象のスキーゴーグルです。
気になるUVカット99.9%、ダブルレンズ&曇り止めレンズ加工で視認性を確保されており、ノンスリップストラップ、クッションVフレームと使いやすさを追求したモデルです。

Amazonで見る

安全・信頼性の高いUV保護、防風、視認性を備えたスキーゴーグルです。大きいサイズの球面レンズによってしっかりと眼、顔面を保護してくれます。そして機能性だけでなく、ストラップの華やかな柄に気分が上がります。サイズに余裕があるため、子供とペアやカップルでのペアなどの利用も可能です。

Amazonで見る

レディース仕様のフェイスマスク付きスキーゴーグルです。紫外線、冷たい空気、雪しぶきなど、ゲレンデは女性の肌には厳しい環境。しっかりと保護してくれるフェイスマスクは女性の強い味方です。周囲のストラップを絞ることで調節可能となっており、機能性、温かさ、ファッション性を兼ね備えたフェイスマスク付きゴーグルです。

Amazonで見る

薄いミラーコーティングで大げさすぎない女性にはうれしい控えめデザインのスキーゴーグルです。UV A-B-C プロテクションで紫外線対策も万全。もちろん滑りに役立つ機能性も備え、くもり止めコーティングで快適な滑りが実現します。眼鏡をはめたままでも装着できるうえにスピードクリップも付属する親切設計です。

Amazonで見る

上品なトランスルーセントカラーで特に初心者の女性にかけやすいスキーゴーグルです。UVカット機能も高くゲレンデでも安心。ダイレクトフレームベンチレーション、シリコンラバーストラップでつけやすさも抜群です。メンズモデルも揃っているので、カップルでペア使用も可能です。

Amazonで見る

くもり止め性能に注力したこちらのモデルは、従来の防曇りレンズより2倍の効果を発揮する高機能くもり止め機能を搭載しています。そのうえ悪天候でも視認性を確保できるULTRA LENSを使用しているのでふぶいてきた場面でも安心です。メンズモデルもあります。

満足できるスキーゴーグルforユニセックス 満足の一品!

Amazonで見る

雪上の紫外線反射率は80%以上といわれており、ハイパフォーマンススキーゴーグルはマストアイテム。最新素材のレボミラー仕様のスキーゴーグルで紫外線をシャットアウトしながら、レンズベンチレーション機能によって視界を確保できる優秀設計のスキーゴーグルです。簡単にゴーグルの脱着が可能なセンターバックル方式も便利です。

Amazonで見る

高性能磁気デザイン・設計による素早いレンズ取外しが可能となったスキーゴーグルです。曇り止めやUVカット99%、広い視野確保やソフトな装着感など、スキーゴーグルに求められる性能をすべて備えたハイスペックを誇ります。男女兼用で使用できるユニセックスモデルだから、カップルファミリーで共有お揃い使用が可能です。

Amazonで見る

耐衝撃性に優れたポリカーボネート制球面レンズを採用したハイスペックスキーゴーグルです。ゴーグル内の空気容量アップとダブルレンズ設計で曇り止め効果を向上させました。また上下左右の視界の広さも十分確保されています。またアジャスターを2箇所に設置しているので、調節範囲が広く脱着が楽なのも便利な点です。

出典:Amazon

PC素材レンズとハイエンドのTPU製のフレームによって、衝撃からスキーヤーやスノーボーダーを保護する耐久性の高いスキーゴーグルです。スムーズな空気流換気システムによって曇り止め効果が向上し、かつ視界も広くて雪面の状態がはっきり見える仕様です。伸縮素材のバンドによって装着時の調節も楽にできます。

Amazonで見る

なんと二個セットのコスパのよいスキーゴーグルです。PCとTAC素材のダブル使用による耐衝撃性に優れたレンズを採用。より破損しにくい、安全設計が実現したスキーゴーグルです。フレームは柔軟なTPU素材を採用し、弾力性に優れているので顔面にしっかりフィットします。ヘルメット装着にも対応しているのも便利。紫外線対策もUV400保護処理を施し万全です。

Amazonで見る

リーズナブルな価格ながら、180IEV技術球面レンズ、UV400保護を実現したスキーゴーグルです。フレームも最新素材TPU素材を採用しているのでフィット感も文句なし。視認性も高く、曇りにくい、使いやすいスキーゴーグルとして幅広い層におすすめのスキーゴーグルです。

満足できるスキーゴーグルforキッズ 喜んでつけたがる!

Amazonで見る

大人用メンズサイズからからレディースや小学生、幼児用までサイズが豊富に揃うスキーゴーグルです。家族でお揃いが楽しめるのでファミリー層には特に評価の高いモデルです。防霧ダブルレンズやフィット感を約束するTPUフォームなど最新素材とパーツが投入されたコスパの高いスキーゴーグルです。

Amazonで見る

眼鏡ボーイズ&ガールズにおすすめのメガネをかけたまま使用可能なフレームジュニア向けスキーゴーグルです。ヘルメット装着に対応、レンズは耐衝撃性に優れたポリカーボネート製で、曇りにくいダブルレンズになっています。専用布袋が付属しているので、保管時のレンズの擦れによる傷防止に役立ちます。

Amazonで見る

乳幼児の小さな頭にも合う2~4才用のスキーゴーグルです。小さな子供用だからといっておもちゃっぽさは全くない本格仕様。ダブルレンズそして曇止め加工も完備と大人顔負けのハイクオリティを誇るスキーゴーグルです。一緒にゲレンデに出るときもこれで安心できますね。

Amazonで見る

3歳から8歳までのキッズのためのヘルメット&スキーゴーグルセットです。また最新のテクノロジーが投入されたハイパフォーマンスモデルとなっており万全の安心設計。また頭周囲が53-58cmまで対応できるので頭の小さい女性も利用できます。眼鏡を装着したまま使用できるので、視界も確保できるからさらに安心です。

Amazonで見る

可愛いデザインとハイパフォーマンスを実現したジュニア用のスキーゴーグルです。スキーゴーグルのレンズにこもる空気は使用感を大きく左右。こちらのスキーゴーグルは、ゴーグル内のエアー環境を左右するベンチレーターが装備されているから快適な使用感を約束します。安心の日本製のスキーゴーグルです。

Amazonで見る

10歳以下のジュニア用のスキーゴーグルは、声が届きにくいゲレンデも見ればすぐ表情がわかる明るめのレンズが安心です。そして眼を紫外線から保護するシングルレンズの紫外線カット率は大人用モデルと同じクオリティ。安全安心設計のキッズ必携のスキーゴーグルです。

その他おすすめスキーゴーグルアクセサリー類はこちら!

Amazonで見る

家族全員のスキーゴーグルをすべて収容できるゴーグルケースです。最大6個のスキーゴーグルを収納でき、レンズとアクセサリ用の収納スペースが付いたポータブルケースとなっています。持ち運びに便利なストラップや収納ポケットのついた親切設計です。

Amazonで見る

スキーゴーグルケースは、ゴーグルの型崩れや破損はもちろんのこと、レンズの汚れや傷から守るために必ず必要なツールです。きちんと乾燥させたスキーゴーグルはかならずケースにしまって保管しましょう。インナーはマイクロフリース素材、頑丈なEVA素材ケースに入れておけば安心です。

Amazonで見る

ゲレンデに出たときのUV対策にフェイスマスクは強い味方になってくれます。頭部から首、顔面や耳ママで覆ってくれるフェイスマスクは、スノーボードなど激しいウィンタースポーツにはぜひ一枚持っておきたいアイテムです。はっきりした3Dプリントにファッション性が高いと評判。伸縮性が高いのでヘッドバンド、ヘアバンドとしても使用できます。

Amazonで見る

ゴーグルストラップが短くて長さが足りない!そんなときのお助け役として使用するのがヘルメットヘルパー(延長ストラップ)です。ヘルメットヘルパーは一本あると重宝するアイテムです。ただし手持ちのゴーグルバックルの形状・サイズ似合うかをチェックして購入しましょう。

Amazonで見る

bernアイテムを持っている人に便利な専用ゴーグルクリップです。ドライバーで簡単に取り付けが可能になっており使いやすさは万全。もともとついていたストラップが取れてしまって困っている、という人におすすめのアイテムです。ヘルメット+ゴーグルでウィンタースポーツを楽しむならぜひ一つ揃えておきたいツールの一つです。

Amazonで見る

長時間滑り続けていると、どうしても雪や汗でスキーゴーグルのレンズは曇りがちに。しかしそうなると爽快感もさることながら安全面で問題です。事前に効果のある曇り止めスプレーを使用することで曇り防止効果が期待できます。本製品には「スキーゴーグルレンズ、ヘルメットシールドの曇り止め用」と、ゲレンデ環境下での使用を想定されており、効果が期待できます。

近頃のスキーゴーグル傾向分析!使い心地や傾向はどう変わった?

根強いスキー&スノーボードファンに支えられて、ウィンタースポーツのツールの機能は年を追うごとにアップデートしています。スキーゴーグルもレンズの進化、使いやすさアップが進みうれしい限りですね。
そして製品が進化していくと、同時に乾燥や批判を口にする人たちが多くなるもの。最近は掲示板やSNSなどで自分の意見を発信する場が多くなり、スキーゴーグルに対する様々な口コミもよく目にします。
実際に製品を使い、素直に感想を述べる人々の口コミは、アイテム選びのもっとも参考になる情報の一つです。
ここでは、現在販売されているスキーゴーグルを実際使ってみた感想や、スキーゴーグルに求める機能などについて、口コミや評判を紹介しながら総括させていただきます。

まず「サイズがよくわからない」「フィット感が今一つよくない」という声は多いものです。しかしこれは実際に試着し、ショップ店員の方のアドバイスを受けることで解決できることが多いもので、このような悩みがあるときはよく相談してみましょう。
「手入れ不要、あるいは手入れが楽なスキーゴーグルがほしい」という希望にこたえ、丸洗い可能なスキーゴーグルも登場しました。
また「ビジュアルは重要。トレンド重視で今人気のあるアイテムから選ぶ。」というファッション性が重視という意見もよく聞かれました。

そのほかスキーゴーグルに関する口コミで多いのは「曇りにくいスキーゴーグルがほしい」というもの。ダブルレンズが主流となった昨今特に増えている要望です。
しかしケアの具合で大きく左右されるのがこの曇り感です。乾燥を徹底させることで本来の機能が発揮されることも多いのです。

多くのスキーヤーやスノーボーダーたちが、機能性とファッション性を備えたスキーゴーグルが欲しいと思っていること、装着や手入れが楽なスキーゴーグルが求められていることがよくわかる結果となりました。

お気に入りのスキーゴーグルをキレイに長持ち!お手入れ方法まとめ

せっかく購入したお気に入りのスキーゴーグル、なるべく新品の状態のまま長く使い続けたいものですね。
スキーゴーグルはちょっと気を付けておくだけで、気持ちよく長く使い続けられるもの。
ここではスキーゴーグルを使用した後に気をつけたいについてご説明します。

・帰宅後のスキーゴーグルメンテナンス方法

スキーゴーグルで最も大切なことは「水分を飛ばす」こと。
レンズとゴーグルの隙間には水分が入りやすく、ダブルレンズの曇りの原因となります。そのまま放置しておくと、ダブルレンズの構造そのものに影響し最悪レンズが剥離してしまうことも。
雪の中を滑るスキーやスノーボード、当然スキーゴーグルについた雪は溶けて水になってしまいます。
そのままケースに入れたりするとゴーグルとレンズの間の水分は蒸発してくれません。ゲレンデからホテルの部屋や自宅に戻ったら、必ずケースから出して乾燥させるようにしましょう。ケースの中にも乾燥材を入れておくとベターです。

・スキーゴーグルを自宅で洗う方法

ゲレンデに行くたびに洗わなければいけない、程の頻度は必要ありませんがシーズンオフのあいだ保管する前には、洗っておいたほうが気持ちいいでしょう。
スポンジで接着してあるタイプのダブルレンズなら、丸洗いではなく眼鏡クリーナーなどでレンズ表面を優しく押しながら拭き取るようにします。ベーパレーターレンズであれば丸洗いも可能です。

・スキーゴーグルを長期で使用するために気をつけたいこと

シーズンオフになったら、必ずゴーグルからレンズを取り外しておきましょう。
そして乾燥材を入れて保管することで余分な水分が抜けて来シーズンも気持ちよく快適に使用することができます。

安全快適な滑りはスキーゴーグル選びが重要!しっかりリサーチで満足の一品を!

スキーゴーグルは、顔の前面につける一番目立つツールであり、割卵の安全を左右する重要ツールです。
求める機能性を備えた納得いくスキーゴーグルを選びたいものです。
そのためにはできれば実際に試着を繰り返して顔面へのフィット感や、視野の確保ができているかなど、十分にチェックしておきましょう。
そして、気持ちよく使用するには常に「乾燥」させ、水分が残らない状態をキープできるよう、普段のちょっとした心がけが重要です。
必要なスキーゴーグルの条件、必要なお手入れ方法を念頭に置き、今回ご紹介した内容をぜひ今年のスキーゴーグル選びにお役立てください。