スキーヘルメット選びを迷ったらこれ!2019年の定番を一括紹介!

あなたはどちらに興味がありますか?

View Results

Loading ... Loading ...

スキーをする際に必ず必要なのが頭を守るためのヘルメット。しかしながら、現在では素材、大きさ、デザインなど様々な要素があり、なかなか選びづらいものですよね。ここではこうした多面的な要素からこれを選んでおけば安心、という一品をまとめてご紹介していきます。スキーヘルメット選びの参考にしてみてくださいね。

スキーヘルメットを選ぶポイントはサイズと安全性

スキーヘルメット、スキーをする上では欠かせない存在です。特にこれからの時期、大勢の方がスキー場には訪れます。衝突や何らかの事故が起きた時に頭を守ってくれるヘルメット、選ぶ際には以下の点を考慮しましょう。
以下二つの点から判断し、そのうえでデザインを選ぶと無駄なく選べますよ。
一つはサイズ感です。窮屈すぎても問題ですが、つけていて外れやすくては意味がありません。感覚的なことを言えば、がっちり顎から頭のてっぺんまで抑えてくれるホールド感の強いものを選ぶのがおすすめです。もちろんこれは人によって頭の形やサイズ、などなど異なる部分が多いですので、実際にお店で着用してみた方がよいでしょう。
次に大切なのが安全性。安いから買うというのはちょっと待ってください。頭を守るうえで十分な安全性を備えていないものかもしれませんよ。しっかり数値を見るなんて面倒、という方は最低限二つのメジャーな安全規格を覚えておきましょう。一つはアメリカのものでASTM、もう一つはヨーロッパの安全規格でCEというものです。この二つどちらかがついていれば最低限の安全性は担保されているという証明になります。命を守るためには安全性や使い安さが第一これら二つの要件を満たしているものの中から、通気性などの機能面、あるいはご自身がお好みにデザインのヘルメットを選ぶといいでしょう。
もしデザインに悩んだという場合はできるだけ、明るい配色のものや派手なデザインのスキーヘルメットを購入するのがおすすめです。スキー場では何が起こるかわかりません。事故、遭難の際に明るい配色のヘルメットを着用していれば発見されやすくなるからです。
もし暗めの色がお好みという方は例えば夜遅くにスキーをする場合もあるというのであれば、

2019年一押しのスキーヘルメットをまとめて紹介

さて、ここからは安全性、サイズ感、デザインや機能性という多角的な面から厳選した2019年一押しのヘルメットをまとめてご紹介していきます。メンズ、レディース、キッズなど性別、世代別に分けてご紹介しておりますので、スキーヘルメットをこれから選ぶという方は参考にして見てくださいね。

安全性にすぐれ、デザインもいいメンズヘルメットはこちら!

出典:GIRO

まずはメンズヘルメットから見ていきましょう。最初にご紹介するのはサイクリンググッズなどでもおなじみGIROのZONE mipsです。独自技術mipsを採用。クラッシュ時の脳に与える振動を軽減、命を守ってくれます。またこれ以外にも独自の二層構造を採用、使いやすさ通気性もあわせもつワンランク上のスキー用ヘルメットです。

出典:GIRO

次にご紹介するのがGIROのratio。GIRO独自の技術を採用したハードシェル構造のヘルメットです。Mipsなど特殊技術を採用しないことにより1万円台というお手頃な価格を実現。もちろん機能面、安全性はGIROクオリティ、カメラもつけられるので、Goproによる撮影などもできてしまいます。

出典:K2

スキーやスノボ、サイクリング等のアウトドアグッズを手掛けるK2からはこちらのThriveをご紹介。ハードシェル構造で1万円台前半とお手頃な価格ですが、独自の技術により安全性と通気性を実現。併せて、スキーだけでなく自転車用の規格にも合格、スキーだけでなく年中使える頼りになるヘルっとです。

出典:K2

こちらもK2からご紹介。インモールドとハードシェル構造の良さを採用し、高い安全性と軽量化を実現したDiversionです。単に軽量なだけでなく、シンプルでデザイン性にも優れています。イヤーパッドを外すことができ、熱くなってもむれることがないといった機能性を実現した一品です。

出典:Amazon

五つ目のご紹介は日本製のヘルメットSWANSよりHSF200をご紹介。日本の山本光学株式会社が作りあげた、日本人の骨格にあったヘルメットで、独自の技術を採用し、つける人の骨格に合わせた絶妙なつけごこちになっており、少し重いですが、イヤーパッドなどは取り外しが可能で、不快感の軽減も考えられて作られています。

出典:MAMMUT

最後にご紹介するのが、登山家スキーヤースノボプレイヤーのおなじみMAMMUTよりSkyawalker2です。1万円以下という低価格ながらも、硬化プラスチックを採用。ヨーロッパ規格の丈夫さと人間工学に基づいた快適な装着感を実現したコストパフォーマンスに優れた逸品です。

ファッションを気にせず使えるおすすめレディースヘルメット

出典:GIRO

次におススメのレディースようスキーヘルメットをまとめてご紹介していきましょう。まずはGIROのEssense Mipsです。Mipsという独自技術により東部への衝撃を軽減、GIROのクオリティはそのままに、おしゃれなデザインのシールドを採用お化粧をしていても安心です。

出典:GIRO

次にご紹介するのはGiroのEra。女性向けの緩やかにカーブがかったデザインが特徴的です。AsianFitという独自の技術により、比較的頭部の小さなアジア人向けに作られておりフィット感は抜群。独自技術であるMipsは採用しておりませんが、丈夫さは折り紙付きです。1万円台という懐にやさしいお手頃価格もグッドポイント。

出典:Amazon

次にご紹介するのが、著名スノーボードライダーとの提携や優れたデザイン性で若年世代から人気を集めるSandboxのSANDBOX サンドボックス スノーボード ヘルメット クラシック 2.0 。アジア人向けの作り、かつ内側にフィット感の高いEVA素材を採用。ついつくような付け心地を実現しています。

出典:Burton

四つ目にご紹介するのがスキー、スノボグッズでおなじみBurtonのWomen’s Anon Griffon Helmetです。滑らかな球形で無駄のないシンプルなデザインが特徴的です。内部にはロングヘア―フリースを採用、優しい着心地を実現。Boa® 360°フィットシステムという独自のシステムを採用し、ダイヤル式で簡単にサイズを調整できるので安心です。

出典:SALOMON

五つ目にご紹介するのがゴーグルとヘルメットトータルでデザインを手掛けているブランドSALOMONのMirage+です。球系でシンプルなデザインながら、レース競技での使用にも十分にこたえる丈夫さを実現。シールドがついているので、ファッションを崩す心配もなく安心して使える逸品です。

出典:Burton

最後にご紹介するのはBurtonの低価格レディース用ヘルメット、Women’s Anon Greta Helmetです。1万円ちょうどというお手頃なお値段ながら丈夫さ、そして取り外し可能なインナーによる快適性を実現しています。シンプルなデザインでおしゃれなウェアとの組み合わせでも個性をころしません。

安全性とおしゃれを実現子供用スキーヘルメット

出典:Burton

さてここまでメンズ、レディースとみてきました。次に子供用ヘルメットの2019年おすすめできる一品をご紹介していきます。まず最初にご紹介するのが、BurtonのKids’ Anon Rime Helmet。8000円という低価格帯ながら、Burtonの高いクオリティーはそのままにしっかりお子さんの頭をガードしてくれますし、デザインも豊富。ちょっとおしゃれに気を使いたくなってきた年ごろでも安心です。長く使っていただける一品といえるでしょう。

出典:Burton

もう一つBurtonのものをご紹介。こちらは本格的にウィンタースポーツを始めたいというお子さんにお勧めの一品Kids’ Anon Burner Helmet。流線型のシンプルなデザインです。内部は着脱可能で快適です。加えてパッシブベンチレーションと呼ばれる機構を採用。空気を取り込みやすくし、ゴーグルが曇る危険性を軽減しています。シンプルで飽きの来ないデザインなので、これからじっくり使いたいという場合でも安心です。

出典:GIRO

三つ目にご紹介するのはGIROのNine Jr。GIROの子供向けスキーヘルメットの中では最も高い人気を誇るものです。シンプルながらも子供が好みそうなクールなデザイン。カラーリングも豊富なので、好みの一品が見つかるでしょう。もちろん丈夫さ、快適さは十分で、独自機構を採用し、ゴーグルが曇らないようになっているなど、かゆいところに手が届く、スキーヘルメットです。

 

出典:GIRO

四つ目にご紹介するスキーヘルメットはGIROのLaunch MIPS。Mips機構を採用することによって、クラッシュしたり、ぶつかったりしたときの頭への衝撃が緩和されています。初めてスキー場でスキーを遊ぶなんてお子さんでもこのスキーヘルメットを使えば比較的安全に楽しむことができるでしょう。

出典:SALOMON

五つ目にご紹介するのが、高いデザイン性や機能性で注目を集めるSALOMON。このキッズ用スキーヘルメットGROMは、なだらかな流線型のシンプルで飽きの来ないデザイン。カラーリングはオレンジなど明るい色が多く、人とは違ったものを使いたいお年頃におすすめできるスキーヘルメットです。

出典:KUFUN

最後にご紹介するのがKUFUNのキッズ用スキーヘルメット。4000円台という低価格ながら、良質なABS,EPS素材を採用。高い耐衝撃性を実現しています。通気性にも優れ、高いコスパを誇るスキーヘルメットです。これから始めてスキーだけど何を選んだらいいかわからないそんなときにおすすめ。

男女兼用着回しも大丈夫なスキーヘルメット

出典:Amazon

ここからは男女兼用で使えるスキーヘルメットをご紹介していきます。まずご紹介するのが、SWANSのスキーヘルメットHSF220 です。400gと成人向けモデルとしては軽量でありながら、十分な耐衝撃性を誇ります。男女で兼用できるユニバーサルなデザインで好きなファッションを身にまとっていてもヘルメットが邪魔になることはありません。

出典:Amazon

二つ目にご紹介するのはVihir スキーヘルメット 。5000円以下という非常に低価格ですが、衝撃性の高さ、デザイン性などから高い人気を誇るスキーヘルメットです。もちろん耳当てなど内部機構の取り外しも可能で、機能性にも優れています。コスパの優れたスキーヘルメットをお探しの方にお勧めの一品。

出典:Amazon

三つ目にご紹介する男女兼用スキーヘルメットはKUFUNのヘルメット。こちらも4000円台と非常に低価格ですが、アマゾンなど通信販売サイトでの評価も高く、実際機能面でも耐衝撃性、通気性といった快適さは価格から考えられないものです。デザインもシンプルでありながらファッション性に優れており、使う人を選ばないヘルメットといえるでしょう。

出典:Amazon

4つ目にご紹介するのが米国のスキー用品メーカーK2社が手掛けるヘルメットPHASE PRO。ハードシェル構造になっており丈夫さをキープしつつも、薄型で490gと成人用としては軽量設計になっています。デザインもシンプルで使う人を選ばない仕上がりで、価格も1万円台前半とお手頃です。

出典:Amazon

五つ目にご紹介するのはスキーや登山用品を手掛けるMammutのスキーヘルメットAlpineRider。軽量かつ、手作業でフィット感を調整できる独自の機構を搭載しており、手軽に自分で調整できて強度も十分です。あらゆるスキーの場面でも使うことができる安心の一品です。

出典:Amazon

最後にご紹介するのが、デザイン性に優れたSANDBOXの男女兼用スキーヘルメットCLASSIC2.0 です。なだらかなシンプルなデザインのヘルメットです。十分な耐衝撃性、通気性などスキー用として十分な性能を備えているほか、デザインもシンプルながらワンポイントで柄が入っているなどファッション性の高い仕上がりになっています。

本格派にはこれ!2019年一押しレース用スキーヘルメット

出典:uvex

ここまでは主にスキーヘルメットのみをご紹介して機ました。ただ、ヘルメットと同時にスキーを快適に楽しむために必要になってくるのが、サンバイザーなど直射日光を遮るもの。
以下ではそんなバイザーがついているちょっと便利なスキーヘルメットをまとめてご紹介していきます。まず最初にご紹介するのが、プロスポーツ選手に愛好者も多い、uvexのhlmt 300 visor。雪や照り返しによる直射日光を防ぎ、快適にスキーを楽しむことができます。もちろんプロ仕様で丈夫さや快適さに直接かかわる通気性も折り紙付きです。

出典:ALPINA

次にご紹介するのはドイツのスキー、サイクリング用品の大手メーカーであるALPINAが手掛けるバイザー付きスキーヘルメットGRAPVISORです。
ALPINAのベストセラーモデルであるGRAPにバイザーを付けたモデルになります。快適な付け心地、耐衝撃性を誇るだけでなく、独自技術によってバイザーを付けた状態でも180度視認できるという、便利さも備えています。

出典:KASK

次にご紹介するのが、サイクリングやスキー向けにヘルメットを手掛けるKASKのバイザー付きスキーヘルメットSTEALTHです。ゴーグルとヘルメット部分が一体型になっていて、スキー中に落ちてしまう心配はありませんし、プロも愛用しているメーカーということもあってか、耐衝撃性、通気性、重量などなど痒い所に手が届く仕様になっています。

出典:ALPINA

次にご紹介するのはALPINAのキッズ向けバイザー付きスキーヘルメット、CARAT LE VISOR HMです。飽きの来ないシンプルかつ人間工学に根差したデザインで使いやすさも十分です。またゴーグルとヘルメットの間には十分なスペースもあり、眼鏡をつけているお子さんでも安心して使うことができます。

出典:KASK

五つ目にご紹介するのはKASKが日本人女性向けに製作しているバイザー付きスキーヘルメット、LIFESTYLE LADY JAPANESE FLOWER。
満開の桜をイメージしたファッション性の高いデザインで、おしゃれに着こなしたい方におすすめです。インナーパッドにはやわらかくてつけ事こちのいい素材を採用、トータルでスキーをプレイする女性を助けてくれるヘルメットといえます。

出典:MOON

最後にご紹介するのがMOONの男女兼用バイザー付きスキーヘルメットです。バイザー付きヘルメットとしては非常にお手頃な50000円台という低価格ながら、シェル素材を利用した高い耐衝撃性、取り外し可能な機構、通気性の高さを実現。非常にコスパが高く、何を選んだらわからないという方であればとりあえずこれを一台持っておくといいでしょう。

スキーヘルメットをファッションアイテムとして認識している人が増えている

スキーの本場ヨーロッパでは安全性の問題からスキーではヘルメットを着用することが当たり前。その上でどうスキーヘルメットをファッションアイテムとして利用するのか、という観点からファッション性の高いアイテムも作られてきました。
その一方で日本では昔からスキーヘルメットを着用することは一般的でなく、不要論も取りざたされるほど。単純に安全性の観点から不要論を唱える人も多かったのですが、最も主流だったのは日本製のヘルメットがファッション性に優れずダサいもので、着用することが恥ずかしかったことからきているともいわれます。
ですが、近年ではやっとヨーロッパ的な基準が持ち込まれるようになり、着用することが当たり前、という認識も広まってきており、メーカーもそれに合わせて、よりファッション性の高いスキーヘルメットを製作するようになりました。
昔のダサいヘルメットを意識している方でも2019年現在であればそれほど気にせず、むしろ積極的に使いたくなるようなスキーヘルメットが増えてきているので、安全性の観点からだけでなく、ファッションという点からもヘルメットの使用を検討してみてもいいのではないでしょうか。

スキーヘルメットは中性洗剤で丁寧に掃除しましょう

スキーヘルメット、スノースポーツのお供でありなくてはならないものです。使い終わった後には汗まみれになっているなんてこともありますよね。年に数回しかスキーをしないという方も少なくなく、放っておいたら変なにおいが、なんて話も。使った後のお手入れが肝心です。
使った後はしまう前にすぐ乾いたタオルなどで汗を拭いておくことが大切になります。また、スキーヘルメットやバイザーは洗うことも可能。一般的な中性洗剤を使えば十分に汚れを落とすことができるのです。
スキーシーズンが終わって、長期的にスキーヘルメットを使用しないことが決まったら、中性洗剤をタオルなどにしみこませて、まずは内部を優しく掃除しましょう。終わったら水拭きし、乾いた布で湿り気を取ることが肝心。バイザーも中性洗剤をぬるま湯に溶かしたものの中に浸し、しっかり汚れを取りましょう。こちらも洗剤をしっかり落とさないとそこから汚れが付く可能性があります。水やお湯で流ししっかりと乾いた布でふき取ってくださいね。こうした一時的なものに加えて押し入れの中に入れたままにせず、定期的に風通しのいい場所において、スキーヘルメットの中を乾燥されることも大事です。

まとめ

この記事ではこれからのスキーシーズンにおすすめできるスキーヘルメットを性別、年代別、目的別に多角的な視点からご紹介してきました。
ただ、ここでご紹介した例はあくまでも口コミやメーカーの評判から参考にしたものにすぎません。スキーヘルメットを選ぶ上で重要な要素である、フィット感、ホールド感、サイズ感は実際に試着してみないとわからないものです。ここでご紹介した内容を参考に、お店に出向きご自身で試してみることも大切ですよ。あなただけの一品が見つかるといいですね。