首都圏からアクセス良好!ハンターマウンテン塩原のお役立ち情報を解説

都心から150分というアクセスの良さで、首都圏の住人を中心に人気を集めているのがハンターマウンテン塩原です。ここでは具体的なアクセス方法や、どんなコースがありどんな雪質をしているかなど、ハンターマウンテン塩原について紹介します。

ハンターマウンテン塩原の基本情報

Marcin Wiklik/iStock / Getty Images Plus/ゲッティイメージズ

1988年に開場したハンターマウンテン塩原は、首都圏の中でも抜群のアクセスの良さを誇るスキー場です。若者からファミリーまで客層はさまざまですが、トップシーズンともなると多くのスキーヤー・スノーボーダーが訪れ、にぎわいを見せます。

まずはハンターマウンテン塩原の基本情報について見ていきましょう。駐車場や営業時間、利用料金やレンタルサービスについてなど、押さえておくべき情報を確認します。

住所 栃木県那須塩原市湯本塩原字前黒
電話番号 0287-32-4580
営業期間 2018年12月上旬~2019年4月中旬
営業時間 平日 8:30~16:30
土日祝 8:00~16:30
ナイター 〜20:00
駐車場 3,500台(平日無料)
コース 初級:8コース
中級:3コース
上級:5コース
リフト料金 4,700円
公式サイトはこちら ハンターマウンテン塩原

レンタルサービスの利用について

レンタルショップは、ゴンドラ駅舎の1階にあります。ウェア、ブーツ、板のレンタルが可能です。スキーストックのレンタルはセルフサービスとなっているので、身長マイナス50cmを目安に選びましょう。本人、または同行者の身分証明書が必要です。

セットレンタルの場合、スキー・スノーボード共に大人4500円、子ども3000円の費用が発生します。セット内容は板、ブーツ、ストックとなっています。ウエアは大人4000円、子ども2500円のレンタル料です。その他ヘルメット、パッド、コーチベルトなどが単品でレンタルできるようになっています。

ハンターマウンテン塩原の魅力

oneinchpunch/iStock / Getty Images Plus/ゲッティイメージズ

初心者から上級者まで楽しめる個性豊かなコースに子ども向けのスペース、滑りやすく配慮された雪質など首都圏最大級のスノーパークであるハンターマウンテン塩原にはたくさんの魅力が詰まっています。毎シーズン多くのスキーヤー・スノーボーダーが訪れることもそれを物語っているでしょう。

それでは、コースの特徴や雪質について見ていきます。一面の銀世界が展開される42haの広大なゲレンデには、いったいどんな魅力が詰まっているのでしょうか。

首都圏最大級のゲレンデで全12コースを体験

開業時にアメリカのハンターマウンテンスキー場と提携していた関係から、現在でもアメリカ色の強いコース名がつけられているのが1つの特徴です。名物コース『パークアベニュー』や、初級者・中級者の練習に最適な『ブロードウェイ』など、12種類あるコースを堪能できます。

降雪後の圧雪で滑りやすい雪質を実現

ハンターマウンテン塩原では雪を降りっぱなしにしておくのではなく、適度な圧雪を実行することによって滑りやすい雪質を実現させています。そのため偶発的なスノーコンディションに影響されることなく、安心してコースを滑ることが可能です。これも来場者への心配りといえます。

アクセス方法と注意点

mavrek/iStock / Getty Images Plus/ゲッティイメージズ

車の場合

都心からのアクセスが近いこともあり、ハンターマウンテン塩原へ車でアクセスする人は少なくありません。そのためトップシーズンは渋滞も起きやすく、また雪道で立ち往生する車も発生するため注意が必要です。ウィンタースポーツを思いっきり楽しむために、万全の準備を期して向かいましょう。

標高が1178mと比較的低い山なので、晴れている日は路面が見えています。しかし、寒波が襲来している折などは路面が凍結している可能性が高いため、スタッドレスタイヤとチェーンを装着していくほうが安全です。駐車場付近も基本的には除雪されていますが、どうしても雪道を通ります。

西那須塩原IC→国道440郷→日塩もみじライン→ハンターマウンテン塩原

電車を利用する場合

公共交通機関を利用してもアクセスが可能です。JR『那須塩原』駅からは無料のシャトルバスが運行しており、予約をすれば誰でも利用することができます。前日の16:00までに予約が必要なので、利用を検討している人は注意しましょう。那須ガーデンアウトレットの専用駐車場に車を駐車し、シャトルバスを利用することも可能です。

東京から行く場合:東京駅(新幹線)→那須塩原駅(無料シャトルバス)→ハンターマウンテン塩原

ハンターマウンテン塩原の周辺宿泊施設をご紹介!

源泉掛け流し宿 常盤ホテル

常盤ホテルは、スキー、塩原温泉の一つで温泉が非常に人気の施設です。無加水、無加熱、無循環にこだわった温泉です。

那須高原牛をたっぷりと楽しむことができる常磐ホテルの料理は絶品!のんびりと快適に宿泊することができますよ。

【基本情報】
住所:栃木県那須塩原市塩原695
電話:0287-32-3251
チェックイン / チェックアウト:15:00 / 10:00
公式はこちら:塩原温泉 常盤ホテル

ホテルフォレスタ

ペットと泊まれることが魅力のホテルです。ゲレンデまでペットも含めて家族全員で行きたいと思っている方におすすめ!

自然に囲まれたこの施設はゆったりと宿泊するのに最適です。ファミリーで快適に自然を楽しんでくださいね。

【基本情報】
住所:栃木県那須塩原市上塩原1085-234
電話:0287-31-1151
チェックイン / チェックアウト:15:00 / 10:00
公式はこちら:ホテルフォレスタ

また、ハンターマウンテン塩原周辺の宿泊施設はこちらの記事でも詳しく紹介しているので、気になる方はチェックしてみてください。

詳しくはこちら:ハンターマウンテン周辺のおすすめ宿泊施設

ハンターーマウンテン塩原の周辺温泉施設をご紹介!

湯荘 白樺

標高970mに位置し、露天風呂からは四季折々の自然を楽しむことができます。露天風呂は18時〜21時のあいだ女性のみしか入れない為、注意が必要です。

【基本情報】
住所:栃木県那須塩原市湯本塩原14
電話:0287-32-2565
営業時間:10:00〜20:00
公式はこちら:湯荘 白樺

華の湯

日本庭園風の露天風呂がとても綺麗な温泉です。無職透明なお湯で湯上がりにはお肌がすべすべになります。休憩室や物販コーナーもあるので、お風呂上がりにも心ゆくまでのんびりとくつろぐことができますよ。

【基本情報】
住所:栃木県那須塩原市上塩原603
電話:0287-31-1058
営業時間:10:00〜21:00
公式はこちら:華の湯

また、ハンターマウンテン塩原周辺の温泉についてはこちらの記事で紹介しているので気になる方はチェックしてみてくださいね。

詳しくはこちらをチェック:ハンターマウンテン塩原周辺の温泉施設

関東からいける日帰りツアー

出典:Pixabay

バスツアー

オリオンツアーでは関東からハンターマウンテン塩原まで行くことができるツアー情報を多く紹介しています。出発地に関しては、新宿を含めて合計11か所あります。今回は新宿を中心にプランの説明をしていきます。

オリオンツアーのプランは、大きく分けると2つあり、Aプランはリフト券付きで予約ができる内容となっています。Bプランはリフト券の他、ボードセットをレンタルできる内容になります。人それぞれ好みのプランを選択して予約をしてください。

料金に関しては、予約する日にちによっても異なりますし、セール情報があれば更に安く済ませることができます。東京を朝出発して日帰りができるプランを探している方はオリオンツアーをチェックしてみてください。

<ツアーの流れ>

ツアー当日:新宿都庁大型バス専用乗り場(7:20)出発→ハンターマウンテン塩原(10:20)着→(16:50)発→新宿周辺着

予約はこちらから:関東発!朝発、日帰りで行けるオリオンツアー

新幹線ツアー

びゅうトラベルサービスでは、東京駅、上野駅、大宮駅から東北新幹線で行けるツアーを紹介しています。新幹線なので車と比べると早く、日帰りの中でも長くハンターマウンテン塩原に滞在できます。日帰りでも長く滑りたい方にはおすすめのプランです。また、リフト券付きのプランなので、お得にハンターマウンテン塩原まで行くことができます。

料金は人数などによって異なりますが、新幹線を利用するプランの中では安くなっているのでおすすめです。

<ツアーの流れ>

ツアー当日:東京駅(6:40発)→那須塩原駅(7:53着)→ハンターマウンテン塩原→那須塩原駅(19:02発)→東京駅(20:16着)

予約はこちらから:びゅうトラベルサービスで行く東北新幹線日帰りツアー

まとめ

アクセス抜群というだけでなく、スキーヤー・スノーボーダーにとって滑りやすいよう心を尽くしているハンターマウンテン塩原は首都圏トップクラスの人気を誇ります。気軽に行けるスキー場ということで多くの来場者がいますが、マナーを守って気持ちよく利用しましょう。

この他にもハンターマウンテン塩原についてまとめた記事があります。気になる方はチェックしてみて下さい。