おしゃれなパーカーでスノボをしよう!おすすめパーカー10選

出典:pixabay

暖かい日にスノーボードをするなら、ウェアを脱いでパーカーのみで滑るのもおすすめです。スノボ向けにつくられたパーカーは、動きやすく温かいものも多数販売されています。今回は、スノボパーカーの基本情報やおすすめのブランドなどについてご紹介します。

スタイリッシュで機能性が高いスノボパーカー

出典:pixabay

ゲレンデにて、ウェアではなくパーカーのみを着て滑る方の姿をみたことはないでしょうか。ラフなパーカースタイルで滑る人々からは、上級者の余裕のようなものが感じられます。もちろん、パーカースタイルは上級者のみに許される格好というわけではありません。機能性の高いものを選べば、どなたでもパーカーのみでスノボを楽しめます。また、スノボパーカーはさまざまなメーカーから発売されており、選べるデザインも豊富です。お好みのパーカーを吟味して購入し、スタイリッシュに着こなしましょう。

暖かい日にはパーカーだけでも滑れる! 口コミの評価は?

出典:pixabay

これからの季節はパーカーでも全然寒くないしウェアより動きやすいし、 涼しくて快適だし、もうウェアしまっちゃいますわ。ピーカンの日にウェア着るなんて1度パーカー使うと考えられないよーになりますよ

出典:ようへいスタイル

ウェアに比べて保温性や防水性は低いので、春先などの気温の高い日にパーカーで滑るとよいです。また、スノーボードのパーカーだけそれなりの暖かいので滑走する時のインナーとしても最適です!

出典:ようへいスタイル

スノボのウェアは厚手のため、動きにくさを感じることがあります。防寒する必要さえなければ、もっと動きやすいスタイルで滑りたいと思っている方は多いはず。実際、暖かいときはウェアを脱ぎ、パーカーだけで滑る方も多いようです。ただ、真冬や風の強い日、雨や雪が降っているときなど、パーカーだけでは少々心もとない場合もあります。そういった日にパーカーを着たいときは、ウェアの中にインナーとして着用したほうが良いようです。

おしゃれで機能的なスノボパーカー10選

出典:pixabay

スノボパーカーは多くのブランドから販売されています。選ぶ際は、動きやすさ・防寒性能・防風性能などを重視しましょう。サイズは大きめで、お尻まで覆ってくれるものがおすすめです。ここからは、おしゃれで機能性の高いスノボパーカーを10点ご紹介していきます。

水をはじく!Burton(バートン)のフーディーパーカー

Burton Crown Bonded Pullover Hoodie

Burton(バートン)はウインタースポーツウェアで人気のブランドです。スノボパーカーは撥水加工されているほか、吸湿性が高く、汗冷えしにくい構造になっています。生地の伸びが良く着心地も快適です。

動きやすいQUIKSILVER(クイックシルバー)のボンディングパーカー

QUIKSILVER(クイックシルバー)ボンディングパーカー

スポーツ時の動きを妨げないように設計されたQUIKSILVER(クイックシルバー)のパーカー。撥水性や透湿性、防風性もばっちりです。速乾性があり、雪に濡れても乾きやすいのがうれしいところ。

おしゃれなデザインが楽しめるANALOG(アナログ)

ANALOG(アナログ)KINCAID BONDED FLEECE

スノボウェア以外も人気の高いANALOG(アナログ)。スノボパーカーには、個性的な柄のものも登場しています。見た目だけでなく機能性も兼ね備えているため、快適に着こなせそうです。

ネックウォーマーつきが人気のVOLCOM(ボルコム)

VOLCOM メンズソフトシェル ネックウォーマー付きパーカー

VOLCOM(ボルコム)はスノーウェアで高い人気を集めるブランドです。こちらのパーカーにはネックウォーマーやフィンガーホールなどがつき、保温性が高いデザインとなっています。生地は柔らかく着心地も抜群です。

レイヤードスタイルもおすすめ!ディーシー(DC SHOES)

ディーシー(DC SHOES)スノボウェア レーヤードパーカー

半袖のスウェットと長袖のパーカーがセットになったアイテムです。単品でも、重ね着でも楽しめます。サイズ感は大きめなので、ゆったり着こなしたい方におすすめです。生地には撥水加工がされています。

雪の侵入を防ぐ!DRAGON(ドラゴン)の耐水圧パーカー

スノーボード パーカー 耐水圧10000mm DRAGON

アイウェアも人気のDRAGON(ドラゴン)からは、耐水圧10,000mパーカーが登場しています。できるだけ濡れたくない方におすすめです。親指を出せるフィンガーホールつきで、手元まであたたかいのもポイント。

滑りながらイヤホンを使いたい方におすすめの686(シックスエイトシックス)

686 KNOCKOUT BONDED FLEECE PULLOVER HOODY

撥水性が高く、濡れても乾きやすい加工がされた686(シックスエイトシックス)のパーカー。ポケットにはスマートフォンを落とさないように入れられるマジックテープがついているほか、イヤホンコードを通す穴も開いています。服の内側にイヤホンコードを収めておけるため、引っかける心配がありません。

スノーウェアやアイウェアで人気を誇るOAKLEY(オークリー)のパーカー

OAKLEY オークリー DWR FP PULLOVER HOODIE

OAKLEY(オークリー)のパーカーは、軽量で乾きやすい生地が採用されています。雪が侵入しても素早く乾くため、快適に過ごせます。裏起毛で保温もばっちりです。

耐水圧と透湿性を兼ね備えたONEIL(オニール)

ONEILL オニール スノーボード ウェア パーカー 648-001

ONEILL(オニール)のパーカーには空気穴の開いたフェイスマスクがついており、顔への風を防いでくれます。耐水圧が10,000mmもある生地のため、濡れにくいパーカーをお探しの方におすすめです。

機能性の高いANTHEM(アンセム)のパーカー

ANTHEM(ANTHEM) BONDED AXSHAPEDKEY HOODIE

動きをさまたげないストレッチ素材が採用されたプルオーバーパーカーです。耐水性が高く、頑丈なつくりになっています。サムホールつきの、便利な仕様です。

スノボパーカーのトレンド!2019年はどうなる?

出典:pixabay

ここ数年は安定して、大きいサイズのパーカーを着こなすのが流行しています。2019年もワンサイズ上のパーカーを買い、ゆったりと着るのが定着するかもしれません。ただ、大きすぎるものはあまり人気ではないようです。

大きなパーカーに細身のズボンを合わせると、足が細くみえる効果も期待できます。反対に、太めのズボンを合わせると、体が大きくみえて迫力が増します。ご自分の目指したいスタイルによって変えてみましょう。

パーカーのカラーや柄は、シックなものからカラフルなものまで幅広く人気です。お好みのデザインを選びましょう。ゲレンデでは、鮮やかな色使いで派手なデザインのパーカーでも、意外と悪目立ちしません。思い切って、ふだんは着られないカラフルなパーカーを購入してみても良いでしょう。

まとめ

出典:pixabay

スノボのパーカーを購入するときは、デザインはもちろん、防寒性や透湿性など、機能性の高さも重視して選びましょう。最近では、数多くのブランドからスノボ向けのパーカーが登場しています。じっくりと吟味して、長く愛用できるパーカーを選んでみてください。