フルモデルチェンジでさらに快適に!ラングのスキーブーツ

スキーシーズンに突入すると、ブーツを新調する方も多いのではないでしょうか。スキーブーツはさまざまなメーカーから発売されていますが、中でも有名なブランドはラングです。

今回は、ラングのブーツの魅力や口コミ、おすすめラインナップなどをご紹介します。

スキーブーツの定番!ラングの魅力は?

出典:pixabay

ラングはアメリカ生まれのスキーブーツブランドです。フィット感の良さとパフォーマンスの向上を重視したスキーブーツをつくり続けてきました。

特にレースに出場できる上級者向けのモデルが多く、スキーを極めたい方がこぞってラングをはいていた時代もありました。

ラングのブーツは固く、足元をしっかりとホールドしてくれます。伝達性が良いため、パワーを無駄に使うことなく滑れるのも魅力です。もっとも評価されているポイントは、フィット感で、新しいモデルには立体的なインナーが採用されています。

ラングのブーツについての評価

出典:pixabay

幅広甲高の管理人には国産ブーツが一番フィットする模様です。当時ラングの評判が良かったので履いてみたけど、足の甲が低くて全然だめでした。

出典:スキーブーツの選び方

私の足に合うブーツは、やはりラングというメーカーのワールドカップモデルしかない。私の足は薄く幅がない。だから、ラングの中でも硬く値段の高いタイプしか合わない。

出典:えすきもーのブログ

足入れしてもサロモンの時のような足裏の鈍痛もなく、フィット感がいいからか、なんかブーツが不思議と軽く感じられました。肝心の滑りですが、カチっと足元が決まってくれるせいか、パワーが無駄なく伝わるというか、サロモンで感じてたグニャリ感がなくなったため、足の挙動をしっかりとダイレクトに板に伝えてくれるようで、なんだか自分の滑りの質がちょっと上がった「ような」気がします。

出典:鯖が行く!ゴルフ(+camp +ski +Diving)あっちこっち

ラングのブーツは甲が低く、足幅は狭めにつくられているため、黄色人種には合わないことが多いといわれています。ただ、足の形は人それぞれです。実際に、ラングのブーツが合う方の意見もみられます。

足の形がぴったりと合うラングブーツはフィット感が良く、スキー板の操作もしやすそうです。近年、ラングのブーツは足幅の広い方でもはけるよう、サイズの改良も行われています。迷ったときはショップへ行き、試着してみて下さい。

ラングのスキーブーツを選ぶならこれ! おすすめアイテムをご紹介

出典:pixabay

ラングのスキーブーツは、上級者向けが多いイメージがありますが、初心者向けまで幅広く登場しています。

フィッティングの際は、フィット感やフレックスなどに注目し、ご自分に合うブーツを選びましょう。ここでは、ラングのおすすめスキーブーツをご紹介します。

RXシリーズに登場した軽量モデル!

LANGE ラング RX SUPERLEGGERA 120 LBH2300

ハイパフォーマンスを実現しながら、軽量化にも成功した、評判のモデルです。オールマイティにスキーを楽しみたい方におすすめ。ブラックをメインに、オレンジの線が入るクールなデザインも人気です。

足幅が選べる! ラインナップ豊富なブーツ

ラング RS 110 S.C. LBG1310-H w96

足幅の異なるサイズが選べるため、自分の足に合うブーツが選びやすいシリーズです。さまざまな体格のスキーヤーにおすすめできます。

もちろん、フィット感や伝達性の良さは抜群です。どのモデルにするか迷ったら、このシリーズを試着してみて下さい。

一般スキーヤーにはこちらがおすすめ

LANGE(ラング) スキーブーツ RX100 LBG2100

さまざまな場所でスキーを楽しめるようつくられたモデルです。インナーにこだわってつくられているため、雪の上を柔らかく滑る感覚が味わえます。

バックカントリーにもぴったりのブーツ

LANGE(ラング)スキーブーツ XT120 LBG7030

ハイクアップにも対応したスキーブーツです。滑りと歩き、どちらも妥協したくない方におすすめできます。

自然の雪山でスキーをしたい方に!

ラング スキーブーツ XT 110 FREETOUR オールマウンテン ウォークモード付 LBF7240

圧雪されていない場所でスキーを楽しみたいなら、軽量で伝達性の良いこちらのモデルがおすすめです。斜面を登る際にも滑り降りる際にも高い性能を発揮します。

おすすめ女性向けモデル

Lange RX 110 W 低ボリュームスキーブーツ 女性用

フィット感の評価が高いRX110シリーズの女性向けブーツです。長時間はいていても疲れにくい構造で、めいっぱいスキーを楽しみたい日におすすめです。
足幅には改良が施されているため、今までラングのブーツを避けていた方にも合うかもしれません。

スキーを楽しむジュニア向けブーツ

LANGE(ラング) LBG5310 ガールズジュニア スキーブーツ STARLET60

ラングにはジュニアモデルも多数登場しています。こちらは色使いがかわいいガールズ向けのモデルです。サポート力の高い素材が、成長期のお子さまの足もしっかりと守ります。

体が大きくなるのに合わせ、少しずつサイズを調整を調整できる点も魅力的です。

オールマウンテン対応のXTシリーズ

Lange XT Free 120 LV スキーブーツ 11776

軽量で動きやすく、オールマウンテン対応のXTシリーズ。グリップのきいたソールで、着用感も良いブーツです。ハイクアップやダウンヒルにもおすすめです。

ラングのレディースはすねにもこだわりアリ

Lange RX 80 W レディース スキーブーツ

ラングのレディースモデルは、女性のすねの形が左右非対称であることに着目してつくられています。両足のバランスがとりやすくなるよう、すねにあたるパッドは左右で厚みが違うものです。こちらのモデルは中級から上級者向けで、足幅はスタンダードな広さになっています。

ハイクアップやダウンヒルなどでおすすめ

Lange XT Free 130 低ボリュームスキーブーツ

片足1,800gのスキーブーツです。ラングの最軽量モデルは片足1,700gのため、もっとも軽いわけではありませんが、十分使いやすい重量ではないでしょうか。グリップが良く、ダウンヒルでも安心です。

2019年、ラングのトレンドはどうなっていく?

出典:pixabay

ラングのスキーブーツは、2017-2018シーズンにフルモデルチェンジを果たしました。そのため、2019年以降はしばらく大きなモデルチェンジがないまま、マイナーチェンジを繰り返していくと考えられています。

フルモデルチェンジしたラングのブーツは、デュアルコア構造で伝達力向上と軽量化を実現。また、3Dインナーでフィット感を高めています。トゥボックスやバックシェルの形も変わり、操作性も良くなりました。

こういったフルモデルチェンジのおかげで、ラングの履き心地は旧モデルと異なったものになっています。以前試着してみて足が合わなかったという方も、最新モデルをはいてみたら意外とフィットするかもしれません。

今度スキーブーツを買うときは、ぜひラングも試着してみてください。

まとめ

出典:pixabay

長い間スキーヤーたちに愛されてきたラングのブーツ。最近はフルモデルチェンジを行い、快適性がアップしました。

レースやアルペンスキー、クロスカントリー、スキージャンプなど、スキーを本格的に楽しみたい方は、ラングのブーツも選択肢に入れてみてください。