スノボのエアを成功させるためのポイントを解説!

スノボには様々な楽しさがありますが、やはりエアのジャンプこそ「最優先」の目標になるかと思います。

スノボでゲレンデを滑っているだけでも非日常を楽しめますが、エアでのジャンプこそ、「スノボを楽しんでいる」と実感します。

しかし、エアは見た目から難しいものだと感じてしまったり、恐怖心から、上手くいかないどころかチャレンジに抵抗感のある初心者も多いようです。

そこで、エアを楽しむためには何が必要なのか、ポイントをご紹介します。

エアとは?

出典:pixabay

エアとは、ゲレンデではよく見かける雪でできたジャンプ台のようなもので、初心者にとっては敷居の高いものに感じているのではないでしょうか。

エアはただ単に飛ぶだけではなく、そこでのトリックも含めると、楽しみ方は多種多様です。

エアは極論すれば着地が全て

出典:pixabay

エアを「ジャンプ」だと思っている人は多いですが、エアはジャンプよりもむしろ着地がとても大切です。なぜなら、極論すれば滑ってエアに入った際、ジャンプの高さ・角度を抜きに着地さえ成功すれば「エア成功」です。

その点では、エアを楽しむ際に必要なことは、着地の技術、そして恐怖心の克服になります。もちろん上級者が繰り出すトリックにはそれなりの練習が必要ですが、初心者が「エアを楽しむ」ためには、着地と恐怖心の克服が大切です。

恐怖心の克服と着地は同じベクトルにある

出典:pixabay

エアを成功させるためには、着地と恐怖心の克服がキーポイントとなり、この二つは異なる問題ですが、成功のための努力の方向性は同じです。そもそも、なぜ恐怖心があると、しっかり着地できるかという不安があるからです。

ましてやスノボの場合、両足がボードで固定されているため、慣れていない初心者は、「両足を固定してのジャンプ」というものに対して恐怖心があります。また、思うように動かせないだけに、その恐怖心も高まってしまいます。

そのために、エアを楽しむためにはまずは着地を磨かなければなりません。

着地成功のために

出典:pixabay

エアを楽しむためには着地ですが、着地もまた、コツコツと練習することが大切です。いきなりハイレベルなエアにチャレンジするのではなく、エアというよりも「ちょっとした段差」程度のものからチャレンジし、着地の恐怖心を徐々に消していくことが大切です。

ボードで着地に慣れるためにも、低いところからのジャンプ、エアから始め、徐々に体で覚えていくとよいでしょう。低い段差での練習は、面白いとは思えないかもしれません。

しかし、いきなりハイレベルなエアにチャレンジして怪我をしてしまった場合、怪我そのものはもちろんですが、恐怖心まで覚えてしまい、するとスノボそのものに対してのモチベーションが低下してしまいます。

反復練習が大切

出典:pixabay

低いエアや段差での練習で大切な点は、何よりも「練習量」です。何度も何度も反復練習することで、着地の感覚を掴めます。成功だけではなく、失敗することで、「なぜ失敗したのか」「どういった時に失敗するのか」を体で覚えられます。

後は徐々に高さを出していくことで、エアにもチャレンジできるだけのスキルが身に付きます。また、何度も練習することで、恐怖心を消す狙いもあります。エアの際、恐怖心があるとかえって危険。

中途半端な形でエアに入ると、ジャンプできずに中途半端な形で落下してしまったり、あるいは予期せぬアクシデントに見舞われる可能性もあります。それらは全て恐怖心が原因なため、反復練習で恐怖心を消すことが大切です。

ストレッチは念入りに行っておこう

出典:pixabay

着地の練習の際、ストレッチはしっかりと行っておきましょう。ストレッチの有無は怪我に直結します。軽く腱を伸ばしておくだけでも全く状況は異なりますし、「もしも」の時、ストレッチをしておいたおかげで身体へのダメージを軽減することに繋がります。

中級者から上級者への道

出典:pixabay

エアに慣れてきたら、次第に高難易度のエアトリックにチャレンジしたくなります。そこで大切なのは、反復練習であることは間違いないですが、上級者のエアをよく見ること、そしてアドバイスをもらうことも重要なポイントです。自分のジャンプは自分では見れません。

そこで、上級者に見てもらい、何がダメなのか。成功のためには何が必要なのかをレクチャーしてもらうことで、成功が近づきます。

特に難易度の高い技になればなるほど、些細なミスで失敗となってしまうだけに、上級者の声に耳を傾けたり、上級者の動画をチェックすることで成功が見えて来るはずです。

まずは低く飛んでみよう

出典:pixabay

エアを覚えるとスノボの楽しさが格段に高まりますが、一方で初心者にとっては恐怖心との戦いです。特に高いエアになればなるほど、なかなか足が前に進まないですし、進んだとしても中途半端な形でかえって危険が待っています。

まずは低い段差・エアを繰り返すことで、着地の恐怖心を消すことから始めてみましょう。