スキーブーツをテクニカで選ぶならこれ。男女別商品からジュニアまで

スキーブランドは数多く存在します。その中でも『テクニカ』は80年以上続く、イタリア発の老舗ブランドです。そんなテクニカのおすすめのスキーブーツと、スキーブーツの選び方をまとめて紹介します。

テクニカやスキーブーツに関する豆知識

[Zolnierek]/[iStock / Getty Images Plus]/ゲッティイメージズ

まずはテクニカとスキーブーツの選び方について確認してみましょう。

テクニカの歴史について

テクニカの歴史は古く、その起源は1930年代に遡ります。イタリア北部のモンテベルーナの近郊の街で靴工場を興したことに始まります。

創業から約40年が経ち、1970年代に入った頃、斬新なデザインを採用したアフタースキー用のスノーブーツを発表しました。

このブーツはアポロ11号が人類史上初の月面着陸に成功した際に、宇宙飛行士が履いていたブーツに似ていたことから『MOON BOOT(ムーンブーツ)』と呼ばれ、世界的に話題を呼び、大ヒットとなりました。

その後、世界初のプラスチック製スキーブーツ『TECNUS(テクナス)』を発表したり、さまざまな独自技術を生み出すことで発展しました。履き心地と最高のパフォーマンスを発揮できる靴を生み出す最大のスキーブーツメーカーとして、世界中で人気を得ています。

スキーブーツの種類・選び方

スキーブーツには、滑走目的によって種類があることを知っていますか。機能性が全く異なるのでチェックしておきましょう。

  • レーシングブーツ
    スピード命のレーサーのために作られているレース用のブーツで、シェルが非常に硬いことが特徴です。足のパワーをスキー板にしっかりと伝えることで、一体感が出やすく作られています。デメリットとしては、シェルが硬いため足の動きが制限されやすく、うまくコントロールできないこと。そしてインナーがとても薄いので、足が冷えやすいことが挙げられます。
  • デモブーツ
    幅広いニーズに対応することができ、一般的なスキーヤーが使用しているブーツです。快適性や操作性、脱ぎ履きのしやすさなど、利便性が追求されているので、一般的なスキーヤーにはおすすめです。さまざまなブランドから、多様なラインナップが展開されているので、デザインにもこだわって選ぶことができます。
  • フリースタイルブーツ
    モーグル選手が履いているスキーブーツです。コブで負担にならない軽やかさや、エアで邪魔にならないように、ブーツの長さが少し短めのものが多いことが特徴でしょう。

次にスキーブーツの選び方ですが、最も注意すべきはサイズ感です。

スキーブーツは日常で履いている靴よりも硬く作られています。サイズ感が少しでも小さいと、足が痛くなってしまい、せっかくのスキーを楽しむことができません。いつもより気持ち大きめのサイズを履いてみて違和感がなければ、それを選んでみてください。

次にシェル、つまりブーツ外側の硬さも重要で、硬いブーツほど扱いが難しくなります。シェルの硬さは『フレックス』という数値で表され、初心者は100未満、中級者で100〜110、上級者が110〜といわれています。

しかしフレックスは相対値で、ブランドによって基準が異なるので、さまざまなブランドのものを比較する場合は、参考として考えておきましょう。

テクニカのおすすめスキーブーツメンズ

[ViewApart]/[iStock / Getty Images Plus]/ゲッティイメージズ

それでは、イタリアの老舗ブランドのテクニカのおすすめブーツを見ていきましょう。まずはメンズから紹介します。

2018-19。COCHISE 120 DYN

アッパーシェルに軽量ながら、強度はこれまでの2.5倍という素材を採用し、本格的な上級者向けモデルですが持ち運びも楽に作られています。

一方でロアシェルは寒くなっても柔らかい素材を使用しており、厳しい環境下でも快適性をしっかりと保つことができます。ブーツの脱ぎ履きがしやすいバックル構造もうれしいです。

デザインはブラックにイエローラインが使われており、これを履けばゲレンデを征するような、自信を与えてくれます。
商品名:テクニカ COCHISE 100

2018-19。COCHISE TEAM

こちらはCOCHISE 120 DYNのアッパーシェルの軽量化、脱ぎ履きのしやすいバックル構造はそのままに、フレックス90と小〜中級者でも扱いやすくなっています。価格も少し下げて設定されています。

デザインはオレンジがベースで、格好良さとみなぎるパワーを表現しています。差し色にもなるので、普段は暗い色のウェアが多いスキーヤーでもおしゃれに履くことができます。

  • 商品名:テクニカ COCHISE TEAM
  • 価格:43740円(税込)
  • 楽天:

2018。MACH 1 100 MV

ブーツを多角的に計算し、科学的に足型に合うライナーとシェルを設計したモデルが『MACH 1』です。

スキーブーツがしっかりと足にフィットすると、足のパワーが適切にスキー板、そして雪面へと伝道できるので、パフォーマンスに大きく影響します。無駄な力を使わずに滑走することができます。

デザインもブラックベースにブルーのラインが入っており、かなり落ち着いたクールな印象です。

  • 商品名:テクニカ MACH 1 100 MV
  • 価格:38000円(税込)
  • 楽天:楽天で見る

2017-18旧モデル。COCHISE 120 DYN

『2018-19。COCHISE 120 DYN』の1シーズン前のモデルもあります。性能はほぼかわらず、COCHISEシリーズならではの強度と軽量化はうれしいポイントです。上級者でスキーブーツを買い換えたいけど、価格を抑えたいという人には、こちらがおすすめでしょう。

  • 商品名:テクニカ COCHISE 120 DYN
  • 価格:55900円(税込)
  • 楽天:商品ページ

テクニカのおすすめスキーブーツレディース

[FamVeld]/[iStock / Getty Images Plus]/ゲッティイメージズ

続いて、レディースのおすすめスキーを2つ紹介します。

2018-19。COCHISE 105W DYN

レディース向けにもCOCHISEシリーズが出ています。軽量化され、また足をしっかり温めてくれるインナーは、女性スキーヤーにとってはとてもうれしいポイントです。メンズとの違いは、女性向けには固すぎないフレックス105が採用されています。

デザインは女性らしさというよりも、格好よさをアピールできるので、『COCHISE 105W DYN』で男性顔負けの滑りを見せつけましょう。

  • 商品名:テクニカ COCHISE 105W DYN
  • 価格:65000円(税込)
  • 楽天:楽天で見る

2012-13。PX MAX W6

こちらはテクニカの初級者向けモデルで、ゆったりとしたフィット感なので足も疲れにくく作られています。

かなりゆったりな構造なので、慣れていない人でも脱ぎ履きが簡単です。デザインは白ベースで、清楚できれいに作られており、こちらはとても女性らしい気品があります。機能性、価格面ともに、1足目としての購入にもぴったりです。

  • 商品名:テクニカ PX MAX W6
  • 価格:19800円(税込)
  • 楽天:楽天で見る

テクニカのおすすめスキーブーツジュニア

[molchanovdmitry]/[iStock / Getty Images Plus]/ゲッティイメージズ

最後にジュニア向けのおすすめスキーブーツも紹介しておきます。ぜひテクニカで子どもと一緒にスキーを上達させましょう。

2017-18。JT 2 SHEEVA

『JT 2 SHEEVA』は発展途上の子どもを上達に導くためのモデルで、2バックルで脱ぎ履きを子ども自身でもできる設計になっています。サイズは16.5cm〜、1cm刻みで準備されています。

  • 商品名:テクニカ
  • 価格:11200円(税込)
  • 楽天:楽天で見る

2017-18。R PRO 70

こちらは本格的にスキーをしている、子どものレース出場やエキスパート向けにおすすめのモデルです。フレックス70と、子ども向けスキーブーツではかなり硬いものになるので、慣れていない子どもには操作が難しいでしょう。

名前にPROとは入っているようにブーツの作りもしっかりとしており、デザインも大人並みに格好いいものに仕上げられています。
商品名:テクニカ R PRO 70

まとめ

テクニカのおすすめブーツをメンズ、レディース、ジュニアの初級者〜上級者向けまでそれぞれ紹介しました。ぜひおすすめのブーツを見つけて、ゲレンデでますますスキルアップをはかってください。