スキー板をヘッドで選ぶならこれ。男女別アイテムからジュニアまで

スキーヤーにとって最も悩むアイテムの1つが、スキー板ではないでしょうか。ブーツやウェアはサイズのウエイトが大きいですが、スキー板はスペックやデザインも異なります。今回はスキー板を選ぶ際のポイントと、老舗のスキーブランド『ヘッド』のおすすめのスキー板を紹介します。

ヘッドやスキー板に関する豆知識

[Buenaventuramariano]/[iStock / Getty Images Plus]/ゲッティイメージズ

ヘッドのスキー板を見る前に、まずはヘッドの歴史やスキー板の選び方についてチェックしておきましょう。

ヘッドの歴史について

スキーブランドとして人気のヘッド。その歴史は1950年まで遡ります。

メタルスキーの考案者であるハワード・ヘッド氏によって創られました。1969年には世界初のアルミ製のテニスラケットを開発するなど、スキー以外のスポーツアイテムの製造にも踏み出しています。現在ではスキー、スノーボード、テニス、ラケットボールなどに進出しています。

各スポーツのトップアスリートもヘッドのアイテムを使用しており、アメリカやヨーロッパをはじめとして世界80カ国以上に展開され、世界中で愛されるブランドへと成長しました。

最新カタログのダウンロードは公式HPから

そんなヘッドの商品情報は、公式ホームページに掲載されている最新カタログでチェックすることができます。ぜひチェックしてみてください。

カタログ

スキー板の種類や選び方

スキー板と一言にいっても、滑走目的によって選ぶべきものは異なります。主に4種類ありますので、まずはそれぞれの特徴を紹介します。

まずはオールラウンドタイプ。レジャーとしてスキーを楽しむ場合は、このタイプに当たります。

ゲレンデを滑る技術向上や滑る美しさを追求することに最適化されたスキー板で、ターンからターンの切り替えや小回りがききやすく、操作性を重視しています。特徴としては、板の前の部分のトップ幅が太く、センター幅は約70~90mmと細くなっていることです。

次にオールマウンテンタイプ。名前の通り、マウンテンコースなどの圧雪されていない深雪に対応できるスキー板です。雪に沈まないように、センター幅が90~130mmと広めの作りになっていることが特徴でしょう。

キッカーを飛んだり後ろ向きに滑走したりと技を追求する滑り方に適したスキー板が、フリーライドタイプ。

トップとテールが同じ形をしており、センター部分が浮いていないので、パウダースノーでも滑りやすいです。しかし圧雪された雪の上ではエッジグリップが弱いので適さず、レジャーとしてゲレンデを滑るには使いにくいといえます。

最後に紹介するのがレーシングタイプ。名前の通り、競技スキーで使うスキー板です。とにかくスピードを追求できるように、また素早くターンできるようにセンター幅が約65~70mmと非常に細く、板が硬いことが特徴です。

この4種類の中から、それぞれ目的に応じたタイプを選んだら、次にレベルや身長、体重別にスキー板を選んでいきます。早く滑る上級者には、遠心力にも耐えるスキー板のねじれ強度が高い上位モデルを、初級者には低速でも操作がしやすいねじれ強度が低いモデルをそれぞれ選びましょう。

また一般的には身長が高く、体重が重いほどスキー板の長さは長いものを選びます。

ただしスキー板が長ければ長いほど操作性は悪くなり、難易度は上がってしまうため、目安として男性は155〜170cm、女性は145〜155cmくらいのものを参考にします。その中でレベルによって短め、長めのものを選ぶと良いでしょう。

ヘッドの高評価、人気スキー板 メンズ編

[dell640]/[iStock / Getty Images Plus]/ゲッティイメージズ

ここからは実際にヘッドの人気のスキー板を見ていきましょう。まずはメンズ編です。

2018-19。SUPERSHAPE I MAGNUM

シャンパンボトルで巨大なものを『マグナムボトル』と呼ぶように、『SUPERSHAPE I MAGNUM』は、「この上なく価値あるサイズ」という意味を持って名付けられたスキー板です。

72mmのウエスト設計で操作性が高いためパフォーマンスを発揮しやすいとして人気の上級者向けモデルです。これがあればハイスピードでも圧倒的な滑走で周りに差をつけられるはずです。

  • 商品名:ヘッド SUPERSHAPE I MAGNUM
  • 価格:117000円(税込)
  • 楽天:楽天で見る

2018-19。WORLD CUP REBELS I.SL RD

それぞれスキー板にも得意不得意がありますが、『WORLD CUP REBELS I.SL RD』はスピードにも、細やかなターンにも適しています。スムーズで瞬発力あるパフォーマンスができ、一度でも滑走を体験すると手放せなくなるという、プロレベルのスキーヤーに最適なモデルです。

  • 商品名:ヘッド WORLD CUP REBELS I.SL RD
  • 価格:147700円(税込)
  • 楽天:

2018-19。V-SHAPE V2

『V-SHAPE V2』は、広めのシャベルがターンを心地よくサポートしてくれ、オールマウンテンを滑るのにうれしい軽量タイプです。長めのエッジで安定感と操作性もしっかりしているので、初心者にもおすすめです。

  • 商品名:ヘッド V-SHAPE V2
  • 価格:47000円(税込)
  • 楽天:楽天で見る

ヘッドのおすすめスキー板 レディース編

[michelangeloop]/[iStock / Getty Images Plus]/ゲッティイメージズ

次に、レディースを見ていきましょう。ヘッドのおすすめのスキー板を紹介します。

2018-19。EASY JOY

『滑ることは楽しさの源』というコンセプトのもと、『EASY JOY』は誰もがスキーの楽しさを知ることができるモデルです。

初心者でもかわいいデザインや色展開はスキーの難しさを感じさせず、まずは視覚的に楽しませてくれます。白とピンクは女性心をくすぐるカラー。サイズは143cm、148cmの2サイズから選ぶことができます。
商品名:ヘッド EASY JOY

2018-19。EPIC JOY

『EPIC JOY』の特徴は、なんといっても軽量感。男性と比べて脚力のない女性でもうれしい、世界最軽量を誇るハイパフォーマンススキー板で、スリムでスタイリッシュなデザインも魅力的です。

  • 商品名:ヘッド EPIC JOY
  • 価格:103680円(税込)
  • 楽天:楽天で見る

2015-2016。GREAT JOY

『GREAT JOY』は軽量、浮遊性、そして反応性に優れたフリースタイルタイプで、『通常のコースでは飽き足りない!』という冒険を求める上級スキーヤー向けにおすすめです。

どんな地形にも適応することができるという魅力さゆえに、希望小売価格は9万円を超える価格ですが、2015−16の旧型は、かなりお得に購入することができます。ぜひチェックしてみましょう。

ヘッドのおすすめスキー板 ジュニア編

[Ridofranz]/[iStock / Getty Images Plus]/ゲッティイメージズ

子どものスキーを安全にサポートしてくれる、ヘッドのおすすめスキー板も最後に紹介します。

2018-19。SUPERSHAPE TEAM SLR 2

『SUPERSHAPE TEAM SLR 2』はスキーを始めたばかりの子どもを想定して作られたモデルです。軽量で簡単な操作性が、スキーの上達へと導いてくれます。格好いいデザインのスキー板なので、たくましくゲレンデを滑り下りる姿が想像できます。

  • 商品名:ヘッド SUPERSHAPE TEAM SLR 2
  • 価格:25700円(税込)
  • 楽天:楽天で見る

2016。WORLDCUP i.GS RD TEAM

『WORLDCUP i.GS RD TEAM』は『未来の世界チャンピオン』のためにデザインされたモデルで、「我こそは」という上級ジュニアスキーヤーにおすすめです。秒単位でタイムを縮めるためにスピードを追求できるレーシング性能を備えています。

  • 商品名:ヘッド WORLDCUP i.GS RD TEAM
  • 価格:29800円(税込)
  • 楽天:楽天で見る

まとめ

メンズ、レディース、ジュニア向けそれぞれのヘッドのおすすめスキー板を紹介しました。決して安価ではないですが、高品質なスキー板は、上達への一歩に繋がる必須アイテムです。先行投資と考えて、納得のいくスキー板探しの参考にしてみてください。

この他にもスキー板に関する記事があります。気になる方はチェックしてみて下さい。
最高のスキー板を選ぶなら!選定基準を明確にしよう