スノボの練習をしてゲレンデを気持ちよく滑ろう!

スノボの楽しさを知ってしまったら、「もっとうまくなりたい」という思いが出てきますよね。スノボのレベルは問わず、上達するには練習が必要不可欠です。

本記事では、初級者から中級者のスノボに関する悩みに着目し、解決するための練習方法を紹介します。

スノボは練習するほどうまくなる!

出典:pixabay

スノボを続けていくと、「こんなことができない」「こんなことができるようになりたい」という思いが出てくるはずです。うまくなるためには、「できない」「できるようになりたい」ことを何度も練習すると上達していきます。

できない、できるようになりたい例

・立ち上がれない

・板を縦にして滑れない

・逆エッジができない

・ターンができない

・体の使い方がうまくなりたい

・重心移動のタイミングがつかめない

・ターンのタイミングがつかめない

・エッジのかけ方がわからない

立ち上がる練習

スノボで転ぶのはつきもので、ケガをしないために転ぶ練習は初心者向けのスクールで教わります。転んだら起き上がるのが一連の流れですが、転ぶことに重点が置かれ、起き上がり方は簡単に済まされがちです。

立ち上がれないと悩んでいる人が多いのは、そういった背景からだと考えられます。立ち上がり方は、コツをつかめば簡単です。

・ボードはできるだけ引き寄せる

・山側を背に斜面側を向く

・腰は上に持ち上げず前に出す感覚で

ワンフットでスケーティング

スノボをはじめたばかりの初心者向きで、悩みを片足だけにボードを装着して滑る練習です。「板を縦にして滑れない」などの悩みがある人はこの練習で、滑る動きに慣れましょう。

慣れないうちは、足元が気になり下を見がちです。視線は進行方向を見て、上体はまっすぐで滑ってください。

・ボードを履いていない後足で雪面を蹴り出す

・雪面を蹴ったら前足に体重をかけます

・蹴った足をボードの上に乗せるとボードが滑りだします

・両手を広げバランスをとります

・前の手をかかと側にゆっくり開くとボードがターンするため、腰を低くすれば止まります

ワンフットのオフトレ

ワンフットのスケーティングの練習は、ゲレンデだけでなく家でもでき、シーズン中だけでなく、ゲレンデに行く機会がないオフシーンズなどにも、ぜひ練習してみてください。普段からボードに乗り、身についた感覚が保てるように努めてください。

家で練習するときは、ホームセンターなどで販売されている、ゴムマットやジョイントマットなどを敷いてするとスムーズに練習ができます。家でも練習をしておけば、滑り出しが楽しくなります。

ワンフットの練習と一緒にスクワットや体ねじりの刷り込み、重心移動の練習もメニューの中に入れてください。ボードのしなる感覚も刷り込まれ、「体の使い方がうまくなりたい」という悩みの解消にもなります。

重心移動

「ある程度は滑れるようになった」という初心者や、「重心移動のタイミングがつかめない」と思っている人に向いている練習です。スノボには重心移動が必要不可欠。重心をどこにかけるかによって滑りが変わります。

実は、重心移動はほんの少しかけるだけです。たくさん移動しなくてもターンもできます。「木の葉滑りなどがうまくいかない」という人は重心を移動し過ぎているのかもしれません。

・重心移動は少しで十分

・3~5㎝程度でOK

エッジ操作

滑ることに慣れてくると出てくるのがターンに関する悩みです。ターンの要はエッジ操作にあります。なぜなら、エッジを雪面に食い込ませることでターンができるからです。

そのため、エッジをうまく操作できれば、「逆エッジができない」「ターンができない」「ターンのタイミングがつかめない」などの悩みが解消できるでしょう。

エッジ操作は、上半身と下半身の動きが関わってくるため、体の動かし方も意識して練習をしてください。エッジ操作が上達すれば、グラトリをマスターするときにも役立ちます。

・横滑りと縦滑りを繰り返す

・前向きと後ろ向きをそれぞれ練習する

ボードの操作

ボードのしなりやねじりの感覚を体が覚え、操作が上手できるようになれば、レベルアップが見込めます。

ボードを持ち上げた状態で止めることができるようになり、ボードに回転力を与える感覚がわかるようになれば、グラトリの1つのオーリーやボードを90度回すとなど挑戦してみましょう。

技を覚えていくときにつまずくことがあれば、基本的なボード操作の練習に戻り、完成度を上げるとうまく進むかもしれません。

・ボードのしなりを覚える

・ボードのねじりのかけ方を覚える

グラトリのオフトレ

ワンフットのオフトレを上記でも紹介しましたが、グラトリも家で練習してレベルを保ちましょう。雪の上は滑るのでスムーズに回転しますが、マットの上や芝の上はなかなか難しいと思われます。体幹が鍛えられるため、筋トレと思いがんばりましょう。

ボードの感覚を忘れないことが大切です。狭い場所しかない人は、プレスをするだけでもボードの感覚がつかめます。

・テールマニュアル

・ノーズマニュアル

・テールグラブ

・ノーズグラブ

・リワインドテールタップ

・リワインドノーズタップ

・オーリーフロント180

・ノーリーフロント180

楽しみながら継続させようスノボの練習

スノボの初級者から中級者向けの練習方法を紹介しましたが、継続できそうでしょうか。上級者の人も普段から練習してレベルを保っています。

はじめたばかりの人は、特にボードの感覚を忘れないためにも、オフシーズンもボードを付けての練習を継続させてください。練習をした人は成果が出ます。レベルアップをして、ゲレンデを気持ちよく滑りましょう。