スノボでターンをしながら気持ちよく楽しく滑るためのハウツー!

あなたはどちらに興味がありますか?

View Results

Loading ... Loading ...

木の葉滑りができるようになると、ますますスノボが楽しくなってきます。次のステップは「ターン」。ターンを組み合わせ、自由自在に滑る姿はかっこよく注目を集めます。

本記事ではターンのイメトレから技まで、動画を元に解説。ターンが上手くできない人も読むとレベルアップが期待できます。

楽しいターンを目指そう

出典:pixabay

ターンは、フロントサイドターンとバックサイドターンの繰り返しです。単体ターンの練習からスタートし、連続ターンへ移ります。

連続ターンをしっかりマスターし、スピード感に慣れれば、上級者がやっているような体を傾けてのターンへ挑戦できます。しっかり基礎をマスターし、安定した滑りを目指しましょう。

ターンで重要なポイントが重心とエッジ。重心のバランスが整えばエッジ操作も上手くでき、気持ちいいターンができるようになります。

・家でもイメージトレーニングをしよう

・はじめの一歩はワンターンから

・連続ターンを刷り込みスピード感を楽しもう

・目標とするターンを決めておこう

スライドターンのイメトレ

「次ゲレンデに行ったときはターンに挑戦しよう」と思っている人は、家でターンの仕組みを知り、イメトレをして出かけることをおすすめします。スクールで受講予定の人も予習をしておけば、理解度もアップするでしょう。

ターンは、ボードのしなりやねじれの作用を利用すれば楽々。ジャンプと同じで、力任せにしなくてもできるのです。

・前足に重心を置く

・前足のかかとを軸にして後足のかかとを前方へすりながら回転

(コンパスのようなイメージで)

・前足のかかとを軸にして後足のかかとを後方へすりながら回転

(前足を軸に前にも後にもぐるぐる旋回できる感覚を刷り込む)

フロントサイドターン                                                                              

かかと側のエッジからターンしていきます。ボードが横からまっすぐになって、また横を向くまでの動きです。山側に向いていた背中がターンをすると谷側に向きます。

初心者コースか10度弱ぐらいの斜面での練習をしましょう。

・山側を背にして、ボードは横、つま先を上げて重心はかかと

・前足になる左足つま先を少しずつ下げ左肩を右側に回す(どちらもゆっくり)

・ボードがまっすぐになったらつま先を戻す

・つま先に重心を移しターン

バックサイドターン

フロントサイドターンと逆、つま先側のエッジからターンしていきます。ボードは、横で基本姿勢のときに山側を向いているはお腹です。

進みたい方向に顔や胸を向けるだけで、ボードが自然についてきます。足をけり出したり、上半身を行きたい方向にねじったりする必要はありません。

・つま先側でサイドスリップしながら進む

・低い姿勢から伸び上がり真っすぐ立つ

・重心をかかと側に移していく

連続ターン

フロントサイドとバックサイドのターンは、それぞれマスターできましたか。次に連続ターンに進みます。

スピードが怖い人は、1つのターンが終わるごとに止まって次のターンにいけばスピードが出にくいです。まずは、1つ1つのターンをゆっくり回ることに集中します。

・ボードは見ている方向に進みます。ボードが動かないと焦って上半身を動かしたりしない

・ひとつのターンが終わったら、すぐに反対側のターンをしようとせずしばらく斜めに進む

ロングターン

連続ターンと斜面滑降ができるようになったら、ロングターンに進みましょう。ターンは、約15m幅で斜滑降していきます。滑り出す前に、ターンの大きさをイメージするとスムーズです。

ロングターンのポイントはエッジの切り替え。しっかりマスターしてください。ロングターンには3種類あり、最初に練習するステップが、立ち上がり系です。上達したら抱え込み系とプレスへと進み練習しましょう。

・ヒールサイドではO脚をイメージして軽く膝を開く

・トゥサイドではX脚をイメージしてボードのセンターをたわませる

ショートターン

「ショートターン」は、スノボ上級者向きのターンです。ロングターンがしっかりマスターできたら挑戦してみましょう。ショートターンとロングターンは、重心の位置と移動距離に違いはありますが、運動の仕組は同じです。

ロングターンは、弧を大きく描くので横に向かい滑っていきますが、ショートターンは谷へ向かい滑ります。顔の向きはまっすぐで、ボードだけが動く滑りです。

ショートターンは、上半身で板をリードするといわれます。難しそうですが、移動したい方に両手をふると自然とボードがついてくるので大丈夫です。

・15〜20度位の斜度は必要

・2m幅位のターン弧をイメージ

目標達成は慌てずゆっくり

今回ご紹介しなかったビッテリーターンやリバース・カービングなど高度なテクニックを必要とするターンがまだまだあります。どのレベルのターンまでできるようになるか、目標を決めて練習するとよいでしょう。

ターンは、慌てずゆっくりとテクニックを積んでいくことが大切。何度も同じ練習をすると自然に感覚が体に刷り込まれ、ターンができるようになっていきます。

ゲレンデを自分の思い通りに滑れることがスノボの醍醐味です。テクニックの追求に追われることなく気持ちのターンを目指してください。