スキーブーツをFTで選ぶならこれ。男女別や値段別に紹介

スキーブーツ選びがスキーの上達に大きく影響することを知っている人は多いでしょう。スキルアップの要ともいえるスキーブーツの選び方、そして人気ブランド・FTのおすすめスキーブーツをまとめて紹介します。

スキーブーツに関する豆知識

[PhotoGoricki]/[iStock / Getty Images Plus]/ゲッティイメージズ

スキーブーツを選ぶ際に知っておきたいポイントはいくつかあります。大切なスキーブーツ選びで失敗しないためにも、まずポイントを抑えておきましょう。

スキーブーツの種類

スキーブーツには、滑走目的によって3つの種類があります。

まずはレーシングブーツ。名前の通り、スピード命のレーサーのために作られており、レースで使用されるスキーブーツです。まずシェルが非常に硬いことが特徴で、足のパワーをスキー板にしっかりと伝わり、一体感が出やすいといわれています。

シェルが硬いと、足の動きが制限されやすいので、初級者にとって上手くコントロールすることが難しいです。またインナーがとても薄いので、足が冷えやすいというデメリットがあります。

次にデモブーツ。幅広いニーズに対応することができ、一般的なスキーヤーが使用しているブーツです。快適性や操作性、脱ぎ履きのしやすさなど、利便性が追求されています。さまざまなブランドから、多様なラインナップが展開されているので、デザインにもこだわって選ぶことができます。

最後に紹介するのがフリースタイルブーツ。モーグル選手が履いているスキーブーツというと分かりやすいでしょう。コブで負担にならない軽やかさや、エアで邪魔にならないように短めのものが一般的です。フリースタイルの滑走を楽しみたいスキーヤーにおすすめです。

スキーブーツの選び方

スキーブーツを購入する際に最も注意すべきは、サイズ感です。

先ほど紹介した3種類のブーツすべてに共通し、日常で履いている靴よりも硬く作られています。サイズ感が少しでも小さいと足が痛くなってしまい、スキーを楽しむことができません。いつもより気持ち大きめのサイズを履いてみて違和感がなければ、適切サイズです。

次にシェル、つまりブーツ外側の硬さも重要で、硬いブーツほど扱いが難しくなります。シェルの硬さは『フレックス』という数値で表され、初心者は100未満、中級者で100〜110、上級者が110〜といわれています。

しかしフレックスは相対値で、ブランドによって基準が異なるので、さまざまなブランドのものを比較する場合は参考として考えておきましょう。

FTの人気スキーブーツメンズ 7〜8万円台

[Thomas+Northcut]/[DigitalVision]/ゲッティイメージズ

FTの人気のスキーブーツを紹介します。まずはメンズの最上級モデルを見てみましょう。

レベルアップに最適。BE PRO

『BE PRO』はフリースタイルブーツで、フリースタイルで最も有名なヘンリック・ハーロウ、フィルカサボンがデザインした『B&E』がプリントされたおしゃれなブーツです。

102mmという幅広なシェルと、フレックス90で足首部分は動きやすく作られており、快適性の高さに定評があります。快適性は失わず、プロモデルなのでもう一歩上達したいというスキーヤーにおすすめです。

カタログ料金は83160円ですが、楽天市場のオンラインショップでは7万円台で購入できます。

  • 商品名:FT B&E PRO
  • 価格:79000円(税込)
  • 楽天:

フィット感抜群。TOM WALLISCH PRO

『TOM WALLISCH PRO』は、アメリカのフリースキーヤーのトム・ウォリッシュによって作られたプロモデルです。

トムによって、トムのために、そしてトムみたいになりたいあらゆるスキーヤーのために作られたブーツです。トム自身が「僕がやりたいことを実現させてくれるブーツ。どんなコンディションでも快適で安心なんだ」とコメントしています。

どんな状況下でも確実に最高のパフォーマンスを発揮できるように、シェルはフィット感抜群のFTオリジナルの99mm幅が採用されています。このフィット感がパワーを逃すことなくスキー板に伝えてくれるというモデルです。

  • 商品名:FT TOM WALLISCH PRO
  • 価格:82000円(税込)
  • 楽天:楽天で見る

全パークスキーヤーに。DESCENDANT6

『DESCENDANT6』は、『DESCENDANT4』と同じ102mmのワイドボディで、主な違いは軽量で暖かく快適というインナー素材が特徴です。すべてのパークスキーヤーに向けて軽量で、フレックスは硬すぎず柔らかすぎず、絶妙なバランスを実現しています。

FTの人気スキーブーツメンズ 7万円以下

[plprod]/[iStock / Getty Images Plus]/ゲッティイメージズ

『もう少し価格を抑えたい』というスキーヤー向けに、メンズの7万円以下のブーツを紹介します。プロデザインのモデルではないものの、FTの技術は顕在です。

ワイドボディ。DESCENDANT4

『DESCENDANT4』は足幅が大きいスキーヤーにうれしい、102mmという快適なワイドボディで作られています。

脱ぎ履きしやすいバックルの設計と、BE PROモデルと同じくフレックス90で足首部分は動きやすくなっており、スキーブーツで痛い思いをしていたスキーヤーに、特におすすめのモデルです。

デザインは黒ベースに白文字ロゴが入っており、シンプルでクールな印象です。

FTの代表モデル。CLASSIC Black

いわずと知れたFTの代表モデルが『CLASSIC Black』です。オリジナルの3ピース構造のFTオリジナルシェルで、昔ながらのタン付ライナーを採用しています。

さまざまなモーグル選手が愛用するほど、快適さとパフォーマンスを追求したモデルです。初心者にもおすすめできる間違いないモデルということができるでしょう。

  • 商品名:FT CLASSIC Black
  • 価格:65600円(税込)
  • 楽天:楽天で見る

軽量。DROP KICK Green

『DROP KICK Green』は最軽量のフリースタイルブーツとして人気で、FTスキーブーツの中では最も薄く作られたインナーを採用し、軽量化をはかったモデルです。ゆったりとスキーを楽しみたいスキーヤーはもちろん、この軽さはモーグルスキーヤーにもおすすめのモデルに仕上がっています。

  • 商品名:FT  DROP KICK Green
  • 価格:69700円(税込)
  • 楽天:

FTの人気スキーブーツ レディース

[LightFieldStudios]/[iStock / Getty Images Plus]/ゲッティイメージズ

FTの技術はレディースブーツでも定評があります。人気のスキーブーツを2足、紹介します。

フリースタイル。SOUL SISTER

『SOUL SISTER』は、FTオリジナル3ピース構造で99mm幅のシェルを採用しながら、つま先にはゆとりを持たせたデザインです。解剖学的に女性のふくらはぎを研究し、抜群のホールド感で快適性を実現しています。デザインも女性らしく、差し色がおしゃれです。

  • 商品名:FT SOUL SISTER
  • 価格:72900円(税込)
  • 楽天:

足幅が広い女性にも。PLUSH4

『PLUSH4』は102mm幅のワイドボディで、足幅が広いスキーヤーでも快適に1日中でもゲレンデで過ごすことができます。フレックスは70でソフトな作りなので初級者でも扱いやすいです。またタンが前方向に90度開き、脱ぎ履きも簡単にできます。

  • 商品名:FT PLUSH4
  • 価格:53460円(税込)
  • 楽天:

まとめ

スキーブーツの種類、選び方に加え、FTのメンズ、レディースのおすすめスキーブーツをそれぞれ紹介しました。FTのブーツは高価ですが、その技術力はプロも認める高水準です。お気に入りの一足を見つけて、スキーのレベルアップを目指してみてくださいね。