北海道でスノボならここ!人気のゲレンデを一挙ご紹介!

スノボを楽しむ人たちであれば、一度は北海道で滑りを楽しみたいと思っているかと思います。日本最北端の地にあるゲレンデは、魅力あふれる雪質のスキー場が多い傾向です。

ここでは、北海道のおすすめスキー場をご紹介します。

晴天率が高く安心できる「札幌国際スキー場」

出典:pixabay

札幌国際スキー場は、札幌中心部から1時間程度でアクセスできる人気のスキー場です。リゾートスキー場のような大規模なゲレンデではないですが、さまざまな種類のコースがあり、上級者まで十分に満足できます。

また、北海道内でも比較的良い天気になる確率が多いゲレンデで、気持ちのいい天気の中で滑ることが期待できます。

加えて、パーク内には非常に大きなキッカーが設置されているため、モーグルボーダーからの支持も高いです。

気軽にアクセスできる環境のため、北海道観光とあわせて遊びに来る人も多く、そのような場合は手ぶらできて道具をレンタルする方法が人気となっています。バリエーション豊富な7つのコースをぜひお楽しみください。

住所:北海道札幌市南区定山渓937先
電話:011-598-4511
料金
[一般]
4,500円 / 日、3,800円 / 4時間
[中高生] 2,200円 / 日
[小学生] 1,000円 / 日
[シニア(55歳以上)] 3,500円 / 日
[グランドシニア(65歳以上)] 3,000円 / 日
営業期間:11月16日~5月6日まで。ただし、積雪や気象条件によって変更になる場合があります。
営業時間
[平日] 9:00~17:00
[土休日] 9:00~18:00
アクセス
[車] 札幌中心部から約60分
公式はこちら札幌国際スキー場

スノボだけじゃなくリゾートも人気の「ルスツリゾート」

ルスツリゾートは、札幌や新千歳空港から、わずか90分で到着できるゲレンデです。ボーダーならだれもが憧れる極上のパウダースノーを味わえるゲレンデであり、3つの山を滑走できます。

なかなか難しいですが、すべてのコースを滑りきれば、なんと総滑走距離が42,000mになります!

ロングコースが多いのが特徴ですが、移動についてはフードつきリフトやゴンドラを利用できるため楽々。

また、リゾート的な面でも非常に人気が高く、犬ぞりやスノーモービルなどのアクティビティで遊ぶことも可能です。グルメから遊びまで北海道を満喫できます。

住所:北海道虻田郡留寿都村字泉川13
電話:0136-46-3111
料金
[大人] 5,900円 / 1日
[子ども] 3,000円 / 1日
[中学生・シニア(60歳以上)] 4,900円 / 1日
営業期間:11月24日~4月7日まで。ただし、積雪や気象条件によって変更になる場合があります。
営業時間:9:00~20:00
アクセス:[車] 札幌中心部から約90分
公式はこちらルスツリゾート

ロングクルージングを楽しめる「キロロリゾート」

キロロリゾートは、札幌から車で1時間、小樽からなら40分でアクセスできる好立地なリゾート施設です。山頂の積雪量は、5mを超えるほどであり、常に最高のパウダースノーを楽しめます。

上級者も満足できるコースでは、最長4,000mのロングクルージングを楽しむことも可能。

北海道の雄大な自然を眼前におきながら、自然と一体になって滑れます。3歳から受講できるスノボレッスンなども開催されていて、子どものスノボデビューにも最適なゲレンデと言えます。

リゾート施設なため、万が一荒天であっても、室内で遊ぶ場所もあるため、飽きることなく過ごせます。

住所:北海道余市郡赤井川村字常盤128-1
電話:0135-34-7118
料金
[大人]
5,900円 / ハイシーズン1日、3,600円 / 春シーズン1日
[シニア(65歳以上)]
5,200円 / ハイシーズン1日、3,100円 / 春シーズン1日
[ユース(13~18歳)]
5,200円 / ハイシーズン1日、3,100円 / 春シーズン1日
[チャイルド(6~12歳)]
3,100円 / ハイシーズン1日、2,000円 / 春シーズン1日
営業期間:11月23日~5月6日まで。ただし、積雪や気象条件によって変更になる場合があります。
営業時間: 9:00~19:30※時期により変更
アクセス:[車] 札幌駅周辺から約1時間
公式はこちらキロロスノーワールド

初心者がロングランを楽しめる「サッポロテイネ」

サッポロテイネは、札幌市内にあるアクセス抜群のスキー場です。標高1,000mの山の上から滑ることができ、札幌市街地や石狩湾などの美しい景色を見ながら滑走できます。

このゲレンデは、特に初心者におすすめであり、最長6,000mの超ロングランコースを滑れます。

ワイドで、比較的斜度も緩いため、スノボを始めたばかりの方でも安心して滑り降りれます。

また、上級者はぜひハイランドゾーンに挑戦してほしいです。女子大回転、男女回転などの本格的なコースや、北かべと呼ばれる名物斜面は、チャレンジ精神をくすぐります。

住所:北海道札幌市手稲区手稲本町593-3
電話:011-682-6000
料金
[大人]
5,200円 / 日、4,400円 / 6時間
[中高生]
4,200円 / 日、3,700円 / 6時間
[小学生以下]
2,600円 / 日、2,500円 / 6時間
[シニア(55歳以上)]
4,200円 / 日、3,700円 / 6時間
営業期間:11月17日~5月6日まで。ただし、積雪や気象条件によって変更になる場合があります。
営業時間
ハイランドゾーン
[通常営業] 2018年11月17日~2019年4月7日
[春スキー特別営業] 2019年4月13日~2019年5月6日(土・日・祝日のみ営業)
オリンピアゾーン
2018年12月1日~2019年3月31日
アクセス
[車] 札幌中心部から約40分
[電車] JR手稲駅からJRバスに乗って約16分
公式はこちらサッポロテイネ

自然の中を突き進みたい方に人気の「大雪山旭岳ロープウェイ」

大雪山旭岳ロープウェイは、一般的なスキーリゾートとは違う、本格的なスノボを楽しめるゲレンデです。日本でもトップクラスの雪質であり、中級以上のボーダーの憧れのゲレンデでもあります。ほぼ整備されていないといってもいいほどの、非圧雪斜面を埋まりながら進んでいくことができる点が魅力。

急斜面もあり、なかなか初心者が気軽にいけない雰囲気がありますが、腕を磨いて、大雪山旭岳ロープウェイの大自然の中に飛び込んでみて下さい。

チャレンジする場合は、危険な場所などをしっかり事前に把握しておく必要があります。

住所:北海道上川郡東川町勇駒別1418
電話:0166-68-9111
料金
[大人(中学生以上)]
1,900円 / 往復、1,300円 / 片道
[小人]
950円 / 往復、650円 / 片道
営業期間:12月8日~5月31日まで。ただし、積雪や気象条件によって変更になる場合があります。
営業時間
[平日] 9:00~17:00
[土休日] 9:00~18:00
アクセス:[車] 札幌中心部から約180分
公式はこちら大雪山旭岳ロープウェイ

日本最高峰の雪質を味わってみよう

北海道は、ゲレンデオープンが早く、クローズが遅い、ボーダーにとっては聖地ともいえるエリアです。長いゲレンデは5月初旬まで営業していて、春ゲレンデを存分に楽しめます。

雪質も、日本でトップクラスのスキー場が多く、これまで体験したことのないようなパウダースノーを存分に味わえます。ぜひ北海道のスキー場にいってみてはいかがでしょうか。