カービングって?スキーにも新しいムーブメントが登場!

スノボ人気に押されているとはいえ、まだまだスキーも人気のウィンタースポーツです。近年は多くのゲレンデでシニア料金を設定し、かつてスキーを楽しんだ層にも足を運んだもらいたいとスキー場サイドは躍起となっています。

しかし、スキーでもまた、新しいジャンルが登場しています。それが「カービングスキー」です。

カービングスキーとは?

出典:pixabay

カービングスキーとは、かつてのスキー板よりも少々短く、幅を細くしたものです。見た目だけではこれまでのスキー板との違いは「少々短いかも」程度に見えるものですが、板の幅の狭さ・短さにより、従来のスキーでは難しかったカービングターンがしやすくなりました。

そのため、スピード感を求めている人々から高い注目を集めています。

カービングターンとは?

出典:pixabay

カービングターンとは、ターンの際、スピードを落とさないことです。それまでのスキー板でターンする場合はどうしても速度を落とさなければならず、板が長いため、滑っている速度でターンを試みると、不安定になってしまい高度なテクニックが求められます。

また、速度を落とさないと、「長い」という特性上、スキー板が浮つくような感覚となってしまい、危険を覚えました。

その点カービングスキーはスキー板が短いため、速度を落とさないままでターンに突入できます。

ターンしやすい点も特徴

出典:pixabay

カービングスキーはターンしやすいスキー板です。意識せずとも、スキー板が短いため小回りが利きます。そのため、従来のスキーの様に「板も意識したターン」ではなく、まるでスキー板が自分の体についてくるような感覚を覚えます。

従来のスキー板で楽しんでいた方は、感覚の違いがありますが、むしろ上級者程、自分の思いのままに操ることができるカービングスキーを好む傾向にあります。

また、板を意識する必要がなく、初心者でも、慣れるとまるで上級者のようなスキーを楽しめます。

カービングスキーもさまざまな種類がある

出典:pixabay

カービングスキー板にはさまざまな種類があります。従来のスキー板よりも細く、短いという点は共通しているものの、サイドカーブの数字を見ればわかるように、様々なタイプが登場しています。

サイドカーブとは、「R=〇〇cm」と表示されているもので、数値が小さければ小さいほど小回りになります。

まずは「15m」前後が入門用になるため、ストレートスキーの上級者も、まずは15m程度から初めてみて下さい。

感覚の違いは?

出典:pixabay

カービングスキーとストレートスキーの操作性の違いとして、「体重移動」と「感覚」の違いが挙げられます。従来のストレートスキーの場合、特にターン時は体重移動がとても大切でした。スキー板に自分の体重を上手く乗せることで、カーブをスムーズになります。

また、体重移動に関しても板が長いため、板全体を意識しなければなりませんでした。スキーが「上級者向けスポーツ」と言われているのは、操作性の難しさも理由の一つです。

一方カービングスキーの場合、体重移動よりもむしろ感覚的にターンします。いわば自転車やバイクでのカーブに近いです。

わざわざ体重移動を意識する必要はありません。ストレートスキーに慣れている人は、当初はこの感覚の違いに戸惑いますが、コツさえ掴んでしまえば決して難しいものではありません。

カービングスキーに慣れるために

出典:pixabay

カービングスキーとストレートスキーの大きな違いは意識する部分、つまり体重をかける部分です。かつてのストレートスキーでは、足の指の付け根を意識することが「良い滑りを生む」とされてきました。足の指の付け根、つまりつま先付近に体重をかけた方が、エッジが効くのでターンもしやすくなったからです。

しかし、カービングスキーの場合、つま先よりもむしろかかとに体重をかけるべきです。この違いは、スキー板が短くなっている点にあります。ストレートスキーはスキー板が長かったため、つま先に体重を意識することで、スキー板の先端まで意識する感覚が求められます。

また、カービングスキーのスキー板は短いため、そこまでスキー板の先端を意識する必要がありません。むしろ短い分、かかとを意識した方が理に叶っています。

フォームに関しても、ストレートスキーの場合、やや前傾姿勢程度が「良いフォーム」でしたが、カービングスキーの場合、前傾すぎるとかえってバランスが悪くなってしまうため、前のめりになりすぎない程度でかかとに重心をかけるフォームが理想です。

カービングスキーは若者にもおすすめ!

出典:pixabay

カービングスキーは、ストレートスキーと似て非なるものです。しかし、ストレートスキーでは高度なテクニックが必要だったことが、カービングスキーであれば、多少のテクニックでも楽しめるなど、より多くの人が楽しめる仕様となっています。

ゲレンデでは相変わらず若者を中心にスノボの人気が高いですが、じわりとカービングスキーを楽しむ若者の姿も増えてきているため、スノボだけではなく、カービングスキーも楽しんでみてはいかがでしょうか?