かぐらスキー場に行くなら温泉情報もチェック!おすすめ4選紹介

かぐらスキー場は、新潟県にあるゲレンデで子供も大人も楽しめることから、たくさんのスキーヤーが訪れます。今回は、かぐらスキー場に足を運びたい方のために、ゲレンデの魅力から周辺にあるおすすめの温泉まで紹介したいと思います。

かぐらスキー場の基本情報を抑えておこう!

住所 [みつまたステーション] 新潟県南魚沼郡湯沢町三俣742
[田代ステーション] 新潟県南魚沼郡湯沢町三国1066
電話番号  [みつまたステーション] 025-788-9221
[田代ステーション] 025-789-3111
営業期間  11月下旬〜5月下旬
営業時間 [平日] 8:00〜17:00
[土日] 7:30〜17:00
コース  3コース
リフト料金  4,700円
アクセス ・越後湯沢駅東口から田代ステーションまで急行有料バスで約35分
・越後湯沢駅東口からみつまたステーションまで急行有料バスで20分
公式サイトURL  かぐらスキー場

かぐらスキー場は広大なゲレンデとして人気を集めている

出典:pixabay

かぐらスキー場には、「みつまたステーション」と「田代ステーション」があり、コースは全部で13本あります。広大なスキー場として全国でも有名で、初心者から上級者までが足を運びます。

かぐらスキー場は全国でも珍しいロングシーズン!

スキー場によって営業期間は異なりますが、かぐらスキー場は11月末から5月末までボードを楽しめるのが魅力です。冬のシーズンが終わっても雪山で楽しめるスキー場はそれほど多くありません。スキーヤーやスノーボーダーにはあこがれの場所として人気を集めています。

かぐらスキー場の「ドラゴンドラ」で苗場スキー場も行ける!

かぐらスキー場は、苗場スキー場と隣接しているため、リフト券があればどちらのコースも滑走できます。コース数は2つのゲレンデを合わせると全部で45本あり、1日滑っても飽きることはありません。かぐらスキー場にある「ドラゴンドラ」を利用すればすぐにアクセスができるので、色々なコースを楽しみたい方は「ドラゴンドラ」の存在を知っておいた方がいいでしょう。

かぐらスキー場はファミリーにうれしい特典がいっぱい!

かぐらスキー場へ家族でスキーを楽しみたいと思っている方も多いのではないでしょうか。かぐらスキー場は、小学生以下のお子様ならリフト券が毎日無料となっています。大人料金だけで済むので、子どもと一緒に行きやすいゲレンデとしても有名です。

また、キッズ向けのレンタル品も充実しているので、手ぶらでかぐらスキー場へ行っても楽しめます。

住所:新潟県南魚沼郡湯沢町三俣742(みつまたステーション)
新潟県南魚沼郡湯沢町三国1066(田代ステーション)
電話:025-789-3111
営業期間:
2018年12月22日(土)〜2019年3月31日(日)
営業時間:
平日8:00~17:00、土日祝日7:30~17:00
アクセス:
[車] 関越道「湯沢IC」から下道で約8.0km
[電車] 上越新幹線「越後湯沢駅」からバスで約20分
公式はこちら:かぐらスキー場
備考:天候等の状況によって営業内容が変更となる場合があります。

かぐらスキー場周辺のおすすめ温泉4選

出典:pixabay

1日ゲレンデで滑走すると、汗などもかき、体も冷えやすくなるので温泉に浸かりたいと思っている方も多いでしょう。ここではスキーヤーやスノーボーダーにおすすめの温泉施設を紹介するので参考にしてください。

三俣宿 街道の湯

「三俣宿 街道の湯」は、みつまたロープウェイ山麓駅の近くに立地する温泉施設です。眺めのいい露天風呂が人気で、夏は登山客や観光客、冬はゲレンデ利用客で賑わいます。営業時間も夜の9時までとなっているので、1日中ゲレンデを楽しんだ後でも利用できます。

【基本情報】
施設名:三俣宿 街道の湯
住所:新潟県南魚沼郡湯沢町三俣1021
電話:025-788-9229
営業時間:10:00~21:00
アクセス:[車] 湯沢インターから車で約15分
公式はこちら:三俣宿 街道の湯
備考:天候により、業務内容が変更になる場合があります。

貝掛温泉

「貝掛温泉」は宿泊、日帰り温泉のどちらも楽しめる温泉施設となっています。「貝掛温泉」では自然の景色を楽しみながら温泉に浸かることができるので、リラックスしながら入りたい方におすすめです。

【基本情報】
施設名:貝掛温泉
住所:新潟県南魚沼郡湯沢町三俣686
電話:025-788-9911
営業時間:11:00~14:00
アクセス:[車] 越後湯沢インターから車で約15分
公式はこちら:貝掛温泉
備考:天候により、業務内容が変更になる場合があります。

神泉の湯

「神泉の湯」は、かぐらスキー場に車で向かう際に使用する国道17号線沿いにある温泉です。スキー場からアクセスがしやすいので、多くのゲレンデ利用客で賑わいます。また、「神泉の湯」は源泉かけ流しなので、本物の温泉を楽しみたい方におすすめです。営業時間も夜遅くまでとなっているので、ゲレンデを1日中滑った後でも余裕を持って温泉に浸かることができます。

【基本情報】
施設名:神泉の湯
住所:新潟県南魚沼郡湯沢町大字神立字七谷切3448番地-1
電話:025-788-0260
営業時間:12:00~20:30
アクセス:[車] 湯沢インターから車で約5分
公式はこちら:神泉の湯
備考:天候により、業務内容が変更になる場合があります。

土樽共同浴場 岩の湯

「土樽共同浴場 岩の湯」は「三俣宿 街道の湯」と同じ系列の温泉です。温泉内はアメニティグッズが揃っているので、手ぶらでも入浴することができます。かぐらスキー場からもアクセスしやすい場所にあり、遅くまで営業しているのでゲレンデ利用客におすすめです。

【基本情報】
施設名:土樽共同浴場 岩の湯
住所:新潟県南魚沼郡湯沢町土樽6191-87
電話:025-787-2787
営業時間:10:00~21:00
アクセス:[車] 湯沢インターから車で約10分
公式はこちら:土樽共同浴場 岩の湯
備考:天候により、業務内容が変更になる場合があります。

かぐらスキー場は温泉施設も充実している

かぐらスキー場は広大なゲレンデで毎年多くのスキーヤーやスノーボーダーが訪れます。元々魅力的なゲレンデですが、周辺施設も充実しているので更に魅力的です。特に温泉は数も多く、遅くまで営業しているところもたくさんあります。かぐらスキー場へ行こうと思っている方は、温泉も楽しめるので事前に情報をチェックしておきましょう。

 

この他にも、かぐらスキー場についてまとめた記事があります。気になる方はチェックしてみて下さい。