東京から2時間でアクセスできる!神立高原スキー場

神立高原スキー場は新潟県にあるスキー場の中でも首都圏からもっとも近いスキー場として有名で、100%の天然雪で滑りを楽しめます。東京駅から電車でおよそ2時間でアクセスできるので、日帰りでも十分楽しめます。
今回は神立高原スキー場の気になるコースの種類やリフト料金をはじめ、アクセス方法などをご紹介していきます。

ビギナー向けから土休日限定の上級者向けまで!人気のコースをご紹介

ここからは難易度ごとに神立高原スキー場のコースをご紹介します。

・初級コース
アンドロメダ:
【全長】 300m
【最大斜度】 20度
【特徴】 リフトの山頂から滑り降りる初級コースで、スキー場の中でも積雪量が最高です。

ポルックス:
【全長】1,100m
【最大斜度】 12度
【特徴】 神立のメインゲレンデでもあり、コース幅も50mと広いのであらゆるレベルの人でも楽しめます。

・中級コース
レグルス:
【全長】 400m
【最大斜度】 25度
【特徴】 コースの半分ずつでそれぞれカービングなどがトレーニングできる部分と、コブがあるモーグルエリアがあるコースです。

シリウス:
【全長】 500m
【最大斜度】 25度
【特徴】 自然の地形を生かしているのでうねりがあるコースです。穴場的プライベートゲレンデとしても知られています。

スバル:
【全長】 600m
【最大斜度】 26度
【特徴】 標高1,000mからの景色が一望できるコースですが、尾根コースなのでテクニックが必要です。

ペガサス:
【全長】1,150m
【最大斜度】 25度
【特徴】 比較的なだらかな傾斜が多い中級者向けのコースですが、終盤になるとハードになるので気を抜かないように要注意です。

・上級コース
ヘラクレス:
【全長】 500m
【最大斜度】 40度
【特徴】モーグルの大会も開催されたほどで、コブ好きのスキーヤーにはもってこいのコースです。

オリオン:
【全長】 450m
【最大斜度】 45度
【特徴】 左右にわかれていて、右は神立の中でも最難関を誇るコースです。左は上級者としては最適な練習環境にあります。

ペルセウス:
【全長】 700m
【最大斜度】 28度
【特徴】 完璧に圧雪されている部分も多く、中・上級者にとても人気のあるコースです。

ミルキーウェイ:
【全長】 2,900m
【最大斜度】 25度
【特徴】 神立最長のロングコースは景色もバツグン!しかし下るにつれて傾斜が増す上級者向けの難コースです。

これ以外にも初めての人向けのハイクアップパークや、ソリなどが楽しめるアクティビティパークもあります。

神立スキー場のリフト料金をチェック!

リフト料金は通常のものとシーズン券の2種類があり、それぞれ以下になります。
リフト券はICカードですので、デポジットとして500円支払いますが、カードを返却する際に返金されます。

リフト券:
[大人(中学生以上)]
4,600円 / 日
3,700円 / 午前
3,300円 / 午後
[子ども(小学生)]
3,300円 / 日
2,700円 / 午前
2,300円 / 午後
[シニア(55歳以上)]
4,100円 / 日
3,400円 / 午前
3,100円 / 午後

シーズン券:
[大人(中学生以上)]
35,000円 / 神パス
15,000円 / ナイターパス・平日限定パス
150,000円 / 法人パス
[子ども(小学生)]
25,000円 / 神パス
15,000円 / 平日限定パス
11,000円 / ナイターパス
150,000円 / 法人パス
[シニア(55歳以上)]
33,000円 / 神パス
15,000円 / 平日限定パス
13,000円 / ナイターパス
150,000円 / 法人パス

神立高原スキー場ではこの他に午後&ナイター券やレイト1日券、ミッドナイター券などのリフト券があります。

手ぶらでスキーを楽しもう!神立高原スキー場のレンタル料金は?

神立高原スキー場でレンタルできる主なものと料金は以下のとおりです。

スキー / ボードフルセット
[大人]
7,000円 / 日
6,000円 / 半日
[子ども]
5,500円 / 日
4,500円 / 半日

ウエア上下セット
[大人]
3,800円 / 日
3,300円 / 半日
[子ども]
3,000円 / 日
2,500円 / 半日

スキー / ボードセット
[大人]
4,300円 / 日
3,800円 / 半日
[子ども]
3,500円 / 日
3,000円 / 半日

レンタルできるサイズはウエアだとジュニアは90~160cmまで、大人はS~3Lまでと幅広く、スキーやブーツも多くのサイズを揃えているので手ぶらでも安心してスキー場に行けます。

4つの異なるスクールでスキルアップを目指せる!

神立高原スキー場のスクールは4種類あり、レベルややりたいことによって自分に合っているものを選ぶことができます。スクールの特徴や料金は以下のとおりです。

【神立スノーアカデミー】
ビギナーからトップアスリートを目指すジュニア世代の育成まで幅広い教育を行うスクールです。

受付時間:
プライベート 9:00~
キッズ・スペシャル他 10:00~
レッスン時間:
プライベート 60分~
キッズ他 2時間(スペシャルは4時間)
料金:
プライベート 7,000円~
キッズ・スペシャル他 4,000円~

【FREE SKI SCHOOL】
フリースタイルスキーの専門スクールで現役プロスキーヤーからのしっかりした教育を受けられます。

受付時間:ユース・プライベート 9:00~、その他レッスン 10:00~
レッスン時間:2時間 / 4時間(ユースプログラムのみ2時間半)
料金:
一般 4,500円 / 2時間~
学割(小~大学生) 4,200円 / 2時間~

【FREE SNOWBOARD SCHOOL】
子どもから大人まで、基礎を中心としたスノーボードのフリースタイルを教えてもらえるスクールです。

受付時間:8:30~13:10
レッスン時間:2時間
料金:6500円(予約料金:6,000円)

【神立フュージョンバンプスクール】
コブ斜面やモーグルなどに特化したスクールです。コブ斜面を合理的に滑りたい人におすすめ!

受付時間:8:30~13:10
レッスン時間:2時間 / 4時間
料金:6,000円~ (プライベートレッスンのみ講師指名料2,000円 / 5,000円アリ)

気になる神立高原スキー場の口コミや評価は?

連日の積雪で、全コースOpen 待ってたよーミルキーウェイ 土日しかOpenしないコース 滑りごたえがあって楽しい

出典:mimi日記

神立高原スキー場のメインコースのひとつである「ミルキーウェイ」は土休日にのみオープンするので、広いコースで滑りたい人は土休日がおすすめです!

神立高原スキー場にライブカメラはある?雪質の確認方法は?

神立高原スキー場には雪質を確認できるようなライブカメラは残念ながらありません。しかしお天気.comというサイトで降雪量や雪質を確認することが可能です。

お天気.com 神立高原スキー場のゲレンデ情報はこちら

神立高原スキー場へのアクセス方法は?駐車場の広さや料金は?

神立高原スキー場へのアクセス方法は車かシャトルバスがあり、詳細は以下になります。

[車] 関越自動車道湯沢ICより国道17号 車で約3分
[電車・バス] 上越新幹線越後湯沢駅西口からシャトルバスで約7分
[駐車場台数] 2,000台+α
[駐車場料金] 全日無料(WEBから申し込める優先駐車場は2,000円 / 1台)

シャトルバスは1時間あたり1~4本出ているので待ち時間も短いのが特徴です。

アクセスも良好な神立高原スキー場を訪れる前に基本情報をチェック!

【基本情報】
住所:新潟県南魚沼郡湯沢町神立4121-1
電話:025-788-0111
料金:
[大人(中学生以上)]
4,600円 / 日
3,700円 / 午前
3,300円 / 午後
[子ども(小学生)]
3,300円 / 日
2,700円 / 午前
2,300円 / 午後
[シニア(55歳以上)]
4,100円 / 日
3,400円 / 午前
3,100円 / 午後
営業期間:12月15日~3月31日まで
営業時間:
[平日] 8:00~16:30
[土休日] 7:00~16:30(その他ほぼオールナイト営業あり)
予約はこちら:神立高原スキー場

さらさらのパウダースノーを楽しみたい方は神立高原スキー場へ!

今回は神立高原スキー場に関する情報をご紹介しました。首都圏からもっともアクセスのいいゲレンデとして有名なほか、雪質もよくビギナーから上級者まで滑りを楽しめるスキー場です。

またフリースタイルやコブの滑り方など、普通とは違ったアプローチの講習が受けられるスクールもあり、滑りの楽しみ方の幅を広げたい人にもおすすめです。