スキーブーツをノルディカで選ぶならこれ。大人用から子ども用まで

『ノルディカ』はイタリア発のスキーブーツの老舗ブランドです。初級者向けのエントリーモデルから、上級者向けモデルまでノルディカのおすすめスキーブーツと、スキーブーツに関する豆知識をまとめて紹介します。

ノルディカやスキーブーツに関する豆知識

[David+De+Lossy]/[Photodisc]/ゲッティイメージズ

まずはノルディカについての情報とスキーブーツの選び方についてチェックしましょう。

ノルディカの歴史

ノルディカは1939年にイタリアでバッカーリ兄弟がフットウェアの製造業を開始し、『ノルディカ』と名付けたことがはじまりです。1950年のアルペンスキー世界選手権の2種目で優勝したツェノ・コロがノルディカのスキーブーツを履いていたことで注目を集めました。

1970年代にはアメリカ、オーストリア、日本、スイス、フランス、ドイツに支社を設置し、世界中に広まりました。当時のノルディカは年間200万ペアのブーツを生産し、世界のスキーブーツの30%のシェアを獲得していたというほど大人気なブランドになりました。

また1984年には、パパラッチが英国王室ご用達のオーストリアの高級リゾート地レヒにて、ダイアナ妃がノルディカブーツを使用している写真を撮影したことでも知名度を獲得しています。

最新カタログのダウンロードは公式HPから

ノルディカは世界中の選手、セレブにも愛されるスキーブーツの老舗ブランドです。スキーヤーであれば、ノルディカのスキーブーツは憧れのはずです。まずは、2018−19年の新作アイテムをチェックしてみましょう。

以下のURLの『2018-19 FW NORDICA SKI&SKIBOOT』をクリックすると、スマホからもパソコンからもチェックすることができます。

ノルディカ

スキーブーツの種類や選び方

スキーブーツにどのような種類があるかご存知ですか?お店で慌てないように先にチェックしておきましょう。

<スキーブーツの種類>

スキーブーツには主に3つの種類があります。

まずはレーシングブーツです。名前の通り、レース競技用に作られたブーツで、ハイスピードでも遠心力に耐えられるように非常に頑丈で硬いシェルが採用されています。

またスピードによる風摩擦に負けないように細身のものが多いですが、近年はワイドで履きやすいものも出ています。

次にフリースタイルブーツがあります。ハーフパイプやモーグルなどの競技選手が履いているブーツがイメージに近いでしょう。ジャンプの衝撃から足を守るためにクッション性に優れており、激しい動きに耐えられるように作られています。

最後はデモブーツです。レーシングブーツを改良して、操作性、快適性を追求したタイプで、快適性に優れています。どんな人でも、どんなコースでも滑りやすいことが特徴で、レジャーとしてスキーを楽しむ人におすすめできます。

<スキーブーツの選び方>

靴と同じで、サイズ選びが何よりも大切です。スキーブーツは寒さや衝撃に耐えられるように硬い作りになっているため、サイズ感が小さいと足が痛くなり、スキーを楽しむどころではなくなってしまいます。

気持ち大きめのサイズをおすすめししますが、大きすぎても滑りづらいものです。加えてブーツのソールの形などによっても痛みを感じることがあるので、大きさだけでなく自分の形にあっているかがとても大切です。実際に試着して購入するようにしましょう。

またシェルの硬さも重要で、硬いほど扱いが難しくります。シェルの硬さの値が初心者は100未満、中級者で100〜110、上級者が110〜を参考に選びましょう。

ノルディカのおすすめメンズスキーブーツ

[dell640]/[iStock / Getty Images Plus]/ゲッティイメージズ

ここからはノルディカのメンズスキーブーツをチェックしてみましょう。

2019年入門モデル。リアエントリーグランツアー

ノルディカ伝統のスキーブーツで、これからスキーをはじめるという人にぴったりのエントリーモデルです。快適で優しい履き心地が着実な上達をサポートしてくれます。ブーツの着脱が楽な作りになっているので、慣れていない方でも簡単です。

  • 商品名:ノルディカ リアエントリーグランツアー
  • 価格:39900円(税込)
  • 楽天:楽天で見る

2019年中級以上モデル。DOBERMANN GP 110

2015年にリリースされたDOBERMANN GPの最新モデルは、装いを一新しています。ターンの切り返しへの対応力が高いことなどから、世界中のレーサーに高い人気を誇ります。

カント調整ありアルペンモデル。NXT 50

こちらはアルペンオリジナルモデルで、フレックス80が採用された初級者向けです。フレックスの値はシェルの硬度を指し、シェル硬度が低いほど足の動きを制限しないため、初級者でもコントロールしやすいといわれています。

また軽量化がなされ、脹脛の調整機能、トウの防水加工もされており、どんな雪でも何も気にせずアクティブに滑走を楽しむことができます。

ノルディカのおすすめレディーススキーブーツ

[Ryan+McVay]/[Photodisc]/ゲッティイメージズ

続いてはレディースの紹介です。

2019年中級以上モデル。SPEEDMACHINE 95W

レディース向けとはいえ、とてもクールな印象のSPEEDMACHINE 95Wは中級〜上級者向けのモデルです。足の形状にマッチするライナーは、足とブーツの一体感を感じさせ、快適性も与えてくれます。

初心者向けモデル。NXT NXT 55 W

メンズの初級者向けモデルとして紹介した『NXT NXT 80』の女性向けモデルがこちらです。スペックは同様ですがアルペンオリジナルモデルで、女性にはうれしい軽量に作られています。フレックスは55となっており、男性モデルと比べると、さらに使いやすく初級者に優しいです。

ノルディカのおすすめジュニアスキーブーツ

[omgimages]/[iStock / Getty Images Plus]/ゲッティイメージズ

最後に子ども向けのスキーブーツも紹介します。

2019年大人気モデル。FIREARROW TEAM 2

ノルディカの技術を贅沢に投入したジュニア用スキーブーツの最新モデルが『FIREARROW TEAM 2』です。毎シーズン売り切れが続出する大人気モデルで、ホールド感はしっかりありつつも子どもが自分で脱ぎ履きできる利便性も人気の理由でしょう。

商品名:ノルディカ FIREARROW TEAM 2
価格:11000円(税込)
楽天:

2019年初心者向けモデル。LITTLE BELLE1

こちらは初めてゲレンデデビューという子どもにもぴったりで、柔らかさ、履きやすさ、履き心地がとても良いモデルでしょう。

年齢にかかわらずゲレンデデビューをサポートしてくれる『LITTLE BELLE1』はリーズナブルで、成長する子どものスキーブーツとしてはうれしい価格設定です。

商品名:ノルディカ LITTLE BELLE1
価格:10692円(税込)
楽天:楽天で見る

まとめ

スキーブーツの老舗人気ブランドのノルディカの歴史と、スキーブーツを選ぶ際のポイント、そしておすすめのスキーブーツをまとめて紹介しました。

ノルディカのスキーブーツはメンズだけでなくレディース、キッズ用もハイクオリティです。ぜひ家族みんなでノルディカを着用し、スキー上達に繋げてみてください。

この他にもスキー用ブーツについてまとめた記事があります。気になる方はチェックしてみて下さい。
選び方も重要!マッチするスキーブーツを様々な視点から紹介