宿泊して思いっきり楽しむのに最適!舞子スノーリゾート

「舞子スノーリゾート」のゲレンデには、初級者から上級者まで幅広く楽しめる26のコースがあり、大自然に囲まれた壮大なロケーションの中で存分にスキー・スノボを体験することができます。舞子スノーリゾートはゲレンデとリゾート施設が一緒に運営されているので、日帰りだけでなく宿泊して楽しみたいという人におすすめです。
この記事では舞子スノーリゾートの基本情報、コース、料金、アクセスなどについて詳しくご紹介していきます。

初級者向けから上級者向けまで豊富な全26コース!

舞子スノーリゾートのゲレンデは

・斜度の低いキッズ・ビギナー向けの舞子エリア(14コース)
・最長滑走距離6,000mのロングランが可能な中級者向けの長峰エリア(6コース)、
・自然の起伏を活かした上級者向けの奥添地エリア(8コース)

の計26コースによって構成されています。各クラス向けの主なコースは以下になります。

[初級]
パラダイスコース 全長760m 平均斜度 10°
キンダーコース 全長930m 平均斜度8°
イージーコース 全長300m 平均斜度7°
バンビコース 全長1,430m 平均斜度 7°
ファミリーコース 全長760m 平均斜度 10°
ロマンスコース 全長930m 平均斜度8°
そり専用コース 全長400m 平均斜度6°

[中級]
ドルフィンコース 全長1,370m 平均斜度 11°
ブロンズコース 全長500m 平均斜度14°
ゴールドコース 全長180m 平均斜度22°
シルバーコース 全長300m 平均斜度 21°
リーゼンコース 全長680m 平均斜度9°

[上級]
チャンピオンコース 全長170m 平均斜度 30°

舞子エリアにはキッズパークがあり、バナナボートやスノーレーサー、スノーモービルなどが楽しめて家族連れに大人気です。そり専用コースもあるので小さいお子さんも安心して楽しめます。長峰エリアはロングランコースが特徴で、初心者や中級者の練習に最適といえるでしょう。上級者向けの奥添地エリアでは、降雪時にパウダースノーの非圧雪エリアができあがるのも魅力のひとつです。

16時以降なら大人も子どもも500円で利用可能!

・リフト料金
[大人] 4,700円 / 1日
8,200円 / 2日
11,500円 / 3日
14,600円 / 4日
17,500円 / 5日
20,200円 / 6日
22,700円 / 7日
4,200円 / 5時間券

[シニア・中高生] 4,200円 / 1日
7,300円 / 2日
10,200円 / 3日
12,900円 / 4日
15,400円 / 5日
17,700円 / 6日
19,800円 / 7日
3,700円 / 5時間券

[小学生] 2,900円 / 1日
5,200円 / 2日
7,300円 / 3日
9,200円 / 4日
10,900円 / 5日
12,400円 / 6日
13,700円 / 7日
2,600円 / 5時間券

・ナイター券(16:00~クローズ)
500円

・サイクロ割(オープン~対象リフトクローズ)
2,200円

・リフト1回券(全リフト1回1枚)
400円

・ゴンドラ1回券(下り線無料)
[大人] 1,100円
[シニア・中高生] 800円
[小学生] 600円

レンタルOKだから手ぶらで来ても楽しめる!

舞子スノーリゾートのレンタルの特徴は「世界シェア70%以上のブランドが揃っている」ということです。他のスキー場ではなかなかここまでの品揃えはないといえるでしょう。好きな板、好きなウエアを選ぶだけでなく、時間内であれば何度でも交換ができるので、自分に最も適したものを見つけることができます。

大人から子どもまで幅広いサイズが用意されているので、ファミリーから団体客まですべての人が心行くまでスキー・スノボを楽しむことができます。

・レンタル料金
セット(スキー・ボード・ブーツ・ストック):
[大人]
3,800円 / 5時間
4.200円 / 1日
7,900円 / 2日
11,100円 / 3日

[55歳以上・中高生]
3,300円 / 5時間
3.700円 / 1日
6,900円 / 2日
9,600円 / 3日

[小学生]
2,200円 / 5時間
2,500円 / 1日
4,500円 / 2日
6,000円 / 3日

ウエアセット(スキー・ボード・ウエア):
[大人]
5,800円 / 5時間
6,500円 / 1日
12,500円 / 2日
18,000円 / 3日

[55歳以上・中高生]
5,300円 / 5時間
6,000円 / 1日
11,500円 / 2日
16,500円 / 3日

[小学生]
3,700円 / 5時間
4,000円 / 1日
7,500円 / 2日
10,500円 / 3日

ウエア:
[大人]
3,000円 / 5時間
3,500円 / 1日
6,800円 / 2日
9,900円 / 3日

[55歳以上・中高生]
2,800円 / 5時間
3,300円 / 1日
6,400円 / 2日
9,300円 / 3日

[小学生]
1,700円 / 5時間
2,000円 / 1日
3,800円 / 2日
5,400円 / 3日

ブーツ:
[大人]
1,900円 / 5時間
2,200円 / 1日
4,200円 / 2日
6,000円 / 3日

[55歳以上・中高生]
1,700円 / 5時間
2,000円 / 1日
3,800円 / 2日
5,400円 / 3日

[小学生]
1,000円 / 5時間
1,200円 / 1日
1,900円 / 2日
2,700円 / 3日

未就学児限定 デビューセット(スキー・ボード・ブーツ・ストック):
1,700円 / 5時間
2,000円 / 1日
3,800円 / 2日
5,400円 / 3日

・レンタルサイズ
[大人]
スキー:135~180cm
ボード:130~165cm
ウエア:3S~4L
スキーブーツ:22.5~31.5cm
ボードブーツ:22.5~31.5cm

[こども]
スキー:70~140cm
ボード:80~130cm
ウエア:90~160cm
スキーブーツ:15.5~24.5cm
ボードブーツ:15.5~24.5cm

・レンタルショップ
日帰りスキーセンター:8:00~17:00(平日)、7:30~17:00(土日祝)
舞子高原ホテル:8:30~20:00(平日)、8:00~20:00(土日祝)
舞子高原ロッジ:8:30〜17:00(平日)、8:00〜17:30(土日祝)
舞子パーキングセンター:8:30~19:00(平日)、8:00~20:00(土日祝)

ビギナーレッスンから検定までプロの指導が受けられる

【舞子スノースクール】
舞子スノースクールではキッズレッスンからエキスパートレッスン、検定や大会対応まで幅広いレッスンが受けられます。オールジャンル対応であり、現役アルペンレーサー、プロスノーボーダー、テレマーク指導員など、各種専門スタッフが基礎からしっかりと教えてくれます。ほかにもスノボードデビューの30分無料レッスン、障がい者向けプログラム、バッジ獲得を目指したプライベートレッスンなども用意されています。

営業時間:
2017年12月15日(金)~2018年4月8日(日)
受付時間:8:30~各レッスン開始30分前
レッスン時間:
[平日]
10:00~12:00
13:30~15:30

[土日祝・12/30~1/4]
9:30~11:30
11:00~13:00
13:15~15:15
14:00~16:00

料金:
はじめてレッスン:
・大人  4,500円
・子ども 3,500円
レギュラーレッスン:
4,000円(2時間)、7,000円(4時間)
ジュニアレッスン:
4,500円(2時間)、7,500円(4時間)
プライベートレッスン:
16,000円(2時間)、28,000円(4時間)
グループレッスン:
18,000円(2時間)、30,000円(4時間)

電話番号:025-783-4106(8:00~17:00)

舞子スノーリゾートの気になる口コミ情報

ゴンドラで山頂まで行ってもすべて初心者コースで滑ることもできるため、初心者にオススメ。コースを変えることで1日飽きずに楽しめる。
最長滑走距離約6000m。この6000mはおそらくすべて初心者コースを選択した場合の距離であると思われる。ゴンドラやリフトに乗る回数が減るのでリフトの乗り降りが苦手な初心者にはうれしい内容。ゆるーく、ながーく滑りたい方にオススメできる

出典:たっきんの株とFX奮闘記

コースやエリアが豊富なので、一日飽きることなく滑れるのが人気の理由のひとつになっているようです。また、初心者コースは滑走距離が長く設定されているので、じっくりと練習できる点やリフトの乗り降りの回数が減るという点も好感が持てますね。

舞子スノーリゾートというと、日帰り利用客も多く、混雑しているイメージも強かったですが、普通の平日は意識する程こんではいませんでした

出典:平日スノーボーダー

舞子スノーリゾートはもともと人気のスキー場なので、混雑を回避して伸び伸びと滑りたいときは平日を狙ったほうがよいかもしれません。

公式サイトからその日のゲレンデ情報をチェック

舞子スノーリゾートの公式サイトのトップページから、その日の天気、気温、積雪量、前日の降雪量、風速などが確認できます。公式のフェイスブックやツイッターからもその日のゲレンデ情報や写真が発信されているのでチェックしておきましょう。

舞子スノーリゾートのゲレンデ情報はこちら

首都圏からアクセスしやすい!無料シャトルバスも有り

[車でのアクセス]
塩沢石打ICからわずか1分で舞子スノーリゾートです。

練馬IC→塩沢石打IC(約120分)
新潟中央IC→塩沢石打IC(約80分)
沼田IC→塩沢石打IC(約30分)
八王子IC→塩沢石打IC(約140分)
海老名IC→塩沢石打IC(約150分)
宇都宮IC→塩沢石打IC(約120分)
水戸IC→塩沢石打IC(約150分)

[新幹線でのアクセス]
越後湯沢駅到着後に無料シャトルバスが利用できます。

東京駅→越後湯沢駅→無料シャトルバスで舞子スノーリゾートへ(約30分)
新潟駅→越後湯沢駅→無料シャトルバスで舞子スノーリゾートへ(約30分)

[駐車場情報]
利用可能台数 / 2,000台
料金 /
平日・日曜・祝日(特定日除く)は無料
土曜・特定日は1,000円

舞子スノーリゾートの住所・電話番号・営業時間

【基本情報】
住所:南魚沼市舞子2056-108
電話:025-783-4100
営業期間:2018年12月14日~2019年4月7日まで
営業時間:8:30~20:00(平日・土日祝日)
公式はこちら:舞子スノーリゾート

汗をかいた後は温泉で汗を流しましょう

舞子スノーリゾートの魅力はなんといっても、豊富でバラエティに富んだコースの数々です。初心者の練習にピッタリな長めのコースから、上級紙者向けの難関コースまで幅広く用意されていて、どんな人でも楽しめるゲレンデとなっています。また、首都圏からアクセスしやすいのも大きなメリットといえます。

「舞子温泉 飯士の湯」「スパ舞子温泉」といった温泉施設も充実しており、スキーやスノボを楽しんだあとに雪景色を見ながら温泉でのんびりと疲れを取ることもできます。
家族でも、ペアでも、ソロでも楽しめる舞子スノーリゾートにぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。