スキーブーツをゲンで選ぶならこれ。男女別アイテムからジュニアまで

体とスキー板を繋ぎ足元を固定させる役割のスキーブーツは、コントロールやレベルアップを図る上でもとても重要です。そんなスキーブーツの選び方と、人気のスキーブーツブランド『ゲン』のおすすめ商品を紹介します。

スキーブーツに関する豆知識

[FS-Stock]/[iStock / Getty Images Plus]/ゲッティイメージズ

スキー板、ストックと並んでスキーブーツ選びはパフォーマンス向上を図る上で大切です。まずはスキーブーツを選ぶ上で知っておくべきポイントを紹介します。

スキーブーツの種類

スキーブーツには主に3つの種類があり、それぞれ特徴がまったく異なります。

  • レーシングブーツ
    レース競技用に作られたブーツで、アイスバーンの雪山に適した作りとなっています。ハイスピードで滑走しても、遠心力に耐えられるように非常に頑丈で、硬いシェルが採用されていることが特徴です。またスピードによる風摩擦に負けないように細身のものが多いですが、近年はワイドで履きやすいものも出てきています。
  • フリースタイルブーツ
    ハーフパイプやモーグルなどの競技選手が履いているブーツです。ジャンプの着地をした際に、衝撃を吸収できるようにクッション性に優れていたりと、激しい動きをしても耐えられるように作られています。
  • デモブーツ
    最も多くのスキーヤーが履いているブーツというと分かりやすいでしょう。レーシングブーツを改良して、操作性、快適性を追求しており、どんな人でも、どんなコースでも滑りやすいことが特徴です。各メーカーからいろいろな種類が販売されています。

レジャーとしてスキーをする人にはデモブーツがマルチに対応することができるので、おすすめです。非常に快適性に優れているので、初級者でもスキーを楽しむことができます。

スキーブーツの選び方

スキーブーツの種類を見てきたところで、他にも選ぶ際のポイントがあるので覚えておきましょう。

まずは日常の靴と同じように、サイズ選びは大切です。日常で履いている靴よりも、寒さや衝撃に耐えられるように硬い作りになっているため、サイズ感が小さいととにかく足が痛くなってしまいます。逆に大きすぎるとブーツの中で足が動き滑りづらいのですが、気持ち大きめのサイズをおすすめします。

次にシェルの硬さも重要です。硬いブーツほど扱いが難しくなるので、シェルの硬さの値が初心者は100未満、中級者で100〜110、上級者が110〜を参考に選びましょう。

最後にインナー=ブーツの内側の硬さについてですが、こちらも上級者向けほど硬く、滑走の精度を高めることを追求しています。初心者の方は足が痛くなったり、疲れてしまう可能性があるので、負担のないものを選びましょう。

デザインは色々なものがでていますが、まずは紹介したような機能面でご自身に合うものを選ぶことが大切です。

ゲンのおすすめスキーブーツ メンズ編

[GordanD]/[iStock / Getty Images Plus]/ゲッティイメージズ

ここからは人気のスキーブーツブランド『ゲン』のメンズのおすすめスキーブーツから紹介します。

オールラウンド対応。BUMPS 8

BUMPSは極上のフィット感と最高の暖かさを追求し、どんなゲレンデコンディションでも、またコブ、グルーミングなどにも対応できるオールマイティーなモデルです。デザインは格好良く、クールな印象のアイテムで、レジャーとしてスキーを楽しむスキーヤー全般におすすめできます。

  • 商品名:ゲン BUMPS 8
  • 価格:29400円(税込)
  • 楽天:商品ページ

軽量。CARVE 5

スキーブーツはさまざまなメーカーから多くのモデルが出ていますが、ゲンのCARVEは初級者にも特におすすめできる超軽量、シェルの硬度も70と使いやすいモデルです。ソフトな履き心地と快適性を重視しています。

  • 商品名:ゲン CARVE 5
  • 価格:15800円(税込)
  • 楽天:商品ページ

フリースタイル。ELEMENT S-FIT

激しい動きにも耐えられるフリースタイルブーツで、コブ、キッカーなどに挑戦したり、モーグルなどの競技に挑戦される人におすすめなのがELEMENT S-FITです。

坂本豪大氏(元モーグルスキー選手で1996年W杯に日本人初出場、初優勝を遂げた)がプロデュースしたシグネチャーモデルで、どこでもスタイルを崩すことなく滑ることができます。

  • 商品名:ゲン ELEMENT S-FIT
  • 価格:52160円(税込)
  • 楽天:商品ページ

ゲンのおすすめスキーブーツ レディース編

[Steve+Mason]/[iStock / Getty Images Plus]/ゲッティイメージズ

続いて女性スキーヤーにおすすめのスキーブーツも紹介します。

女性らしいデザイン。SURE GRY WHT

デザインがおしゃれなSURE GRY WHTは、シェル硬度は70で初級者にぴったりではきやすさ、フックの調節のしやすさなど使いやすい作りを追求しています。白、グレーをベースカラーとしながらも濃いピンクをアクセントに使用しており、ゲレンデでも女性らしいファッションを楽しむことができます。

  • 商品名:ゲン SURE GRY WHT
  • 価格:25800円(税込)
  • 楽天:楽天で見る

快適。EASY CARVE CARVE 5

EASY CARVE CARVE 5は日本人の足に合うように設計されており、柔らかくてワイドな足入れに定評のあるモデルです。こちらもデザインは白とピンクで、可愛らしい雰囲気です。女性の初級者におすすめできる超軽量モデルなので、これからスキーデビューという人にもおすすめです。

  • 商品名:ゲン EASY CARVE CARVE 5
  • 価格:11600円(税込)
  • 楽天:商品ページ

保温性抜群。CARVE FLORA

体の末端が冷えやすいという女性は多いものです。そんな人におすすめなのがCARVE FLORAで、内側には保温性の高い生地が使用されており、柔らかく快適なことに加えて、しっかり足を温めてくれます。足元まで寒さ対策をしっかりして、ゲレンデを目一杯楽しみましょう。

ゲンのおすすめスキーブーツ ジュニア編

[omgimages]/[iStock / Getty Images Plus]/ゲッティイメージズ

最後に子ども用のゲンのおすすめスキーブーツを紹介します。子どもは成長するので「できればリーズナブルなものを買いたい」と考える人も多いでしょう。ゲンはお財布に優しい価格のスキーブーツを出しています。

低価格。FREE RIDE KIDS ROOKIE

先ほど紹介したレディース向けのCARVE FLORAにも採用されている、保温性の高い生地がFREE RIDE KIDS ROOKIEでも使われています。

またシーズン中しか使えないスキーブーツですが、2016-17モデルということもあり、とてもお得に購入することができます。デザインは黒ベースにピンク、赤の2カラーがあります。

  • 商品名:ゲン FREE RIDE KIDS ROOKIE
  • 価格:6400円(税込)
  • 楽天:

エントリー用。GROWHILL 10K

今シーズンから本格的にスキーデビューという子どもにおすすめなのがGROWHILL 10Kです。とにかく軽く、履きやすいように作られています。特別なスペックはありませんが、その分価格が抑えられています。

まだどのくらい続けていくか分からない子どもにはぴったりのブーツともいえるので、エントリーモデルにおすすめです。

  • 商品名:ゲン GROWHILL 10K
  • 価格:4990円(税込)
  • 楽天:楽天で見る

まとめ

スキーブーツを選ぶ際のポイントと、ゲンのメンズ、レディース、ジュニアそれぞれのおすすめスキーブーツを紹介しました。ぜひお気に入りの一足を見つけて、今シーズンもゲレンデを存分に楽しみましょう。

この他にもスキー用ブーツについてまとめた記事があります。気になる方はチェックしてみて下さい。
選び方も重要!マッチするスキーブーツを様々な視点から紹介