札幌国際スキー場周辺のホテル情報。温泉や料理が話題の旅館も紹介

札幌市内にある札幌国際スキー場はアクセスが良く、温泉街『定山渓』が近いので、スキーと温泉が同時に楽しめるスポットです。そこで、札幌国際スキー場の基本情報と近隣の人気温泉ホテル・旅館情報を紹介します。

北海道札幌国際スキー場の基本情報

出典:[ViewApart]/[iStock / Getty Images Plus]/ゲッティイメージズ

まず、札幌国際スキー場の場所やアクセス方法、リフト券の情報をまとめました。

所在地およびアクセス方法

札幌国際スキー場は、北海道札幌市南区に位置しています。北海道の中心である札幌市内にあることから、北海道内はもとより、道外からも多くスキー客が訪れています。札幌市内からのアクセスは、車またはバスの利用です。車で向かう場合は、国道230号線・定山渓ルートを経由して、約60分で到着します。バスの利用は、札幌駅から乗車し、所要時間は約90分です。小樽方面から札幌国際スキー場へ向かう場合は、車の利用が便利でしょう。小樽市内から国道5号線・小樽ルートを経由しすると、約40分で到着します。

リフト券やシーズン券の料金について

札幌国際スキー場のリフト券は、ICカードが採用されているのが大きな特徴です。すべてのリフト券購入時に、保証金として500円が別途必要です。

【リフト券】
[初滑り期間(11月16日~11月30日)] 4時間券:3,400円
1日券:3,600円

[スプリング期間(4月1日~5月6日)] 4時間券:3,400円
1日券:3,600円

[通常期間(12月1日~3月31日)] 4時間券:3,800円
1日券:4,500円

【シーズン券(新規)】
全日:
[一般] 70,000円
[シニア] 60,000円

平日:[一般] 45,000円

※シニア:55歳以上、グランドシニア:65歳以上、身分証明書提示要
※大学・専門学校生、中・高生は学生証提示要
※未就学児はICカードの保証金500円のみ要

スキー、スノーボード用品のレンタル料金

札幌国際スキー場では、スキー・スノーボード用品のレンタルも行っています。道内最大級というバラエティ豊かな品揃えで、サイズも豊富です。レンタルのスキー、スノーボード用品は、一般と12歳以下のジュニアでそれぞれ分かれています。板やブーツがセットになった一式のほか、単品でのレンタルも可能です。

ウェアのレンタルも行っており、一式のセットに加え、帽子やゴーグルなど単品のレンタルもあります。レンタル料金は、スキーまたはスノーボードセットが8時30分からのレンタルで5200円、12時30分以降のレンタルは4,200円と割安になります。

札幌国際スキー場近辺にあるおすすめホテル

出典:[Janoka82]/[iStock / Getty Images Plus]/ゲッティイメージズ

札幌国際スキー場は、温泉街として知られる定山渓から近い場所に位置しています。そのため、定山渓にある宿泊施設の利用が便利です。

巨大屋内プール完備。定山渓ビューホテル

札幌国際スキー場から定山渓レイクラインを約30分進んだところに、「定山渓ビューホテル」があります。こちらのホテルの細大の魅力は、道内最大級の屋内温水プール『水の王国・ラグーン』があることです。さまざまなアミューズメント施設やジャグジー、スパがあり、子どもから大人まで楽しめる施設です。

本館・新館で趣の異なる客室が用意されており、和室、洋室、和洋室など好みに合わせた部屋選びもできます。2種類のビュッフェレストランと会席料理を提供するレストランがあり、館内で多彩な食事を楽しめます。

【基本情報】
施設名:定山渓ビューホテル
住所:北海道札幌市南区定山渓温泉東2
電話番号:011-598-3223
公式はこちら:定山渓ビューホテル

露天風呂と豊富な内湯が魅力。ホテル鹿の湯

定山渓の開湯当時から湧き出ているという名湯『鹿の湯』を引くこちらのホテルは、渓流を眺めながらゆったりと入れる大浴場が自慢です。ジャグジーやミストサウナ、打たせ湯など内湯が豊富な点も特徴です。

客室は和室、和洋室から選択できます。いずれも余裕のある広さがあり、落ち着いた雰囲気のくつろげる空間です。

【基本情報】
施設名:ホテル鹿の湯
住所:北海道札幌市南区定山渓温泉西3-32
電話番号:011-598-2002
公式はこちら:ホテル鹿の湯

ゲレンデからバスで。定山渓第一寶亭留 翠山亭

札幌国際スキー場から公共交通機関でアクセスしやすい宿泊施設として挙げられるのが、『定山渓第一寶亭留 翠山亭』です。札幌国際スキー場発の『第一観光バス』に約30分乗車し、『第一ホテル前』バス停で下車したところに、翠山亭があります。

こちらのホテルは客室にこだわり、約半数の部屋に自家源泉を引いています。自分の部屋で時間を気にせず、ゆっくりと温泉を楽しめるのがポイントです。

【基本情報】
施設名:定山渓第一寶亭留 翠山亭
住所:北海道札幌市南区定山渓温泉西3-105
電話番号:011-598-2141
公式はこちら:定山渓第一寶亭留 翠山亭

札幌国際スキー場近隣で人気の旅館

出典:[Hiro1775]/[iStock / Getty Images Plus]/ゲッティイメージズ

札幌国際スキー場から近い温泉街・定山渓には、ホテル以外にも旅館が多く立地しています。多数の旅館の中でも、特に人気の旅館を紹介します。

料理人こだわりの逸品料理を満喫。厨翠山

温泉はもちろん、料理にこだわっている旅館が『厨翠山』です。会席料理や創作和食、薬膳料理など好みのスタイルから食事を選択でき、北海道産の最高の食材を使い、一流の料理人が腕をふるいます。ジャグジーやサウナを備えた大浴場、大自然に囲まれた離れの露天風呂など、温泉も十分に楽しめる宿です。

【基本情報】
施設名:厨翠山
住所:北海道札幌市南区定山渓温泉西3-4
電話番号:011-598-5555
公式はこちち:厨翠山

貸切岩盤浴に癒される。ぬくもりの宿 ふる川

『ぬくもりの宿 ふる川』の魅力は、古木に囲まれた展望大浴場です。宿の最上階で、定山渓の景色を眺めながらお湯につかれます。

こちらの旅館では、檜風呂の他、全3室ある岩盤浴も貸切で利用できるのがポイントです。茶香炉が香る室内で、リラックスして岩盤浴を楽しめます。

【基本情報】
施設名:ぬくもりの宿 ふる川
住所:北海道札幌市南区定山渓温泉西4-353
電話番号:011-598-2345
公式はこちら:ぬくもりの宿 ふる川

札幌国際スキー場の特徴や魅力

出典:[Jag_cz]/[iStock / Getty Images Plus]/ゲッティイメージズ

札幌国際スキー場の特徴と魅力は、アクセスしやすい立地だけではありません。スキー場で大きなポイントとなるゲレンデにも、魅力があります。

初級者から上級者まで楽しめるコース設計

札幌国際スキー場には、全7コースがあります。初級者向けには、なだらかで起伏のない最大斜度12度の『林間コース~メルヘンコース』がおすすめです。中級者には、斜度16~28度の4種類のコースが設計されています。上級者向けには、山頂から滑り降りる長さ2.2キロメートル、最大斜度30度の『ダウンヒルコース』があります。初級者から上級者まで楽しめるコース設計となっているので、子どもから大人まで、幅広い年代の人が滑れるスキー場といえるでしょう。

ワイドな斜面とパウダースノーの上を滑走

スキー場としての規模はさほど大きくはないものの、札幌国際スキー場のゲレンデはワイドで滑りやすく、積雪量も多いのがポイントです。北海道屈指といわれるほど雪質も良く、柔らかいパウダースノーは転んでも痛くないほどです。

まとめ

札幌国際スキー場は、札幌市内にある好立地のスキー場なので、アクセスが良いのが特徴です。温泉街である定山渓も近く、ホテルや旅館の宿泊も楽しめます。パウダーの良質な雪で滑りやすいゲレンデが整っているので、家族でのスキー旅行にも最適なスキー場といえるでしょう。