事前に天気チェックは必須!中級者も納得の花見山スキー場

鳥取県にある花見山スキー場は地方にありながら、雪質とロングコースが楽しめる西日本屈指のゲレンデ。リアルタイムの天気をチェックするためのライブカメラはありませんが Facebookなどで天候や積雪情報が更新されています。ここでは花見山スキー場について詳しく紹介していきます。

新雪の後が最高!上級者やボーダーも納得のゲレンデ

花見山スキー場はスキーヤーはもちろんボーダーの練習にも最適なゲレンデ。ボードパークも設けられているのでボード初心者の方でも安心です。 最長2,500mのロングコースも人気があります。

初級者コース
・ラビットコース・・・距離300m、平均斜度20度
幅広で滑りやすいコース。ボーダーの練習にも最適。

・ホワイトコース・・・初・中級、距離2,500m、平均斜度25度
ゲレンデ最長のダウンヒル。リフト1本で頂上までアクセス可能です。

中級者コース
・チャレンジコース・・・距離150m、平均斜度30度
新雪が降ったあとはパウダースノーが楽しめるコース。

・桑平コース・・・距離200m、平均斜度30度
ボードパークが設けられているコース。

上級者コース
・チャンピオンコース・・・距離600m、平均斜度35度
花見山スキー場で最も難易度が高いコース。上級者も納得の急斜面が続きます。

花見山スキー場のリフト料金を見てみよう

花見山スキー場のリフト料金は以下の通りです。スキーセンターで購入できます。リフトは第3ペアリフト、第4ペアリフトの2本。第3ペアリフト1本で山頂までアクセス可能です。

[大人] 4,000円 / 日
[ジュニア券(小学生)] 2,500円 / 日
[シニア(60歳以上)] 3,000円 / 日
[障がい者(高校生以上] 3,000円 / 日
[11回券] 3,500円
[1回券] 350円
[午前券(8:00~13:00)] 3,000円
[午後券(12:00~17:00)] 3,500円

1日券の他、10回分の料金で11回利用できる回数券や、午前券、午後券などがあります。中学生以上は大人と同じ料金です。

花見山スキー場のレンタルは一律料金のみ

花見山スキー場のレンタル料金は以下の通りです。料金は全て共通となっています。

[スキーレンタル]
ウェアスキーセット:7,000円 / 日
スキーセット:4,000円 / 日
スキー板:2,000円 / 日
スキーブーツ:2,000円 / 日
ストック:500円 / 日
ソリ:500円 / 日
子供用スキーセット:3,000円 / 日

[スノーボードレンタル]
ウェアボードセット:7,000円 / 日
ボードセット:4,000円 / 日
ボード板:3,000円 / 日
ボードブー:2,000円 / 日
ウェアセット:4,000円 / 日
上着:4,000円 / 日
ズボン:2,500円 / 日
子供用ボードセット:3,000円 / 日

週末は早めに到着したい花見山スキー場の駐車場

花見山スキー場の駐車場の収容台数は1,000台。全日駐車無料です。ただし、最寄り駅であるJR上石見駅から交通手段がないため、週末などは混雑する恐れがあります。週末や連休中は早めの到着をおすすめします。

花見山スキー場のどのような評価、口コミを受けている?

花見山スキー場の口コミ、評判をチェックしてみましょう。

コースマップを見る限りではペアリフト2本の小さなスキー場にしか思えません。ところが実はかなり滑りこたえのあるスキー場で最長滑走距離は2,500m。最大斜度も39度。今どきのスキー場ではありえないような急斜面を有しています。古いスキー場なのでこれらの数値はかなり緩めに表記してあるので実際の滑走感はもっと厳しく感じます。アクセスも最後1キロの登り坂がかなり厳しい道です。

出典:Happy go Lucky guy Ⅱ

花見山スキー場の公式サイトにも注意書きがありますが、最寄りの駅から交通手段がなく、車で行くしか手段はありません。ゲレンデまでの道路もしっかりとした雪道対策をしていく必要があるようです。

この花見山スキー場、規模はそんなに大きいわけではないのだが、なぜそんなにお気に入りなのか。いくつか理由がある。一つ目は岡山からの距離が近いこと。二つ目は土日に行ってもそんなに混んでいないこと。三つ目は中国地方のスキー場では最長(?)の滑走距離2,500mであること四つ目、実はこれ、私の中では結構重要で、リフトを一発乗るだけでその2,500滑走できるということ。

出典:ひろぺいんのブログ

滑走距離が長くリフト一本で山頂まで行けるということはリフトに乗っている時間が短く滑っている時間が長いということ。シーズンに何度もスキーを楽しむような方はこうしたポイントも評価の対象になるようです。また、週末に出かけてもそれほど混んでいないというのも嬉しいポイントと言えるでしょう。

花見山スキー場の天気はFacebookまたは公式サイトで

花見山スキー場にはリアルタイムの天気を知らせてくれるライブカメラの設置はありません。天気や積雪量、気温などは公式のFacebookで随時更新されています。
口コミなどにもあるように花見山スキー場までの道のりは本格的な雪道対策の装備が必要です。現地の天気は必ず事前に確認するようにしてください。

特産品やお土産を買うならココ!道の駅・にちなん日野川の郷

日南町の特産品であるトマトがたっぷり入ったカレーが食べられるレストランや、日南町産コシヒカリ、旬の野菜などが買える直売所のある道の駅。おみやげはここで購入するのがおすすめです。

【基本情報】道の駅・にちなん日野川の郷
住所:鳥取県日野郡日南町生山386番地
電話:0859-82-1707
営業期間:通年
営業時間:[直売所] 8:30〜18:00、[レストラン] 11:00~19:00、[ショップまるごととまと] 9:00〜18:00
アクセス:花見山スキー場から車で約25分。岡山自動車道、中国自動車道・新見ICから車で約1時間50分。
公式はこちら:道の駅・にちなん日野川の郷

花見山スキー場の基本情報はこちら

最後に花見山スキー場の基本情報をおさえておきましょう。

【基本情報】
住所:鳥取県日野郡日南町神戸上3804-10
電話:0859-83-0456
料金:
[大人] 4,000円 / 日
[ジュニア券(小学生)] 2,500円 / 日
[シニア(60歳以上)] 3,000円/ 日
[障がい者(高校生以上] 3,000円/ 日
[11回券] 3,500円
[1回券] 350円
[午前券(8:00~13:00)] 3,000円
[午後券(12:00~17:00)] 3,500円
営業期間:2018年12月29日~2019月03月上旬(未定)まで
営業時間:[平日、土日、祝日] 8:00~17:00
アクセス:[車] 中国自動車道、新見IC下車、[電車] JR岡山駅から伯備線で2時間、JR上石見駅からタクシー
公式はこちら:花見山スキー場

初級者だけではなく上・中級者も満足!混雑が少ない良質なゲレンデ

鳥取県の花見山スキー場はローカルなスキー場でありながら、コースの充実度や混雑の少なさで人気が高いスキー場です。中級者以上の方やボーダーでも楽しめる工夫がされているので、リピーターも多くなっています。なお、 降雪時はスキー場までの運転に雪道対策が必要ですので、天気や雪の量は事前に公式Facebookなどで確認するようにしましょう。