小さな子どもでもスキー場で楽しめる!キッズパーク特集

スキーやスノボができないという子どもも安心して楽しめるのが、「キッズパーク」です。一部のスキー場にある設備で、そりや雪遊びを楽しむことができます。ここでは、キッズパークのある代表的なスキー場を5か所紹介します。

ポケモンキャラが満載「水上高原スキーリゾート」

出典:pixabay

水上高原スキーリゾートでは「ポケモンふゆまつり」が開催されており、1~5歳専用の「ピカチュウ・キンダーガーデン」と、家族で遊べる「ポケモン・スノーパレット」の2種類のエリアが用意されています。

「ピカチュウ・キンダーガーデン」のおすすめは、ピカチュウ型のかわいいチュービングでゆっくり回る「ボーラーカルーセル」。その他にもかまくらやそりなどがあり、雪遊びのデビューにピッタリです。

4歳以上の子どもは「ピカチュウ・キンダーガーデン」で、ジップフィーやスノーレーサー、スノーチュービングなど楽しい乗り物がいっぱいです。1日で遊びきれない場合は、共通入場券の2日券もあります。また、ピカチュウのポンチョやスキー板のレンタルも行われており、スキーでもポケモンの世界が楽しめます。

【基本情報】
住所:群馬県利根郡みなかみ町藤原6152-1
電話:0278-75-2222
料金:
リフト券・シーズン券・アクティビティパスポートのいずれかを購入した方は無料
リフト通常料金
[3歳以上~未就学児]
・900円 / 1日券・半日券
[小学1~3年生]
・2,100円 / 1日券
・1,300円 / 半日券
[小学4~6年生]
・3,100円 / 1日券
・2,200円 / 半日券
[中学生]
・3,600円 / 1日券
・2,700円 / 半日券
[シニア(55歳~)]
・3,600円 / 1日券
・2,700円 / 半日券
[大人]
・4,200円 / 1日券
・3,200円 / 半日券
営業期間:ピカチュウ・キンダーガーテン 2018年12月20日~2019年4月7日まで(予定)
ポケモン・スノーパレット 2018年12月28日~2019年4月7日まで(予定)
営業時間: ピカチュウ・キンダーガーテン 9:00~16:00
ポケモン・スノーパレット
[土曜] 8:00~17:00
[日曜・祝日] 8:00~16:30
[平日] 8:30~16:30
アクセス:
[車] 水上ICから約30分
[電車] JR上毛高原駅から無料送迎バスあり、JR水上駅からタクシーに乗って約30分
公式はこちら: 水上高原スキーリゾート

日本最大級のキッズパーク「スキージャム勝山」

出典:pixabay

スキージャム勝山には、日本最大級の大きさを誇るキッズパーク「ビキッズパーク」があります。

51mと長いロングムービーベルトが2本もあるため、リフトに乗るのは怖くて嫌だというお子様も、安心して上ることができます。

また、子ども用のエリアとして、雪遊びエリア、ソリエリア、スノーボードエリア、スキーエリアがしっかり分かれていますので、それぞれ安心して遊べます。

雪遊びエリアでは福井県ではおなじみの恐竜をモチーフにしたモニュメントや、さまざまな遊び道具が無料貸し出しされているため、小さなお子様と一緒に家族で遊べます。

【基本情報】
住所:福井県勝山市170-70
電話:0779-87-6109
料金:500円 / 半日券、900円 / 1日券
営業期間:2018年12月15日~2019年4月7日
営業時間: 9:00~16:00(2月以降は16:30)
アクセス:
[車] 勝山ICから約20分
[電車] JR福井駅からバスに乗って約54分、JR勝山駅からバスに乗って約32分
公式はこちら:スキージャム勝山

雪のゆうえんちが誕生「アップかんなべ」

出典:pixabay

アップかんなべでは、「雪のゆうえんち」と題して、通常の遊園地も顔負けのアトラクションが充実しています。

浮き輪型のチューブに乗ってくるくる回る「雪のメリーゴーランド」や、空気で膨らませた「フワフワ滑り台」や「フワフワ機関車」のアトラクションは小さなお子さまにおすすめ。

また、1人用の雪上ゴーカート(身長140cm以上)や、バナナボートのような何人かでまたいで乗るスノーラフティングで、スピード感のある乗り物が楽しめます。

また、熱気球も乗れますので、地上だけではなく、空の散歩で雄大な自然を見渡すこともできますよ。

【基本情報】
住所:兵庫県豊岡市日高町栗栖野59-78
電話:0796-45-1545
料金:
エリアへの入場のみであれば無料、リフト券でも利用可能
リフト通常料金
【1日券】(8:30~16:40)
[中学生まで] 2,800円 / 1日券
[大人] 4,500円 / 1日券(平日は3,500円)
【半日券】
3,000円 / 半日券
【全日シーズン券】(終日利用可)
35,000円
営業期間:2018年12月30日~2019年3月
営業時間: 8:30~16:40
アクセス:
[車] 日高神鍋高原ICから約15分
[電車] JR江原駅から、神鍋高原行きのバスに乗って約25~35分
公式はこちら:アップかんなべ

夜でも遊べるキッズパーク「峰山高原リゾート」

出典:pixabay

「日本で一番新しいスキー場」(2019年1月現在)を掲げる峰山高原リゾートのキッズパークは、夜も営業している所が大きな特徴。交通渋滞などで遅くに着いてしまった場合などでも、ナイター照明の中で遊ぶことができます。

地域によってはふだん接することが少ない雪が多い場所で、さらにふだん遊ぶ時間帯ではない夜に遊ぶと、子どものテンションもマックスに跳ね上がることでしょう。

大きさも西日本最大級で、ふわふわとした材質でできた遊具やそりなど、子どもの雪遊びに欠かせないものが用意されており、まだ開設して2年目ですが、新たな遊びアイテムも続々と追加されています。

【基本情報】
住所:兵庫県神崎郡神河町上小田881-146
電話:0790-34-1900
料金:
リフト通常料金
【土日祝】
[小学生以上~中学生]
・3,000円 / 1日券
・2,500円 / 6時間券
・1,400円 / ナイター4時間券
[シニア(55歳以上)]
・3,000円 / 1日券
・2,500円 / 6時間券
・1,400円 / ナイター4時間券
[大人]
・4,500円/ 1日券
・3,500円 / 6時間券
・2,500円 / ナイター4時間券
【平日】
[小学生以上~中学生]
・2,500円 / 1日券
・2,000円 / 6時間券
・1,400円 / ナイター4時間券
[シニア(55歳以上)]
・2,500円 / 1日券
・2,000円 / 6時間券
・1,400円 / ナイター4時間券
[大人]
・3,500円 / 1日券
・3,000円 / 6時間券
・2,500円 / ナイター4時間券
営業期間:2018年12月20日~2019年3月中旬まで(予定)
営業時間:
[金曜・土曜] 9:00~20:00
[日曜] 9:00~18:00
[平日] 9:00~16:00
アクセス:
[車] 神崎南ICから約30分
[電車] JR寺前駅からタクシーに乗って約25分(シャトルバスもあり)
公式はこちら:峰山高原リゾート

アクティビティが充実「APPI ハッピースノーパーク」

出典:pixabay

安比高原スキー場にある「APPIハッピースノーパーク」は、アクティビティが充実しています。

NEWアクティビティエリアでは、エアボード(中学生以上が対象)、スノーレーサー、スノーストライダー(小学生未満が対象)などのさまざまな乗り物があり、子どものみならず大人も一緒に楽しめます。

その他にも、チュービングエリアではチュービングのためのコースを拡大、そり遊びエリアではプラスチック製のそりだけでなく、ジプフィーも楽しめます。

また、乗り物に乗れないという小さなお子さまにも雪遊びエリアがあり、プラスチック製のシャベルやバケツ、雪玉づくりの道具が自由に利用可能です。

【基本情報】
住所:岩手県八幡平市安比高原
電話:0195-73-5111
料金:[3歳以上] 1,000円
リフト券所有者は650円
リフト通常料金
【1日券】
[小学生~高校生] 3,600円 / 1日券
[シニア(60歳以上)] 4,200円 / 1日券
[大人] 5,900円 / 1日券
【5時間券】
[小学生~高校生] 3,000円 / 5時間券
[シニア(60歳以上)] 3,600円 / 5時間券
[大人] 5,300円 / 5時間券
【8時間券】
[小学生~高校生] 3,300円 / 8時間券
[シニア(60歳以上)] 3,900円 / 8時間券
[大人] 5,600円 / 8時間券
【2日券】
[小学生~高校生] 6,300円 / 2日券
[シニア(60歳以上)] 7,500円 / 2日券
[大人] 10,900円 / 1日券
【3日券】
[小学生~高校生] 9,300円 / 3日券
[シニア(60歳以上)] 11,100円 / 3日券
[大人] 16,200円 / 3日券
【回数券】
550円 / 1回券、5,500円 / 11回券
営業期間:2018年12月15日〜2019年3月31日まで
営業時間: 9:30〜16:00
アクセス:
[車] 安代ICまたは松尾八幡平ICから約20分
[電車] JR安比高原駅から、タクシーに乗って約5分
公式はこちら:APPI

大人も楽しめるキッズパーク

全国にあるキッズパークの中で特徴的なものを5ヵ所紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

スキーやスノボを始まるにはまだ早い、でも家族でスキー場に行きたい、または雪で遊ぶ楽しさを教えたいという親御さんにとって、キッズパークはピッタリの場所です。

また、子供向けとあなどるなかれ。大人でも楽しめるアクティビティもありますので、チェックしてみてください。