栂池高原スキー場のツアー情報。バスや新幹線からマイカープランまで

長野県小谷村にある『栂池高原スキー場』は、全国各地からスキー客が訪れるスキー場です。高い人気があるだけに、スキーツアーの種類も豊富。栂池高原スキー場で利用できる各種ツアーとバックカントリーツアーの情報をまとめました。

栂池高原スキー場の特徴や基本情報

[lafar]/[iStock / Getty Images Plus]/ゲッティイメージズ

栂池高原スキー場は、北アルプスの白馬エリア最大級のゲレンデを擁し、上級者向けの本格的な難関コースがあることで知られています。

ジャンプ台やクロスカントリーコースが常設されているこちらのスキー場の特徴、基本情報を見ていきましょう。

所在地とアクセス方法

栂池高原スキー場は、大規模で著名なスキー場を数多く擁する長野県小谷村に位置するスキー場です。マイカーで向かうには、複数の高速道路を利用してのアクセスとなります。

関東方面から車でアクセスするには、関越自動車道から『藤岡JC』で上信越自動車道に乗り換え、『長野IC』から国道19号線、白馬長野有料道路を進むと、約1時間30分で到着します。

東海・関西方面からは、中央自動車道から長野自動車道を経由し、『安曇野IC』より北アルプスパノラマロード(国道148号線)を約1時間30分進みます。

公共交通機関を利用してのアクセスは、電車とバスを併用します。長野新幹線のJR長野駅から特急バス長野・白馬線、またはJR中央本線・大糸線の南小谷駅より、路線バスに乗車します。

各バスの所要時間は、長野・白馬線が約1時間30分、路線バスが約25分です。

リフト利用料金

栂池高原スキー場のリフト券は、大人、小学生対象の子ども、60歳以上のシニアの3種類があります。

  • 回数券
    大人3200円、子ども2100円
  • 半日券(AM券:8~12時、PM券:12~17時まで有効)
    大人4100円、子ども2500円、シニア3100円
  • 1日券
    大人5100円、子ども3000円、シニア3700円
  • 2日券
    大人9000円、子ども5300円、シニア6000円
  • シーズン券(8~17時有効)
    大人55000円、子ども35000円、シニア50000円

シーズン券に限り、早い時期の購入で割引になる早割販売も行っています。

その他にも、エリア限定のビギナー1日券、ゲレンデ限定のナイター券なども販売されているので、用途に合わせたリフト券購入がしやすいでしょう。

バスで行く日帰りツアー

[OJO+Images ]/[OJO Images ]/ゲッティイメージズ

栂池高原スキー場へは、バスを利用した日帰りツアーが便利です。東京都内の他、東海・関西地方出発のバスツアーも販売されています。※2018-19シーズンの情報が未発表の場合は、17-18シーズンの情報となっています。

新宿発、夜行日帰り。トラベルイン

新宿から夜行バスで出発し、翌6時15分に栂池高原スキー場に到着するツアーです。夕方に現地出発するまで約10時間スキーをたっぷり楽しめます。

栂池リフト・ゴンドラ共通券がツアー代金に含まれており、500円の追加料金でスキー用品レンタルが利用できます。

トラベルイン

名古屋発、夜行日帰り。オリオンツアー

オリオンツアーの栂池高原スキー場日帰りツアーは、リフト・ゴンドラ1日券付きのAプラン、Aプランにレンタルが付いたBプランの2種類から選択できます。

名鉄バスセンター発の夜行バスを利用し、翌朝6時40分に栂池高原スキー場に到着、スキー場駐車場から出発する15時30分まで滞在可能です。

オリオンツアー

関東、東海、関西発。トラベックスツアーズ

トラベックスツアーズは、関東・東海・関西の各地方発の栂池高原スキー場行き日帰りバスツアーを販売しています。いずれのツアーも夜行バス利用となり、リフト券付きのAプラン、リフト券とレンタル付きのBプランからの選択となります。

トラベックスツアーズ(東京発)

トラベックスツアーズ(名古屋発)

トラベックスツアーズ(関西発)

バスや新幹線、マイカーで行く宿泊付きツアー

[SerrNovik]/[iStock / Getty Images Plus]/ゲッティイメージズ

現地に宿泊してのスキー旅行は、時間にも余裕ができるので、長い時間スキーを楽しめます。旅行会社で販売している栂池高原スキー場行きのツアーには、交通+宿泊のツアーやマイカー利用向けの宿泊プランが揃っています。※2018-19シーズンの情報が未発表の場合は、17-18シーズンの情報となっています。

新宿発、泊まる日数が選べる。トラベルイン

トラベルインでは、1~3泊までのバスツアーを販売しています。往路のバスは朝発・夜発の選択ができ、宿泊先はゲレンデから徒歩5分以内の施設なので、利便性も抜群です。

すべてのツアーにリフト券とレンタルが付いているので、何かと荷物が増えがちな泊まりがけのスキー旅行でも、荷物を少なくすることができるでしょう。

トラベルイン

東京、東海、関西、四国発。オリオンツアー

バスと宿泊がセットになったツアーでは、新宿、町田、横浜、大宮の4カ所から出発地を選べます。新宿発のみ、朝出発のバスも利用可能です。

オリオンツアー

東京発、新幹線利用。トラベックスツアーズ

トラベックスツアーズでは、東京発のみ新幹線利用のツアーを販売しています。

全10カ所から希望のホテルを指定できる『トラベックスセレクション』に加え、ホテルをおまかせにすることで格安で宿泊できる『バリューチョイスプラン』も利用できます。

各プラン1泊プランと2泊プランがあり、さらに滞在中のリフト券付きのAプラン、300円プラスでリフト券とレンタル付きになるBプランから選択できます。

マイカー利用者向けには、宿泊施設にリフト券、リフト券とレンタルがセットになった宿泊プランがあります。

トラベックスツアーズ

栂池高原スキー場のバックカントリーツアー

[WDnet]/[iStock / Getty Images Plus]/ゲッティイメージズ

ゲレンデを滑るスキーとはまた違う冬山の楽しみ方の1つに、『バックカントリースキー』があります。

真冬の山の大自然を肌で感じながら滑れるバックカントリーについての特徴、栂池高原スキー場でのバックカントリーツアーについて詳しく紹介します。

バックカントリーの特徴と魅力

バックカントリーと聞くと、単純にコース外を滑ることと思われることが多いかもしれませんが、バックカントリーとは、自然そのままの山を滑ることを指します。

コースとして整備されていない場所を滑ることは確かですが、一般的にバックカントリーが行われるのは、国立公園に指定されている地域です。

バックカントリーはただ滑り降りるのではなく、山を登るところからスタートします。バックカントリーを行うエリアは整備されていない場所なので、リフトがない所がほとんどだからです。

自分の足で山頂まで登ることで得られる達成感や、良質なパウダースノーを楽しめること、手付かずの自然の中で、澄んだ空気の中を爽快に滑降できるのが、バックカントリーの大きな特徴であり魅力です。

バックカントリーのツアー情報その1

栂池高原スキー場では、バックカントリーツアーを行っています。昨シーズンは1~4月上旬の期間中、地元ガイドによるツアーを開催しています。

栂池高原スキー場でのバックカントリーツアーは3・4月のみの開催でしたが、ゴンドラとロープウェイで標高1900mまで登り、さらにハイクアップしてから、北アルプスの絶景を望みながらの滑走を楽しめます。

バックカントリーツアー情報は、下記サイトを参照してください(情報は2017年度のもの)。

信州小谷村観光情報

バックカントリーのツアー情報その2

バックカントリーガイド『BC Caravan』では、栂池高原スキー場を含む白馬エリアでのバックカントリーツアーを行なっています。

『栂池・南小谷バックカントリー』は栂池高原から白馬乗鞍スキー場へ滑ることもでき、標高が低いところの積雪も多いことから、バックカントリー初級者にもおすすめのエリアです。

バックカントリー装備レンタル無料、山中行動4時間の『白馬バックカントリー体験ガイド』は装備の使い方や歩き方や地形の読み方などのレクチャーがある、バックカントリー未経験・初級者向けガイドツアーです。

バックカントリー経験者なら、山中行動5時間の『バックカントリー1dayガイド』で、栂池高原でのバックカントリーを楽しめます。

BC Caravan

まとめ

高い人気を誇る栂池高原スキー場は、利用できるスキーツアーの種類が多く、バックカントリーツアーも楽しめるスポットです。今シーズンのスキー旅行先に、検討してみてはいかがでしょうか。