世界遺産で爽快に!ライブカメラでチェックして「たいらスキー場」へ

全国各地からスキーやモーグルの選手が集まる「たいらスキー場」は、世界遺産五箇山に近い豪雪地帯にあります。そのため、雪不足や雪質で悩まされることは少なく、また、競技用コースなどが設置されているので、コンパクトであっても中級者〜上級者までの人が楽しめるゲレンデが特徴です。

エキスパート向きコンパクトで多彩なたいらスキー場のコース

富山県高校総体や富山県民大会の開催地として、スキーの競技会場にもなる「たいらスキー場」。
近年では、フリースタイルスキーでモーグル種目の滑走にも使用され、ダイナミックな滑りを目指すスキーヤーが集まってきます。キッズパークもあるのでファミリーでもOK。コース数は全部で5本とコンパクトですが、競技会で使用されるコースもあるため、ゲレンデクオリティは高めと言えるでしょう。
たいらスキー場のコースを紹介します。

初級者向け
・エンジョイコース 
[距離] 300m 
[平均斜度] 20度
たいらスキー場では唯一の緩やかなコースで、ビギナーや初級者の練習が可能です。第2ロマンスリフト沿いにあり、滑走しやすいゲレンデですが、スカイラインコースと合流するので中斜面とも言えます。

中級者向け
・セントラルコース 
[距離] 500m 
[平均斜度] 23度
ゲレンデ最上部から滑走できるコース。整ったコースでとても滑りやすく、上級者の足慣らしにもぴったりです。

上級者向け
・ダイナミックコース 
[距離] 600m 
[平均斜度] 30度
競技会でも使用されるコースになっており、たいらスキー場の最大斜度を誇る難易度の高いコースです。ゲレンデ中盤まではコブ斜面、中盤からはフラットバーンになっています。ダイナミックコースの横に、モーグルバーンがあります。
・スカイラインコース(上部)約2,000m 平均斜度28度
たいらスキー場にあるロング&難易度高めのテクニカル必須のコースです。
・スカイラインコース(迂回部)約500m 平均斜度28度
傾斜はスカイライン上部と同じ程度ですが、コース幅が広くピステンが入ったゲレンデになっています。

リーズナブルなリフト料金のたいらスキー場でテクニカルアップ

豪雪地帯にあるたいらスキー場は、コスパの良いリフト料金もリピーターを集めるポイントです。
たいらスキー場のリーズナブルなリフト料金を紹介します。

料金
[大人]
・3,000円 / 日
・2,000円 / 半日
・2,000円 / 5時間
[子ども(中学生以下)]
・2,500円 / 日
・1,500円 / 半日
・1,500円 / 5時間
[シニア(60歳以上)]
・2,500円 / 日
・1,500円 / 半日
・1,500円 / 5時間

ナイター券
[大人] 2,000円 / 日
[子ども(中学生以下)] 1,000円 / 日
[シニア(60歳以上)] 1,000円 / 日

シーズン券
[大人] 23,000円
[子ども(中学生以下)] 14,000円
[シニア(60歳以上)] 20,000円

ラインナップ豊富なたいらスキー場のレンタル

たいらスキー場には、ブランドスキー商品やエキスパート用など、ラインナップも豊富。スキーセットやスノーボードセット、ウェアや単品でののレンタル料金は以下の通りです。

・一般レンタル商品の料金 ※1日レンタルの場合
スキーセット 2,500円
スキー板 1,500円
スキーブーツ 1,000円
ストック 500円
スノーボードセット 3,000円
スノーボード 2,000円
ブーツ 2,000円
ウェア上下セット 2,000円
ウェア上着のみ 1,500円
ウェアズボンのみ 1,000円
グローブ 1,000円
ゴーグル 500円
そり(小型) 300円、(大型) 500円

たいらスキー場はリピーターにもうれしい!無料駐車場

約650台収容可能な無料駐車場があるたいらスキー場は、トンネル出口から約300mとアクセスも良く、スキーヤーやスノーボーダーが集まります。
駐車スペースからセンターハウスやロッジまでの距離も少なく、お子さま連れでも移動しやすいスキー場です。

温かいゲレ食が揃うレストラン「たいらスキー場」のおすすめ食堂

メープル

センターハウスにある「メープル」は、たいらスキー場のレストランです。
レンタルやスクールも同じ施設にあり、ログハウス風な建物でゆっくりとくつろげます。ゲレ食定番の「カレー」や「カツカレー」、「うどん」や「中華そば」など、温かくてゲレンデにぴったりのリーズナブルなメニューが揃っています。
たいらスキー場では、センターハウス以外にもロッジが数件あります。レストランはセンターハウスのみになるので、限られた座席のためにもランチタイムはお早めに!

【基本情報】食堂「メープル」
住所:富山県南砺市梨谷(センターハウス内)
電話:(0763)66-2873
営業期間:2018年12月~2019年3月
営業時間:8:30~17:00
公式はこちら:たいらスキー場

 

口コミでも高評価!エキスパート向けのたいらスキー場の魅力とは

五箇山の「たいらスキー場」へ。
U谷センタ長からのお薦めのスキー場。
ほぼ中級~上級コースの斜度の高いタイプのスキー場でしたね。
来週はモーグルの全日本フリースタイル選手権が開かれるそうです。
3月下旬とは言え、まだまだ雪深い五箇山周辺です。
スキー場はガラッガラでしたね。
地元のスキー教室の子供達が片足だけスキーを履いてシュンシュン滑ってました。
5時間リフト券で2,000円ってのが嬉しいリーズナブルなスキー場。
噂どおり広くて空いてて練習しやすかったっす。

スキーを始めてちょうど2ヶ月。
老体にムチを打って頑張ってきましたが、どうやらそろそろ指導が必要。
出典:DSこらむ

競技会やテストに使われるスキー場なので、やはりスキルアップには最高のレッスン場と言えるかもしれません。キッズパークも新設されたので、ファミリーでも楽しめます。テクニックを磨きたい、突き詰めた練習がしたいというスキーヤーやスノーボーダーにもおすすめのスキー場です。

お出かけ前に!たいらスキー場のライブカメラでゲレンデチェック

天気やゲレンデコンディションは、スキーやスノーボードを楽しむための大きなポイントです。
たいらスキー場では、公式サイトにライブカメラが表示されているので、お出かけ前に当日のゲレンデの状態や天気をチェックできます。
以下のURLから確認してみてください。

公式サイトトップページはこちら
ライブカメラ掲載ページはこちら

 

たいらスキー場で滑走した後におすすめな癒しのスポット

世界遺産のあるたいらスキー場は、魅力のある観光地の中にあるスノーリゾートです。といっても、滑走し続けた疲れを癒すには「日帰り温泉」がおすすめ!スキーやスノーボードの後に立ち寄ってみませんか。

【基本情報】氷見温泉郷 総湯
住所:富山県富山県氷見市北大町26-78
電話:0766-74-2611
料金:
[大人] 600円
[子ども] 300円
[幼児] 100円
営業期間:通年
営業時間:10:00~23:00
※朝風呂は土日祝のみ7:00~
アクセス:JR線「氷見駅」からタクシー利用で約5分、「氷見I.C.」から車で約8分
公式はこちら:ひみ番屋街

 

積雪にこだわらずに楽しめるたいらスキー場の基本情報

たいらスキー場の基本情報は以下の通りです。

【基本情報】
住所:富山県南砺市梨谷
電話:0763-66-2911
料金:
[大人] 3,000円 / 日
[子ども(中学生以下)] 2,500円 / 日
[シニア(60歳以上)] 2,500円 / 日
営業期間:2018年12月~2019年3月
営業時間:8:30~17:00
アクセス:
[車] 東海北陸道「福光I.C.」から国道304号経由で車で約20分
[鉄道] JR線「城端駅」からバスで約20分
公式はこちら:たいらスキー場

エキスパートを目指すプレーヤーにおすすめのたいらスキー場

コース数は5本とコンパクトに見えるスキー場でも、高校総体や中学選手権など競技会が開かれるほどのコースクオリティの高いたいらスキー場。キッズゲレンデもありますが、中級者や上級者が満足した練習ができる魅力的なゲレンデが特徴です。雪不足で悩むときにも、豪雪地帯ならではのたいらスキー場のメリットがあるので、ぜひライブカメラでチェックして出かけてみませんか。