スキーのトリックを増やす!スイッチの練習方法や成功させるコツを知ろう

あなたはどちらに興味がありますか?

View Results

Loading ... Loading ...

スイッチはスキーで有名なトリックのひとつです。スキー初心者の中には、実際にスイッチで滑れるようになりたいと思っている方もいるでしょう。また、スキー中級者の中にはスイッチの精度を高めたいという方もいます。そこで、今回はスイッチの練習方法やマスターするためのコツなどをご紹介します。

スキーのトリック「スイッチ」について知ろう

出典:Pixabay

スキーのスイッチとは、後ろ向きで滑るトリックです。通常、スキーを滑る際は、身体の前方が進行方向に向いています。しかし、スイッチで滑る際は背中が進行方向に向いている状態になります。

ちなみに、後ろ向きで滑っている状態をスイッチスタンスと呼ぶこともあります。スイッチを習得すれば、挑戦できるトリックの種類が増えるので、スキー初心者の中には積極的に挑戦する人も少なくありません。

早速、スイッチについて詳しくご紹介していきますので、習得したい人は是非チェックして下さい。

スイッチとフェーキーは何が違うの?

出典:Pixabay

スイッチと類似した技に、フェーキーがあります。スキー初心者の中には、スイッチとフェーキーの違いがわからない方もいるのではないでしょうか。

基本的にスイッチとフェーキーは同じ技なので、大きな違いはありません。しかし、後ろ向きで滑る技だけでなく、ほかのトリックの中にもスイッチと呼ばれるものがあるため、しっかりと区別をするために、フェーキーと呼ぶスキー中級者もいます。

基本的にスイッチもフェーキーも同じ技になりますので、大きな違いがないことは覚えておくといいでしょう。

スキー初心者が知っておきたいスイッチのやり方

出典:Pixabay

スキー初心者の中にはスイッチのやり方をまったく知らない方もいるでしょう。やり方を大まかに掴むために、動画を活用してみてはいかがでしょうか。スキー初心者におすすめしたい動画は下記になります。この動画の注目すべきポイントは、スイッチスタンスで滑っているだけでなく、ターンを描いて滑っていることです。また、ターンをする際の目線の切り返しに関しても詳しく解説していますので、是非視聴してみて下さい。

次にスイッチの練習をする時のSTEPをご紹介します。STEPは3つあります。

STEP1:通常滑走で滑る
傾斜途中まで滑ると良い
STEP2:ターンをして後ろ向きへ
バランスを取るようにする
STEP3:スイッチスタンスで滑る
逆ハの字で滑ると良い

地上や緩やかな傾斜でスイッチを練習しよう

基本的に地上でできるスイッチの練習方法はありません。そのため、ストレッチや筋肉トレーニングといった基本的なこと以外はゲレンデで練習をしてスイッチを習得することになります。

緩やかな斜面でできるスイッチ練習方法は、実際にスイッチスタンスで滑ってみることです。スイッチスタンスで何回も滑ることで、バランスの取り方などを把握できるようになるでしょう。

スイッチをマスターする際のコツや注意点を知る

スイッチをマスターする際のコツは、前傾姿勢を保つことです。スイッチは後ろ向きで滑る技になりますが、後ろ向きであっても姿勢は前傾姿勢が好ましいとされています。そのため、身体が後ろに反ってしまわないようにするといいでしょう。また、外足に重心をかけることによって滑りが安定しますので、その点もコツとなります。

スイッチで滑る際の注意点は、滑る前に障害物がないかを確認することです。スイッチスタンスは後ろ向きで滑ることになりますので、特にスキー初心者は滑っている最中に障害物を確認することが難しくなります。そのため、事前に障害物を確認してからスイッチの練習を始めるようにしましょう。

スキー中級者におすすめの動画!視聴してスイッチの精度を高めよう

出典:Pixabay

スキー中級者の中にはすでにスイッチをマスターしている方も少なくないでしょう。そのため、スイッチの基本だけでなく、さらに精度を上げて難易度の高い技に挑戦していきたいという方もいるのではないでしょうか。そのような中級者におすすめできる動画が下記です。

こちらの動画はスイッチだけでなく、キッカーでスピンもしていますので、その点に注目してご覧下さい。

スイッチの精度を上げる上達ポイント

出典:Pixabay

スイッチの精度を高めるためには、傾斜を上げていくことが大切です。傾斜を上げればスイッチスタンスで速く滑ることができるので、スイッチスタンスの精度を高めることができます。また、ある程度スイッチスタンスに慣れることができたら、ターンをしながら滑ることでさらに精度の高いスイッチを習得することができるのではないでしょうか。

しかし、傾斜を上げればスピードが速くなるため、怪我のリスクも高まります。そのため、まずは傾斜が緩やかなところでしっかりと練習してから傾斜を上げるようにして下さい。

まとめ

出典:Pixabay

スイッチは後ろ向きに滑ることになりますので、スキー初心者の多くが恐怖心を抱いてしまう技です。そのため、はじめは傾斜の緩やかなコースで滑ることをおすすめします。そして、恐怖心が少なくなったら、傾斜を徐々に上げてスイッチスタンスで速く滑れるように練習しましょう。