奥伊吹スキー場のクーポン情報。リフト券をお得に購入するコツを紹介

奥伊吹スキー場は滋賀県米原市にある関西最大級規模のスキー場です。関西各地からのアクセスも良く、人気な奥伊吹スキー場をお得に利用できるクーポン情報や割引特典をまとめて紹介します。

奥伊吹スキー場の特徴や基本情報

[Kesu01]/[iStock / Getty Images Plus]/ゲッティイメージズ

まずは奥伊吹スキー場の基本情報をチェックしておきましょう。

極上パウダースノーと多彩な12コースを満喫

奥伊吹スキー場の魅力は何といっても関西ではなかなか体験できないパウダースノーです。標高が高いこともあり、積雪量は記録世界一の11m82cmと世界記録も獲得しています。スキーヤーなら未圧雪で残されたパウダーコースを、ぜひ一度体感してみてください。

ゲレンデには全12コースあり、初級者向けの緩やかで幅の広いコースから最大斜度46度という上級者向けのニューチャレンジコースまで、バラエティ豊かなコースも奥伊吹スキー場の特徴です。

所在地とアクセス方法

奥伊吹スキー場への具体的なアクセス方法をチェックしてみましょう。所在地は『〒521-0301 滋賀県米原市甲津原奥伊吹』です。

<車の場合>
関西方面からは名神高速道路の『米原IC』で降り、国道21号線を30分ほど進むと奥伊吹スキー場に到着します。

名古屋方面からは名神高速道路の『関ヶ原IC』の方が近く、そこから国道365号線を30分ほどです。

北陸方面からのアクセスは北陸自動車道『長浜IC』を降りて、国道365号線を30分ほど進めば到着します。

駐車場は最大2700台収容でき、駐車場料金は普通車は平日500円、休日1000円です。ただし、駐車場の場所によってはゲレンデから少し離れてしまいます。その場合は無料シャトルバスを利用しましょう。

<公共交通機関の場合>
最寄駅はJR『近江長岡』駅、JR『米原』駅にです。事前に予約しておけば、それぞれの駅から発着している片道1000円の直行シャトルバスを利用することができます。

往復ともに1日3本の運行になるので時間をチェックして予約しておきましょう。ただし、毎日運行しているわけではないので、注意が必要です。

運行していない日は少し面倒ですが、JR『近江長岡』駅から路線バス(湖国バス)で終点の『甲津原』まで移動し、そこから予約制の無料シャトルバスで奥伊吹スキー場にアクセスすることができます。

他にも各バス会社が大阪、京都、名古屋など主要都市からのバスツアーを出しています。まだ2018-19年の情報は未公開ですが、随時チェックしてみてください。

  • なんば、新大阪発
    • 料金:6900〜9800円(往復バス+1日リフト券付き)
    • 運営会社:LIMON
    • 公式HP
  •  大阪、京都発
    • 料金:現時点では不明(2018年12月頃に公開予定)
    • 運営会社:オリオンツアー
    • 公式HP
  •  名古屋発
    • 料金:現時点では不明
    • 運営会社:オリオンツアー
    • 公式HP

リフト券の料金

リフト券の料金は以下で、子ども料金は小学生まで、シニア料金は60歳以上が対象です。

  • 1日券
    平日:大人4000円、中学生3500円、子ども3000円、シニア3500円
    休日:大人4500円、中学生3500円、子ども3000円、シニア3500円
    ※子どもが複数の場合、2人目は2000円、3〜5人目は1000円
  • 午後券(11:30〜販売)
    平日:大人3000円、中学生2500円、子ども2000円
    休日:大人3500円、中学生2500円、子ども2000円
    ※子どもが複数の場合、2〜5人目は1000円
  • 回数券(9回分)
    2500円
  • 1回券
    300円
  • ちびっこゲレンデ(1日券または午後券を購入すれば無料)&トンネル付き動く歩道
    1000円

特定の日に利用できる割引クーポン情報

[7maru]/[iStock / Getty Images Plus]/ゲッティイメージズ

奥伊吹スキー場では様々なイベントデーがあります。イベントデーは普段よりもお得に利用できるので、予定が合えばぜひ利用してみてください。

レディースDAY、イケメンDAY

レディースDAYは女性限定、イケメンDAYは男性限定で1日リフト券がなんと半額の2000円です。それだけではなく、スキースクールのレギュラーレッスンも半額で受けられるようです。

2018-19シーズンの情報はまだ未発表ですが、昨年は各4日程ずつで12〜3月まで月1回ペースで開催されていたので要チェックです。

カップルDAY、ジュニア、シニア感謝ウィーク

まだまだイベントデーはあります。

まずはカップルDAYです。カップルで行く場合はレディースDAYまたはイケメンDAYは1人しか対象になりませんが、カップルDAYは男女ペアで1日リフト券が4000円(1人2000円)、つまり半額です。

ちなみに、チケット売場の前で初めて会ってペアになるのもOKだそうです。新しい出会いもあるかもしれません。カップルDAYは昨年度は2、3月にそれぞれ1回ずつの開催でした。

家族づれで行く方は出費を少しでも抑えたいと思います。そんな人に嬉しいのが、ジュニア・シニア感謝ウィークです。高校生以下と60歳以上の人を対象に、1日リフト券を2000円で購入することができます。

ジュニア・シニア感謝ウィークは昨年度は3月の1週間でした。春休みの思い出作りにぴったりです。

奥伊吹スキースノボの日、高校生半額DAY

奥伊吹スキースノボの日は、なんと誰でもリフト1日券を2000円で購入できてしまいます。さらに、この日もレギュラーレッスンが無料で受けられる特典付きです。

また高校入試の日、つまり高校が休みの日を高校生半額DAYとしてリフト1日券、レギュラーレッスンが半額となるイベントデーを2日間開催しています。シーズンが近づいたら、公式ホームページ等でチェックしてみてください。

その他の割引サービスおよびクーポン情報

[Sneksy]/[iStock / Getty Images Plus]/ゲッティイメージズ

イベントデーは平日に開催されることが多いです。平日は仕事や学校で行けないという人でも利用できるお得情報を紹介します。

子ども3人目からリフト1日券が1000円に

上記の『リフト券の料金』で注意書きをしましたが、子どもがたくさんいる家庭に朗報です。

もしくは友達の家族とグループで行かれる場合も含めて、リフト1日券の通常の子ども料金は3000円ですが、子どもが2人目のは2000円、3〜5人目は1000円です。なお5人目をこえると1人目からカウントし直しです。

午後券についても割引があり、午後券の通常の子ども料金は2500円ですが、2〜5人目は1000円です。

スノーバーズクラブ会員特典について

シーズン中、各地のスキー場に行くスキーヤーにはお得なのがスノーバーズクラブです。スノーバーズクラブとは、ここに加盟しているスキー場をお得に利用できるものです。

奥伊吹スキー場もスノーバーズクラブに加盟しているので、スノーバーズクラブ加盟のスキー場どこかでシーズン券を購入するとスノーバーズ会員になることができます。すると、加盟スキー場どこでも1日リフト券が半額に、同伴者にも割引が適用されるといった特典があります。

詳細は以下のホームページで確認してみてください。
スノーバーズクラブ|SNOWBIRDS CLUB

シーズン券購入時のお得な割引特典

[monstArrr_]/[iStock / Getty Images Plus]/ゲッティイメージズ

シーズン券(大人30000〜45000円、中学生30000円、子ども20000円、シニア35000円)の購入すると、シーズン中を通して受けれる嬉しい特典があります。

プラスワンサービスと駐車料金無料について

購入者が利用しない日にあらかじめ登録すると、家族や友人などもう1人がシーズン券を利用することができます。とても嬉しいサービスですが、一緒に行って使用することはできないので、注意しましょう。

なお、大人のシーズン券は『平日のみ券』『全日券』『1〜2月券』がありますが、この特典は全日券と1〜2月券を購入した場合のみ適用されます。

レンタルアイテム割引について

レンタルセットも500円引で利用することができます。単品アイテムのレンタルは適用外なので、スキーorスノーボードフルセット(ウェア付き)、スキーorスノーボードセット(ウェアなし)が500円引きです。

まとめ

人気の奥伊吹スキー場をお得に使える情報をまとめて紹介しました。うまく活用して、冬の思い出作りに役立ててみてください。

 

この他にも奥伊吹スキー場についてまとめた記事があります。気になる方はチェックしてみて下さい。