スノボの基本技!オーリーを練習してマスターしよう

スノボ経験者であれば、オーリーという技を一度は聞いたことがあるでしょう。スノボのテクニックの中でもオーリーはスノーボーダーにとって必要不可欠のテクニックです。

今回は、オーリーについてとやり方、練習方法などをご紹介します。記事を読んでぜひ習得を目指して下さい。

オーリーとはどんなテクニック!?

出典:Pixabay

スノボのテクニックのひとつであるオーリーとは、スノボに乗っている状態でジャンプする技です。オーリーの精度が高い人は、ジャンプも高く飛べるようになります。また、安定したジャンプが実現できるため、失敗の数も減少します。

オーリーは、スノーボーダーにとって必ずマスターしておきたいテクニックであると言われています。なぜなら、マスターすればオーリーができる人しか挑戦できない技を習得できるようになるからです。では、さっそくオーリーのやり方など詳しく紹介していきます。

1種類だけじゃない!オーリーには3つの種類がある

出典:Pixabay

スノボのテクニック、オーリーには3つの種類があります。

基本オーリー

基本オーリーとは、一般的なオーリーで直進中のボードが並行になっている状態でジャンプするオーリーです。

つま先を使ったトゥエッジオーリー

トゥエッジをかけたオーリーは、つま先のテール面を使ってジャンプします。フロントサイドターンをする際に使われるオーリーです。

かかとを使ったヒールエッジオーリー

バックサイドターンで仕掛けるオーリーです。かかとのテール面を使って地面を蹴ります。

実際にどうやる?オーリーのやり方を知る

出典:Pixabay

では、実際にオーリーはどのように行えばいいのでしょうか。オーリーのやり方がわからない人は、まず下記の初心者向け動画を参考にして大まかなやり方をチェックしましょう。

この動画は、スローでもオーリーを解説いるため、その点も是非注目してみて下さい。

オーリーを練習する時の具体的なステップは下記です。

STEP1:基本姿勢を作りバランスを整える
緩やかな斜面で基本姿勢を作ろう
STEP2:少しかがみ、力を溜め込む
前かがみが好ましい
STEP3:重心を後ろ足に移動させる
後ろ足の膝は曲げると良い
STEP4:前方の足を上に引き上げる
前足に意識を集中させる
STEP5:後ろ足を踏み込む
タイミング良く踏み込むと良い
STEP6:着地のタイミングに合わせて両足を下ろす
膝の衝撃を和らげるためにタイミングを意識すると良い

ゲレンデだけじゃない!地上でもオーリーを練習しよう

出典:Pixabay

オーリーは地上でも練習できます。地上でできるオーリーの練習方法は、オーリーの動きを理解することです。動きの練習はボードがなくてもできますし、ゲレンデでなければできないということはないため、日頃から家などで練習しておくといいでしょう。

ゲレンデでオーリーの練習をする時は、まずフラットな場所で練習をします。ある程度オーリーができるようになったら、次は緩やかな斜面で練習をします。

緩やかな斜面で練習する場合、フラットな場所でオーリーをするよりも難易度が増すため、なかなかはじめは上手くいきませんが、練習を繰り返すことでオーリーが上達します。

コツを知ってオーリーをマスター

出典:Pixabay

オーリーを練習する際、コツをあらかじめ知っておくことで上達スピードを速められる可能性があります。オーリーをマスターするためのコツは、両足で踏み込んでジャンプをしないことです。

初心者の中には、ほかのスノーボーダーが行っているオーリーのポーズを見て両足でジャンプしているように勘違いしてしまう人もいます。両足でジャンプするオーリーのやり方は間違いです。オーリーに挑戦する際は前足を引き上げて後ろ足で踏み込んでジャンプするようにしましょう。

オーリーを行う上の注意点は、はじめから急な傾斜のコースで練習をしないことです。

急な傾斜のコースは、その分スピードも出やすいためオーリーをマスターしていない人が挑戦すると怪我をする恐れがあります。そのため、最初はフラットもしくは緩やかなコースでオーリーの練習をすることをおすすめします。

中級者向けのオーリー上達動画

出典:Pixabay

すでにオーリーをマスターしており、キッカーに挑戦したいと思われている中級者もいるのではないでしょうか。中級者でオーリーを上達させたい人におすすめの動画があります。

出典:YouTube

キッカーに挑戦するだけでなく、重心移動についての説明しているため、その点も是非注目して下さい。

オーリーを上達させるポイント!

出典:Pixabay

オーリーの上達に近道はありません。オーリーの精度を高めたり、安定したジャンプができるようになったりするためには、反復練習を繰り返す必要があります。

反復練習をしてオーリーの動きを身体に染み込ませましょう。友達や知人と一緒にゲレンデに行く人はスマホで動画を撮影してもらい、自分がオーリーをしている様子を動画で確認することで何かの気付きを得られることもあるためおすすめです。

まとめ

出典:Pixabay

オーリーを習得すれば、挑戦できるテクニックが広がるため、マスターしておきたいトリックです。

オーリーのやり方や練習方法を今回ご紹介しました。是非参考にして習得するための努力をしてみて下さい。