スノボはグラブでかっこよく魅せる!初心者でもわかるコツを徹底解説

スノボでよく見られる技の一つにグラブがあります。グラブとは簡単に説明すると、スノボの板をジャンプしながら掴む空中技です。

グラブを習得することができれば、かっこよく魅せられるだけではなく、スノボを今まで以上に楽しみながらできます。今回は、グラブの基本的なことからできるようになるまでのコツまで解説します。

そもそもグラブって何?

出典:Pixabay

グラブとは、元々スケートボードで使用されていた技で、その名の通りジャンプした状態で板を掴むことから「grab(グラブ)」と名付けられました。

グラブの特徴は、何といってもかっこよさですが、実は空中で板を掴むのにはかっこよく魅せる以外にも理由があります。それは安定感を出すためです。一度挑戦することで分かると思いますが、板を掴まずにジャンプをするとどうしてもバランスを崩しやすくなります。

しかし、しっかりと空中で板を掴むことで安定感が増し、着地もスムーズにできるようになります。そのため、ケガなどを防ぐためにも、グラブは習得した方がいいトリックの1つです。

では、具体的にスノボのグラブの技の種類や習得するためのコツについて見ていきましょう。

基本的なグラブの種類は全部で6つある

出典:Pixabay

スノボのグラブと言っても基本的な技は大きく分けて6種類あります。これからグラブを習得したい方のために、まずは種類について説明します。

インディグラブ

インディグラブは基本中の基本と呼ばれている技の1つです。やり方は進行方向の後ろ側の手で両足(つま先側)の間の板を掴みます。

基本の技で、初心者はインディグラブから始めてみてはいかがでしょうか。

ミュートグラブ

インディグラブとは違い、ミュートグラブは進行方向側の手で両足(つま先側)の間の板を掴む技です。

これも基本的なグラブなため、初心者向きとなります。

メランコリーグラブ

メランコリーグラブは進行方向の手でヒール側の両足の間を掴む技です。

ヒール側なためバランスを崩しやすく、初めは練習が必要になる中級者向けの技となっています。

ステイルフィッシュグラブ

ステイルフィッシュグラブは、進行方向の後ろ側の手でヒール側の両足の間の板を掴む技です。

板をシフトする必要がありますし、目線も隠れてしまうため、初心者には相当難易度が高い技になります。

ノーズグラブ

ノーズグラブは進行方向側の手で板の先を掴む技です。ステイルフィッシュグラブまでの技とは異なり、右足と左足の動きが異なるため、慣れるまでは加減が分かりづらい難しい難易度の技となっています。

テールグラブ

テールグラブはノーズグラブと全く逆の動きをする技です。後ろ側を上げる技で、進行方向側の板の先が地面に引っかかる可能性もあることから、恐怖心が高い技の1つと言われています。

初心者がグラブをマスターするためのコツ

出典:Pixabay

先ほどは初心者から上級者向けまでのグラブの紹介をしましたが、今回は初心者向けのグラブのやり方を具体的に説明します。

こちらの動画の注目すべき点は、ジャンブ台を使用していることです。初心者でジャンプが苦手な人は、ジャンプ台を使いながら練習することでコツをつかみやすくなります。

それではSTEPごとにグラブのやり方を説明していきます。

STEP1:ジャンプ台を使って空中のイメージをつかむ
スノボ初心者がいきなりジャンプをするのは難易度が高く、最悪の場合ケガにもつながってしまいます。まずはジャンプ台を使って板の引きつけができるようになるまで練習しましょう。

STEP2:イメージトレーニングを欠かさず行う
イメージトレーニングは滑らず停止した状態で行ってください。イメージトレーニングではジャンプをする時の体の使い方や、板を掴むタイミング、着地姿勢などを考えて行いましょう。

STEP3:初めは板を掴まない!さわる!
グラブは板を掴む技です。しかし、初心者がいきなり板を空中で掴むのは難易度が高く、バランスを崩すと事故にもつながるため無理をしないことが大切です。

初めて練習する場合は、まず板に触れることを目標に取り組んでみてください。

グラブは徐々に練習していくことが大切

出典:Pixabay

グラブは空中技で、ケガのリスクがあることを忘れてはいけません。そこでここではこれから練習を始める方のために練習方法を紹介していきます。

グラブの練習で大切なことは、イメージトレーニングです。既に技を習得している方から、どのような体の使い方をすれば上手くできるのかを停止した状態で教えてもらいましょう。

その後、最初は緩やかな斜面を使ったり、ジャンプ台を使ったりして徐々に慣れていくことが大切です。

また、動画などを撮影してもらうと、自分がどのような形で飛んでいるのか等が分かるため、コツを掴むまでが早くなります。

グラブをマスターするために知っておきたいこと

出典:Pixabay

グラブは簡単そうに見えて難易度が高いですし、危険な技でもあります。マスターするためにも知っておきたいことをここでは紹介します。

板を掴みにいく行為は間違い!

初心者が陥りやすい間違いとしてあげられる点が、板を掴もうとする気持ちです。グラブは板を掴みにいくのではなく、板を引きつけた結果、手を出したところに板があるという状況が正解になります。

無理に掴みにいくとバランスを崩す原因となるため注意しましょう。

グラブの手順を頭に入れて!

グラブは体から先に行動するのではなく、まず「ジャンプ、板を引きつける、掴む、伸ばす、戻す、着地」の順番を頭に入れておきましょう。

イメージができていれば上達も早くなります。

中級者におすすめのグラブトリック

出典:Pixabay

グラブには初心者向けから上級者向けまで様々な技の種類があります。その中でも中級者におすすめがトゥイークです。

この動画では中級者向けにトゥイークの基本的なことを教えてくれています。グラブの中でももっとかっこいい技に挑戦したい方は参考にしてください。

出典:YouTube

中級者向けのトゥイークを上達させるポイントとは?

出典:Pixabay

トゥイークを上達させるためには、基本動作をしっかりと頭に入れておくことが大切です。要素としては、メランコリーグラブ、バックサイドシフティ、メソッドの3つがあります。

これらをマスタ―していくことでトゥイークを成功させることが可能です。まずは3つの要素を一気に練習するのではなく、一つひとつ丁寧に練習することが上達のポイントになります。

まとめ

出典:Pixabay

今回はスノボの技の中でもグラブに焦点を当てて説明しましたが、グラブは種類が多いため、習得できればスノボを更に楽しめます。

簡単に習得できる技ではありませんが、ここで説明した内容を一つひとつ頭に入れて練習を行えば習得できるチャンスはあります。まずは基本的な動作を丁寧にゆっくりと練習してみてください。