氷ノ山国際スキー場は関西で貴重なレースセンターのあるゲレンデ!

あなたはどちらに興味がありますか?

View Results

Loading ... Loading ...

兵庫県最高峰である氷ノ山にある氷ノ山国際スキー場は、京阪神地区からのアクセスも多い人気のゲレンデです。どのようなスキー場か事前に確認をしてから遊びに行きたいですよね。ここでは、氷ノ山国際スキー場のゲレンデ情報や施設の紹介、特徴的なポイントやアクティビティ、そして口コミなどについてご紹介します。

力量に合わせて選べる多彩なコース

出典:pixabay

・初級コース2つ
緩やかな斜面で家族連れにも人気のファミリーコースで、林の中を抜けて景色を楽しめるビギナーコースがあります。

・中級コース3つ
最大斜度22度で変化を楽しめるロマンス左コースのほか、急斜面から緩斜面まで満喫できるスーパーロングコースであるSAJ公認コース、広く整備されたパノラマコースがあります。

・上級コース1つ
基礎スキー検定バーンであり、各種大会も開催されるロマンス右コースがあります。
そのほかにも、小さなお子様でも楽しめるキッズスマイルパークやさまざまなアイテムを配置したパークエリアなどもおすすめです。

リフト料金は事前に準備しておこう!

出典:pixabay

リフト料金は下記の通りです。

リフト券

[大人(中学生以上)]
平日 : 3,500円 / 日、2,500円 / 半日
土日 : 4,000円 / 日、3,000円 / 半日

[子ども(小学生以下)]
2,000円 / 日

[シニア(55歳以上)]
平日 : 2,500円 / 日
土日 : 3,000円 / 日

シーズン券

[大人(中学生以上)]
早割 : 35,800円
通常 : 40,800円

[子ども(小学生以下)]
早割 : 18,800円
通常 : 23,800円

養父市シーズン券

[全日] 20,500円
[小中高生・職員] 無料
[小中高生の保護者] 15,500円

1日券、こども券については、養父市・明石市民の場合は1,000円引きとなります。
また、毎週水曜日はレディースデーとなっており、子供を含む女性は1日券が無料になりお得です!

道具がなくても大丈夫!豊富なレンタル備品

出典:pixabay

〇スキーレンタル

[大人(中学生以上)]
セット : 3,000円
板 : 1,500円
ブーツ : 1,500円
ストック : 500円
[子ども(小学生以下)]
セット : 2,000円
板 : 1,000円
ブーツ : 1,000円
ストック : 500円

〇ボード

[大人(中学生以上)]
セット : 3,000円
板 : 2,000円
ブーツ : 1,500円
[子ども(小学生以下)]
セット : 2,000円
板 : 1,500円
ブーツ : 1,000円

〇ウェア

[大人(中学生以上)]
セット : 2,500円、上 : 1,500円
[子ども(小学生以下)]
セット : 1,500円

〇そり

500円 / 1台

また、レンタルだけではなく、各グッズの販売もしているようです。グローブ・ニット帽・ゴーグル・ソックス・日焼け止めやネックウォーマーなど、必要なものが一通り揃えられそうですね。また、レンタルグッズはとても手入れが行き届いているため、気持ちよく使えるでしょう。

多彩なレッスンスクールも人気!

出典:pixabay

【マックアースレースセンター】

・本格的なレーシングのトレーニングができるスクール

受付時間:日程は電話もしくはSNSで確認
レッスン時間:10:00~12:00 / 13:30~15:30
料金:
[一般] 2,000円 / 日、2,000円 / 半日
[小・中学生] 1,000円 / 日、1,000円 / 半日


【スノーボードスクール(JSBA公認・SAJ公認)】

・能力に合わせて、初心者から上級者までクラス別に学べるスクールです。

受付時間:午前9:30~、午後12:00~
レッスン時間:
午前10:00~11:30、午後12:30~14:00
料金:
[一般] 3,500円~
[ジュニア・キッズ] 5,000円~
[特別レッスン] 12,000円~

【氷ノ山国際スキー学校(SAJ公認】

・初めてスキーをする方から検定や大会を目指す方も参加できます。

受付時間:午前9:00~9:45、午後12:00~12:45
レッスン時間:
午前10:00~12:00、午後13:00~15:00
料金:
[レギュラーレッスン]
5,000円 / 日、3,000円 / 半日
[プライベートレッスン]
18,000円 / 日、12,000円 / 半日
[グループレッスン]
6,000円 / 日、4,000円 / 半日
[技術選・検定対策レッスン]
6,000円 / 日、10,000円 / 半日
[キッズレッスン]
7,000円 / 日、4,000円 / 半日
[ミニキッズレッスン]
9,000円 / 日、5,000円 / 半日

氷ノ山国際スキー場を実際に利用した人の評判は?

出典:pixabay

実際に氷ノ山国際スキー場を利用した方の口コミを見てみましょう。

いい意味で関西の昭和なスキー場です。当日も姫路市の大会が開催されていましたが、それほど人の多さは感じられませんでした。のんびりした感じがいいですよ~!

出典:Sさん家の大冒険 Epsode1

スキー場といえば、シーズンになると非常に混雑してしまうゲレンデもあります。混雑していると、滑っていてもかなり注意しなければならないのでのんびりスキーやスノボを楽しむことができないでしょう。氷ノ山スキー場は比較的空いているようで、大自然の中でのんびりとした空気のもとで楽しめるのは魅力的ですね。 

お値段はお安いですが、バーンはすべり応えがある斜面です。コースは短いですが、中斜面というより急斜面に近いバーンで近場にしてはしっかりとトレーニングできます

出典:Sさん家の大冒険 Epsode1

定期的にスキー場に通うのであれば、値段が安いのは非常にうれしいことです。もちろん安いだけではなく、中斜面や急斜面のバーンなども整備されているので、初心者だけではなく、上級者でも十分楽しめるスキー場のようです。

スキーもスノボも大会が行われていて、このスキー場にしては人数はが多かったは「ずですが、混雑のないリフトがどこかにあるのでほぼ待ち時間ナシでした。

出典:のんびりぱどらーのブログ

大会なども開催されているスキー場ではあるものの、リフトやコースも複数あるため、探せば混雑していないリフトがあるようです。スキー場のリフトが混雑していると、せっかく滑りに来ているのに、思う存分楽しむ時間が短くなってしまいます。待ち時間ほぼ無しでリフトを利用できるのは、非常にメリットが大きいといえるでしょう。

総勢三十人を超える仮装スノーボーダー。
進撃の巨人やスペースコブラ等、いろんなキャラクターがいっぱい。
呆気にとられる仮装もいましたよ。

出典:ん?べつに、タイトルなんか、ないよ。

ただ、単にスキーやスノボを滑って楽しむだけではなく、仮装イベントなどのような面白いイベントも開催しているようです。自分自身がキャラクターになりきって滑ると、普段と違う気分を楽しむことができますね。また、他の人の仮装を見て楽しむだけではなく、次回以降の参考にすることもできるでしょう。

このように、氷ノ山国際スキー場は混雑していないので、初級者から上級者まで大自然の中でゆったり楽しめるスキー場です。

前日や当日に確認できるライブカメラ

出典:pixabay

氷ノ山国際スキー場では、公式ホームページ上でライブカメラによる最新ゲレンデ情報が提供されています。出発する前日や当日に確認をしておくと、空振りすることなく楽しめるでしょう。下記の公式サイトから確認できます。

公式はこちら:氷ノ山国際スキー場

氷ノ山国際スキー場にはどうやって行けばいい?

出典:pixabay

・アクセス
[車]
北近畿豊岡自動車道「八鹿氷ノ山I.C」から約30分となっており、京阪神地区からであれば、約2時間程度とアクセスが良いです。
[電車]
八鹿駅から鉢伏口行のバスに乗って約50分です。

・駐車場情報
駐車場は増設されており、大型車でも対応できるスペースがあります。

・駐車場料金
[普通車] 平日 : 500円、休日 : 1,000円
[マイクロバス] 2,000円
[大型バス] 3,000円

氷ノ山国際スキー場の営業時間など基本情報はこちら

出典:pixabay

氷ノ山国際スキー場の基本情報は下記の通りです。

【基本情報】
住所:兵庫県養父市奈良尾509
電話:079-667-7219
料金:リフト券
[大人(中学生以上)]
平日 : 3,500円 / 日、2,500円 / 半日
土日 : 4,000円 / 日、3,000円 / 半日
[子ども(小学生以下)]
2,000円 / 日
[シニア(55歳以上)]
平日 : 2,500円 / 日
土日 : 3,000円 / 日
営業期間
12月22日〜3月17日まで。ただし積雪状況によります。
営業時間:8:30~17:00
公式はこちら氷ノ山国際スキー場

氷ノ山国際スキー場は初心者から上級者まですべての方におすすめ

出典:pixabay

氷ノ山国際スキー場は、初心者から上級者まで楽しむことができるスキー場です。レースセンターがあるので、ポールトレーニングのバーンを利用して、本格的な練習をすることもできます。比較的アクセスも良く、車であれば京阪神地区からおよそ2時間で現地に到着できるのも魅力的ですよね。ぜひ、一度氷ノ山国際スキー場を訪れてみてはいかがでしょうか?

公式はこちら:氷ノ山国際スキー場