月山スキー場のライブカメラ配信は?春夏スキーの聖地をリサーチ!

春~夏オープンの月山スキー場はスキー愛好家の間で大人気です。ライブカメラの設置はありませんが、シーズン中は天候の安定する時期のため、それほど問題にはならないでしょう。この記事では月山スキー場のゲレンデの特徴やリフト料金、レンタルショップ、レストランなど施設情報をご紹介します。

リフトを降りれば広がる大斜面!迫力のゲレンデ

出典:Pixabay

月山スキー場のゲレンデは月山の斜面全体を使ったダイナミックさが持ち味。またリフト上駅にはパトロールが常駐しているので安心です。

以下に月山スキー場のゲレンデをご紹介します。

・姥ヶ岳ゲレンデ
リフト下駅から1km上昇、標高2,000mに近いリフト上駅から広がる姥ヶ岳ゲレンデは迫力の大斜面。中級者以上の人におすすめの「大斜面コース」があります。リフト側にはコブの少ない滑りやすいのが「沢コース」です。

・牛首ゲレンデ
リフト上駅のさらに上に広がる比較的なだらかなゲレンデです。

・スノーボードエリア
月山スキー場ではゲレンデスキーエリア全面滑走可能となっていますが、ジャンプ台設置は姥沢小屋への連絡道下に限定されています。ハーフパイプの設置はありません。

時期によって異なるリフト料金はしっかりとチェックしておこう!

出典:Pixabay

初すべりの数日や、平日には割引サービスが期待できる月山スキー場。

例年4月10日前後にオープンしているので、時期が近づいたらこまめに情報をチェックしておきたいものです。

月山スキー場の2018年度リフト料金は、以下の通りです。

[大人(中学生以上)]
4,600円 / 日
3,400円 / 午前券(始発~12:30)・午後券(11:30~最終)
3,700円 / 7回券
580円 / 1回券
[こども(小学生まで)]
3,300円 / 日
2,700円 / 午前券(始発~12:30)・午後券(11:30~最終)
2,700円 / 7回券
400円 / 2回券

常設レンタルショップはなし!愛用ウェアや用具を持参しましょう

出典:Pixabay

月山スキー場の併設レンタルショップはありません。愛用しているウェアや用具を持参して出かけましょう!

地元のレンタルショップを利用する方法もあります。月山スキー場のパンフレットにも登場する「山形スワローレンタサービス株式会社」は前日まで予約すればスキー場へ配達など各種相談に乗ってもらえます。

専用駐車場はなし!リフト乗り場近くに駐車場があります

出典:Pixabay

月山スキー場に近い駐車場がハイキングや登山客も利用する500台収容可能の「姥沢駐車場」です。「月山環境美化協力金」として寄付する形で駐車料金500~1,000円程度徴収されるようです。

駐車場には更衣室があり、そこでウェアに着替えることができます。

スキー場内に併設されたレストランはなし!近隣ロッジを利用!

出典:Pixabay

残念ながら月山スキー場内には、飲食できるレストランや喫茶スペースなどはありません。しかし夏スキーシーズンにはゲレンデ近辺にあたる姥沢地区には夏スキー客を見込んで何軒かのロッジがオープンしているという情報もみうけられます。

また、周囲にはライブカメラ配信の項でご紹介している「月山志津温泉 旅館仙台屋」ほか数軒の温泉施設、周辺施設の紹介で取り上げた「月山弓張平公園パークプラザ」内「ゆみはり茶屋」があります。食事の用意が難しい場合には、あらかじめ飲食可能かを確認しておくとよいでしょう。

月山スキー場の口コミによる評価はどうなっている?

出典:Pixabay

月山スキー場は大斜面コースにあるこぶが凄く有名です。

出典:SnowNoteWeb

毎年4月10日にシーズンインしてオフは雪が消える7月~8月まで滑れるスキー場です。まあ、根っからの夏スキー専門のスキー場ですね。

出典:霊峰月山ネイチャーランド

月山スキー場はコブで有名なところだったらしくコブエリアがとても広い。

出典:SnowNoteWeb

要所要所に設置されたライブカメラ

出典:Pixabay

月山スキー場がオープンする時期は、すでに雪の止んだ春から夏にかけてです。そのため、天候の荒れ模様をあまり心配することなく、スキーを楽しめます。ライブカメラの設置こそありませんが、トラブル他ニュースがホームページで情報発信されます。こまめに内容をチェックしましょう。公式サイトのURLは以下の通りです。

月山観光開発株式会社

また月山スキー場周辺の様子を知りたいときは、「月山町役場ホームページ」、「月山志津温泉旅館仙台屋ホームページ」にてライブカメラ配信が提供されています。

手作りソーセージ・絶品ハンバーガーが食べられる「ゆみはり茶屋」

出典:Pixabay

月山スキー場につながる県道114号線途中「月山弓張平公園パークプラザ」内に手作りソーセージが楽しめる「ゆみはり茶屋」があります。

この味を求めて弓張・月山に足を運ぶという方も多い月山グルメのひとつです。

詳細は、以下の通りです。

【基本情報】「ゆみはり茶屋」
住所:山形県西村山郡西川町月山沢342-4 くんせい工房ぽれぽれ内
電話:0237-76-2962
営業期間:毎年雪解け時期(4月下旬)~積雪前(11月上旬)
アクセス:月山スキー場から車で約20分
公式(予約)はこちら:ゆみはり茶屋

月山スキー場の基本情報をしっかりとチェックしておこう

出典:Pixabay

月山スキー場の基本情報は以下の通りです。

【基本情報】
住所:山形県西村山郡西川町志津姥沢
電話:0237-75-2025
料金:
リフト料金[大人(中学生以上)]
4,600円 / 日
3,400円 / 午前券(始発~12:30)・午後券(11:30~最終)
3,700円 / 7回券
580円 / 1回券
[こども(小学生まで)]
3,300円 / 日
2,700円 / 午前券(始発~12:30)・午後券(11:30~最終)
2,700円 / 7回券
400円 / 2回券

アクセス:
[車] 関越自動車道沼田ICより国道120号約38km
[高速バス] バスタ新宿⇔かたしな(鎌田)間の直行バス(1日1往復)
[電車] 上越新幹線上毛高原駅・JR上越線沼田駅~尾瀬紀行シャトルバス利用
公式(予約)はこちら:丸沼高原

土地を生かした最高レベルの環境を楽しめる!

出典:Pixabay

以上、春スキー、残雪ゲレンデの代表格の感のある月山スキー場に関する情報をご案内しました。スキー場のある山形県西村山郡は、日本国内でも有数の豪雪地帯のため、もっとも降雪量の多い冬季はクローズし、道路状況のよくなる4月にオープン!

他のゲレンデがクローズすると同時にオープンする月山スキー場は、スキーやスノボを長く楽しみたいウィンタースポーツ愛好家にはありがたい存在です。