スキーをするならネックウォーマーは必須。選び方や使い方を紹介

スキー場にレンタルショップがある場合でも、注意すべきは小物類です。板、ブーツなどはレンタルできるスキー場がほとんどですが、小物類はレンタルしていないところが多いのです。小物類の中でも忘れがちなネックウォーマーについてまとめてみました。

ネックウォーマーの必要性とは

スキー場は当然ですが、寒いですよね。そんな寒さをしのぐアイテムの一つがネックウォーマーです。

防寒

防寒の基本は、隙間があると冷たい風が入るので、隙間をなくすことです。襟元がすっかりあいてしまうと、そこから風や雪が入ってしまい、体温が低下してしまいます。

よく「首とつくところ(手首、足首、首)を冷やしてはいけない」といわれますが、手首はグローブ、足首は靴下で必ず防寒するように、襟元にはネックウォーマーが必須です。

ネックウォーマーはウインタースポーツだけでなく、一般的に利用されているので使ったことがある人もいるでしょう。マフラーと違って、どんな動きをしても外れにくく、下を向いたときも邪魔になりにくいことから、スポーツの防寒用途としては非常に優れているのです。

凍傷を防ぐ

「寒さに強いから大丈夫」という人も、体感としては大丈夫でも、凍傷になる可能性があります。

凍傷とは、寒さが原因で皮膚の血行が悪くなり、組織に損傷をきたす状態を指し、0度を少々下回る程度の温度でも長時間さらされると生じるといわれています。凍傷になると、痛みを伴いますし、スキーどころではなくなってしまうので、必ず対策しておきましょう。

ネックウォーマーの選び方

続いて、ネックウォーマーの選び方をチェックしておきましょう。

防寒性や速乾性など機能をチェック

まずは防寒具なので、防寒性に優れている必要があります。

また、滑っていると雪や雨で濡れてしまいます。速乾性のある素材でないと、どんどん重くなってしまいますし、非常に不快です。速乾性があり、防寒性の高いものを選ぶ必要があります。各メーカーからさまざまな生地の、いろいろなタイプのものが販売されているので、比較検討しながら選ぶと良いでしょう。

肌触りやつけ心地を確認

機能性が確認できれば、次に、付けてみて「しっくりくるか?」も大切です。

生地感、そして付けたときに不快感がないか。快適にスキーを楽しむために防寒するにも関わらず、襟元が気になるというのは集中力を欠いてしまい、もったいないですよね。

着脱方法も上から被る筒型のもの、ファスナーがついているタイプのものなど、さまざまです。自分にとってストレスのないネックウォーマーを探しましょう。

レディース用やキッズ用もある

シンプルで単色のものが多いので、ユニセックスタイプのネックウォーマーが多く出ています。ただし、黒やグレーではなく可愛いカラーのものはレディース向けとして販売されていることもあるようです。

子ども向けは、大きさが変わってくるのでキッズ用を選んであげる必要があるでしょう。

ネックウォーマーはどこで買うのがよい?

ネックウォーマーはどこで手に入れることができるのでしょう。スポーツ用品店や通販などありますが、それぞれのメリット、デメリットを紹介します。

スポーツ用品店で現物を確認

まずは、メーカーの直営店やスポーツ用品店など、直接店頭で見て購入するパターンです。メリットはなんといっても、生地を触って確かめられることと、試着して着用しやすさを確認することができます。

一方で、店にもよりますが店頭では品数がそれほどない場合も多いです。そのため、選択肢が少なくなってしまうことが多いです。ネックウォーマー自体が、スキー板やスノボ板のように、デザイン性や機能性ですごく大きな差があるという商品ではないため、こだわりがない人は店頭での購入がオススメです。

しかし、デザインなどこだわりがある人は、事前にネット等でどのメーカーのどういうものが欲しいかイメージした上で、店頭にあるか探すようにしましょう。どのようなものがどのメーカーから出ているのか知っているだけで、自分の欲しいものを見つけやすくなりますね。

通販は手軽に購入可能

店頭で欲しいものが見つからなかった場合や、店頭に行くのは面倒な場合は、ネット通販が便利です。メリットは便利であることと、なんといっても種類が豊富にあることです。

妥協せず、好きなものが見つかるまで探すことができます。メーカーの公式HPはもちろん、Amazonや楽天などの通販サイトでは型落ちでお得な価格になっている商品や、店頭やメーカーでは完売してしまった商品を扱っている場合もあります。ぜひチェックしてみましょう。

安く手に入れるなら100均がおすすめ

メーカーにこだわりがなく、できるだけリーズナブルな価格で抑えたいという人におすすめなのが、100均です。

100均には、さまざまな種類のネックウォーマーが販売されています。可愛いデザインのものから、シンプルなものまで実に多様です。また、アクセスという観点でも、全国各地に出店しているので便利です。

ただし、100均にあるものはスキー用ではなく、ウインタースポーツのシーンを想定しているものではありません。あくまでも普段使いがメインなのです。そのため、防寒性はある程度あっても、速乾性はあまり期待できないでしょう。

機能性の面で劣ってはしまいますが、それでも100円で、ある程度の防寒ができるのであれば、お気に入りのものが見つかるまでの代替としては良いかもしれません。

ネックウォーマーの付け方

ネックウォーマーで防寒性をあげるための付け方を紹介します。

口元まで覆うと防寒効果アップ

より防寒性をあげるためには、首だけでなく、口元まで覆ってしまいましょう。マフラーでもする人がいるかと思いますが、これだけで自分の呼吸で温まることができます。

女性は、ファンデーションや口紅は控えて、リップクリームのみにしておくと良いでしょう。

帽子の代用にもおすすめ

筒型の被るタイプのネックウォーマーを2枚購入して、1枚は首に、もう1枚を頭にかぶって、帽子のように防寒するスキーヤーもいます。簡単にニット帽として利用することができるのです。

とても暖かいですが、髪型がかなり崩れやすいので、抵抗があるかもしれません。

おすすめのネックウォーマー紹介

最後に、おすすめのネックウォーマーを紹介します。

ノースフェース ネックゲイター

ノースフェースのネックゲイターシリーズから3種類紹介します。シンプルなデザインと、そのブランド力から、あらゆるアクティビティシーンで人気のブランドです。

<パワーストレッチネックゲイター>

4方向に伸びる素材を採用した中厚手のもので、裏地はフリース素材で気持ち良いです。保温性、通気性ともにバランスの良いモデルです。

<ミッドウェイトネックゲイター>

こちらもパワーストレッチネックゲイター同様に、中厚手で保温性、通気性に優れています。より軽量でコンパクトなので、持ち運びしやすいモデルです。

<サーマルバーサグリッドゲイター>

裏地は起毛したグリッド状の生地で、通気性にも優れています。汗をかいても、蒸らさずに排出してくれるので、快適に滑ることができるでしょう。また、 軽量なグリッドフリース素材を使用しています。

<バーサアクティブネックゲイター>

最後は、風の強い日におすすめなバーサアクティブネックゲイターです。

防風を目的としたネックゲイターで、優れたストレッチ性を持つナイロンフリースを主に使用しています。スナップボタンがついているので、着脱も簡単です。

モンベル メリノウールネックゲーター

保温性に優れたメリノウールを使用したロング丈なので、とにかく暖かいです。寒さの厳しい山登りに対応できる商品を作り続けているモンベルの技術力ゆえの商品といえます。

素材はメリウールという高い保温性と汗をゆるやかに放つことのできる素材を100%使用しています。ゆるやかに汗を放つので、急激に体温を下げずに心地よさを保ってくれます。またメリウールには、不快な汗の匂いも発生しにくいという特徴がある優れものです。

カラフルなジャカード柄も珍しく、かわいいですね。ブラウンカーキ、インクブルーの2カラー展開で、それぞれ印象が全く異なります。すでにアウトレット価格でとてもリーズナブルになっています。気になる人は早めにチェックしてみてくださいね。

商品の詳細はこちら:モンベル メリノウールネックゲーター

ユニクロ ヒートテックネックウォーマー

ヒートテックウェアは誰もが知っているであろうユニクロのヒット商品ですが、ネックウォーマーもあることはご存知でしょうか。あのヒートテック素材を使っており、さらに風を通しにくい防風フィルムを使用しているので、暖かいということは言わずもがなです。

裏地はヒートテックフリースで、肌触りも非常に良いです。カラーは落ち着いた4色展開で、グレー、ダークグレー、ブラック、ネイビーがあります。それでいて、この価格はコスパがとてもよいです。

ユニクロであれば全国各地に点というがあるので、ぜひお近くの店頭でチェックしてみてください。

商品の詳細はこちら:ユニクロ ヒートテックネックウォーマー

まとめ

スキー場に行く際の必須アイテムの1つであるネックウォーマーについて紹介しました。

ネックウォーマーを選ぶ際は、機能性やデザインはもちろんのこと、滑りに集中できるように、ぜひ着用しみて「しっくりくるか?」を重視して選んでください。防寒対策をバッチリして、今シーズンもスキーを存分に楽しみましょう。