スキーウェアをネットや実店舗でレンタル。メリットと注意点を紹介

冬にスキーへ行くことはあるけれど、さほど頻繁に行くわけではないという人には、スキーウェアは購入するよりもレンタルの方が経済的です。スキーウェアレンタルのメリットや注意点、レンタル可能な店舗の情報をまとめました。

スキーウェアをレンタルするメリットとは

スキーウェアは、スキーをするときに必要なアイテムの1つです。スキーをする前に購入する人も多いスキーウェアですが、購入せずにレンタルを利用する方法もあるでしょう。

スキーウェアを購入ではなくレンタルするメリットとして、以下の理由があります。

自宅での保管場所に困らない

スキーウェアは、スキーシーズン以外に着る機会がないものなので、シーズンオフ時は保管しておく必要があります。

普段着ている洋服と一緒にしまうスペースがないということもあり、保管場所に困ってしまうことがありがちです。

その点、レンタルなら使用後に返却をするだけなので、スキーウェアを購入したときのような保管の問題がありません。

利用回数によっては購入するよりもお得

シーズン中頻繁にスキーへ行くという人なら、スキーウェアを購入する方をおすすめします。

レンタルは、何度も利用していると費用がかさんでしまうので、スキーをする回数が多い人なら、購入する方がレンタルよりもコストを安く上げられます。

しかし、数年に1度しかスキーをしないという程度の人なら、スキーウェアのレンタルを利用した方が購入するよりお得になります。

スキーウェアをレンタルする方法

スキーウェアを持っていない、購入したくない、スキーへ行く頻度が少ない人に適しているスキーウェアのレンタルですが、レンタル方法にはいくつかの種類があります。

スキー場のレンタルサービスを利用

スキー用品のレンタルで最もポピュラーなのが、スキー場でのレンタルではないでしょうか。どのスキー場でも、現地でスキーに必要なアイテムのレンタルを行っています。

スキー場でのレンタルサービスは、現地までの往復時にスキー用品を持っていく必要がなく、手ぶらでスキーが楽しめるのが大きなメリットです。

レンタル料金は、スキー場によって異なるので、ホームページなどで事前にチェックしておくことをおすすめします。

レンタルショップやネット宅配サービスを利用

スキー場でのレンタル以外のスキーウェアレンタル方法としては、レンタルショップやネット宅配サービスの利用があります。

レンタルショップでは、スキー場へ行く前に前もって申し込みをしなければなりません。また、直接店舗へ行かなればならないこともあるのがデメリットです。

しかし、スキー場でのレンタルとは異なり、新しいモデルのスキーウェアを借りられるチャンスが多く、スキー場よりもレンタル料金が低めであるメリットがあります。

実店舗でのレンタルが難しい場合に便利なのが、ネット宅配サービスです。これは、ネット上で申し込むだけでスキーウェアを借りられるサービスです。自宅にいながらレンタルを申し込むと、レンタルアイテムは自宅へ直接届けてもらえます。

ネット宅配サービスはウェアのデザインが豊富なので、好みのウェアを着られるのがメリットです。一方で、スキー場でのレンタルよりも料金が高い傾向があるのがデメリットといえます。

スキーウェアをレンタルする際の注意点

購入するよりも低価格で利用できるスキーウェアのレンタルですが、レンタルアイテムは多くの人が利用するものです。快適に滑るために、スキーウェアを借りる際には、以下のポイントを必ずチェックしておきましょう。

撥水加工、破損の有無やサイズを確認しよう

雪山で滑るためのスキーウェアは、撥水加工が重要です。撥水加工が十分でないと、内部に水が入り込んでしまいます。レンタルウェアの中には、撥水加工が十分ではないものも含まれていることがあるため、借りるときに防水性や撥水加工は要チェックです。

ウェアが破損していると、水が入り込むばかりではなくケガの原因になることがあります。レンタルウェアを借りたときは、ウェアの状態をしっかり確認して破損部分がないかどうかをよくチェックします。

そして、サイズの確認も大事です。試着をし、体に合わないと思った場合は別のサイズに交換してもらいましょう。

ネックウォーマーやインナーなどは持参する

スキーで着るものは、スキーウェアだけではありません。ウェアの中にインナーや靴下を着用するほか、帽子やグローブ、ネックウォーマーなどの小物を使うことが多いものです。

ところが、レンタルサービスではインナーウェアやネックウォーマーなどのレンタルは行っていません。帽子やグローブなどの小物は一部のレンタルサービスで貸し出していますが、貸出不可のところも少なくありません。

そのため、特に小物は購入して持参して行くことをおすすめします。ネックウォーマーは必ず必要ではありませんが、寒さが心配という場合に持って行くといいでしょう。

デザインがダサい、臭いウェアもある?

スキーウェアのレンタルで問題とされがちなのが、ウェアのデザインです。最近ではオシャレなレンタルスキーウェアも登場してきましたが、いわゆるダサいデザインのウェアが多いのも事実です。

一昔前のデザインのウェアということもレンタルではありがちなので、デザインにこだわる人には向いていないといえます。

レンタルウェアは、使用するたびにクリーニングが行われています。しかし多くの人が使うものなので、場合によっては臭いが残っていることもあります。古いウェアをレンタルしている場合は、臭いが気になることもあるかもしれません。

スキーウェアのレンタルを行っている実店舗

スキー場へ行く前にスキーウェアを借りておきたい、自分の好みのウェアを着たいという人には、実店舗でのレンタルがおすすめです。

そこで、スキーウェアのレンタルを実店舗で行なっているおすすめのショップを紹介します。

北海道、2エリアに対応。アミューズスポーツ

『アミューズスポーツ』は、北海道内の2エリアに店舗を構えるレンタルショップです。

新千歳空港とルスツリゾート内に実店舗があるので、飛行機で北海道へアクセスした人やルスツリゾートを利用する人に利便性が高いショップです。

札幌市内のホテルとニセコエリアのスキー場へは、宅配で対応しています。直接宿泊先とスキー場へレンタルしたアイテムを届けてもらえます。

スノーボード・スキーのレンタルならアミューズスポーツ!|アミューズスポーツ | AMUSE SPORTS

長野、志賀高原に5店舗。Snow Can

『Snow Can』は、長野県内に5店舗を展開するレンタルショップです。初級者から上級者までカバーする豊富なラインナップのアイテムを乗り比べできるのが魅力です。

スキーウェアは、DESCENTEやGOLDWINなどの人気ブランドのアイテムを用意しています。

店舗で直接レンタルも可能ですが、WEBでの予約を行うとレンタル料金が8%割引になるサービスを実施しています。

SNOWCAN

富山、シーズンレンタル専門店。アピア

富山県富山市にある『アピア』は、スキー用品を1シーズンでレンタルする専門店です。スキーウェアはヘルメットやゴーグル、グローブとの4点セットでレンタルが可能です。

実店舗へ行くのが難しい場合でも、アピアではネットレンタルが可能です。2セット以上、または前年度レンタルした人は、各500円の割引が受けられます。

ジュニア用のレンタルも行っており、ジュニア向けのスキーウェアは大人用と同じアイテムにリュックを加えた5点セットとなっています。

アピアスキースノーボードシーズンレンタル|スキーレンタルとスノーボードレンタル

スキーウェアのレンタルを行っているWEB店舗

ここまで紹介したレンタルショップは実店舗を展開しているショップでしたが、ネットのみでレンタルを行うショップもあります。

WEB店舗では宅配を利用してのレンタルなので、直接アイテムを自宅に送ってもらえるのがメリットです。

現地配送、回収で楽チン。レンタルショップ ダーリング

旅行用品や生活家電、アウトドア用品など多種多様なアイテムのレンタルを行う『ダーリング』では、ウィンタースポーツ用品のレンタルも行っています。

スキーウェアは大人用・ジュニア用の2種類が用意されています。14時までにレンタルを申し込むと即日発送をしてもらえるので、すぐにアイテムを手にしたい人におすすめのショップです。

レンタルショップ ダーリング

かわいいウェアが豊富。DMMいろいろレンタル

ファッションアイテムやオフィス用品、高級車などさまざまなアイテムが揃う『DMMいろいろレンタル』でも、スキーウェアをはじめとしたスノースポーツ用品を取り扱っています。

ネットで予約をすると自宅まで送料無料でアイテムを届けてもらえ、返却は電話1本で集荷をしてもらえる、利便性の高いサービスです。

各レンタルスキーウェアには、商品状態や付属品、素材などの基本情報が細かく紹介されているので、WEBレンタルでも状態を把握しやすいのが特徴です。

DMMいろいろレンタルでは、安心レンタル制度を用意しています。万が一レンタルしたアイテムを汚したり破損したりした場合でも、修理費用が請求されないので安心して利用できます。

DMM.com [スノーレジャー用品レンタル] いろいろレンタル

まとめ

スキーウェアのレンタルは、スキー場以外にもレンタルショップやネット宅配で利用できます。

レンタル方法には多くの選択肢があるので、今回紹介した方法を参考に、自分にピッタリの方法でスキーウェアを借りてみてはいかがでしょうか。