スノボ板のおすすめブランド!人気のワケと自慢のクオリティを紹介

「スノーボードを新調したい」そんなとき、種類が多くて迷ってしまうことがあります。ここでは、スノボ板のおすすめブランドと、人気のブランドがなぜ選ばれるのか、その自慢のクオリティを合わせて紹介します。

スノボ板の特徴と失敗しない選び方は?

スノボ板は一見どれも同じもののように見えますが、実はいくつかのタイプが存在し、どの板も特徴が異なります。いろいろな種類があるスノボ板ですが、何も考えずに選んでしまったら乗りこなせないということも起こりうるのです。

スノボ板の特徴と選び方について紹介していくので、自分にぴったりのスノボ板を探してみましょう。

扱いやすく、滑りやすい板を選ぶ

スノボ板を選ぶ際の大前提は、自分にとって「扱いやすい」板を選ぶということです。扱いやすいということは同時に、滑りやすいということにもつながります。現状の自分の技術でもしっかりと扱える板を選んで、確実にステップアップしていくことがスノーボード上達のためのポイントともいえます。

では、実際に扱いやすい板とはどのような板なのでしょうか。以下にまとめました。

長さ、幅、形状、硬さなどタイプはいろいろ

スノボ板の操作性は、板の「長さや幅・形状・硬さ」などによって大きく異なってきます。スノーボードの板の特質について代表的なものをまとめました。

<スノボ板 長さ>

一般的に、スノボ板の長さが長いとスピードを出してもブレにくく、安定しやすいという特徴があります。その反面、小回りが利きにくくなります。その逆で、スノボ板が短いと小回りが利きやすい反面、スピードを出すとブレやすいという特徴があります。

<スノボ板 幅>

スノーボードの板を選ぶときに長さと同様で大切にしたいのが幅です。一般的にスノボ板の幅が狭いと、鋭いターンがしやすくなります。スノボ板の幅が広いと、雪に接地する面が広くなるので安定感が増すという特徴があります。

滑り方やシーンに合わせてさまざまな種類

以上のような板の特徴の他にも、詳しく挙げるとキリがないくらいにスノボ板には形状や素材によって特徴があり、その分種類も多くあります。そんな中から選ぶ際にポイントになるのが、「滑り方やシーンに合わせた板を選ぶ」ということです。シーンごとにどのような板がおすすめなのかをまとめたのでチェックしてみてください。

<シーンごと おすすめのスノボ板>

  • 普通に滑りたいとき・・・フリースタイルのオールラウンドタイプの板を使うのがおすすめです。癖がないためどんなプレースタイルにも合い、初心者の場合は技術の向上もしやすくなります。板の特徴としては柔らかいものを選ぶと、停止と切り返しがやりやすくなるのでおすすめです。

 

  • ハーフパイプにおすすめの板・・・フリースタイルのハーフパイプタイプの板があります。板の形状は、両端が反り上がっているツインチップタイプで、板の真ん中に乗れるものを選びましょう。

 

  • エアーにおすすめの板・・・板の長さが短いものを使っている人が多いです。しかし、短いとエアーはしやすいですが高さが出ず、安定感が損なわれます。逆に長いと、安定感は出ますが高さと操作性にかけるという特徴があります。初心者の場合は、フリースタイルの短めのボードがおすすめです。

 

  • スノーボードクロスにおすすめの板・・・競技自体がスピードを競う競技なので、長めの板がおすすめです。フレックス(しなる方向の硬さ)・トーション(ねじれる方向の硬さ)、両方とも硬めの板が適しています。ラウンドタイプの板よりも角ばった板の方がおすすめです。

 

  • グランドトリックにおすすめの板・・・板の形状がノーズもテールも同じ形をしており、ビンディング(靴を板に装着するための器具)の位置も前後対称でできているツインチップタイプが、一番バランスが良くおすすめです。

スノボ板人気ブランド一覧、米国滑走編

ここからは、スノボ板の人気ブランドをブランド別に紹介していきます。まずは、世界中のプレイヤーからその滑りやすさで選ばれているブランドを紹介します。

業界トップ憧れのブランド BURTON

スノーボード業界で圧倒的な人気を誇るブランドが「BURTON」です。BURTONはスノーボードだけでなく、スケートなどのストリートシーンでも絶大な人気を集めています。スノーボードを裏山の遊びからワールドクラスのスポーツへと進化させることに重要な役割を果たしたBURTONは、現在進行形で進化を続けています。

公式はこちら:Burton.com | Burton Snowboards

高い滑走&コントロール性能 ALLIAN

高速の滑走性能とコントロール性の高さから、今、世界で人気を集めているのが「ALLIAN(アライアン)」です。新作ボードの素材には、硬度と密度の最も高いカーボン素材(NCB999)やIS7610/7200(シンタード)を採用しており、倍の時間を掛けて施すストーングラインド仕上げにより、今まで以上の高い滑走性能を実現しています。

公式はこちら:ALLIAN SNOWBOARDS 18-19 JAPAN SITE

夢を売る左右非対称構造の品質 RIDE

1992年、ワシントン州レドモンドで4モデルのボードからスタートしたのが「RIDE Snowboards」です。実際のスノーボーダーたちが作るアメリカンブランドには、左右非対称の特徴的な形状など、想いの詰まったスノボ板がたくさんあります。

公式ページ

スノボ板人気ブランド一覧、米国デザイン編

滑走編の次は、デザイン編です。特徴的なデザインやそのお洒落さから人気を集めているブランドを紹介します。

ロッカーボードの元祖 Lib Tech

ロッカーボードの元祖と呼ばれているのが「Lib Tech」です。その特徴は何といっても「ボード裏面のデザイン」です。インパクトのあるデザインは、世界中から人気を集めています。無害な廃品を有効利用するリサイクルを行うなど、効率の高い製造方法から生まれたロッカーボードをチェックしてみてはいかがでしょうか。

公式はこちら:LIBTECH SNOWBOARDS 18-19 JAPAN SITE

革新的な技術と独特の世界観 CAPiTA

革新的な技術により高性能のボードを生み出すだけでなく、独特の世界観も併せ持つブランドが「CAPiTA」です。CAPiTAの独特の世界観と高性能ボードの融合は、世界中のコアなファンを引きつけて止みません。

公式はこちら:CAPITA SNOWBOARDING 2018-2019

スノボ板人気ブランド一覧、ヨーロッパ編

アメリカの有名ブランドを紹介した次は、ヨーロッパ発の人気ブランドを紹介します。過去の技術から新技術を開発し続けるブランドや独自の構造を採用したブランドなど、特徴的な2つのブランドを紹介します。

歴史から得たプロダクト SALOMON

「SALOMON」は、フランス生まれのアウトドアブランドです。SALOMONが大事にしているのは「遊び心」です。遊び心ある独自のスタイルは、歴史から得たプロダクトを日々進化させ続けています。遊び心から生まれるユニークな発想を元に出来上がった、SALOMONならではのスノボ板で、SALOMONの遊び心を体感してみてはいかがでしょうか。

公式はこちら:Homepage | Salomon

ハニカム構造の軽量ボード FANATIC

「FANATIC SNOWBOARDS(ファナティックスノーボード)」は、ドイツで生まれたスノーボードブランドです。その特徴は、ハニカム構造を採用した超軽量のスノボ板です。FANATIC SNOWBOARDSのスノボ板は、フリースタイル・アルパイン・フリーライドなどのスタイルを選ばず、世界中のスノーボーダーから支持されています。

公式はこちら:Fanatic Snowboards

スノボ板人気ブランド一覧、日本編

出典:pixabay

ここまで海外のブランドを紹介してきましたが、日本にもスノボ板を製造しているブランドがあります。独自のこだわりが詰まった日本発のブランドを紹介します。

独自の設計と緻密な計算 gray

「Gray Snowboards」は、乗る人が楽しめるスノーボードを目指して1998年にスタートしました。ブランド独自のデザイン力と設計力で、高性能スノーボードブランドとして、不動の地位を築いています。でき上がった新作は、テストライダーが試乗して性能を確かめており、こだわりの詰まった一本に出会えます。

公式はこちら:GRAY SNOWBOARDS

日本の職人芸とカーボン技術 YONEX

世界初のオールカーボンボードを発表して以来、斬新なアイディアと革新的なテクノロジーにより最高の操作性を追求し続けているのが「YONEX」です。最大の特徴は、カーボンならではの「反発力」と「耐久力」で、一本一本が安定した品質のボードに仕上がっています。

公式はこちら:YONEX SNOWBOARDS

スノボ板人気ブランド一覧、女性編

最後に紹介するのが、女性から人気を集めているスノボ板のブランドです。女性のことを考慮して設計されているスノボ板が多く、デザイン以外にも人気の理由は隠されています。

ポップでクール、抜群の操作性 ROXY

世界的に有名な女性スノーボーダー「トーラ・ブライト」が愛用しているのが「ROXY」です。ボードはMervin製のものが採用されているため、女性ならではのポップでクールなデザインに加え、最新のテクノロジーも体感することができます。

公式はこちら:ROXY SNOWBOARDS 18-19 JAPAN SITE

自分に合ったボードをセレクト SPOON

ユーザーの技術向上を手助けできるように日々進化しているのが「SPOON」です。様々なスタイルやシーンに対応できるように、豊富なソール形状のボードを揃えているため、ぴったりの一本を探してみましょう。

公式はこちら:SPOON OFFICIAL WEB SITE

まとめ

スノーボードの板には、それぞれのブランドごとにこだわりが詰まっています。自分のプレースタイルを知った上でぴったりのブランドを見つければ、満足いくライディングを手助けしてくれるでしょう。