スノボビンディングの選び方と取り付け方。おすすめの商品も紹介

スノボをするときに必要なスノボ用品として代表的なものは、スノボ板やブーツ、ウェアですが、そのほかに必要なアイテムとして、「ビンディング」があります。今回は、このビンディングの選び方と取り付け・取り外し方法、おすすめ商品をまとめました。

スノボビンディングってどんなもの?

スノボ用品でよく見かけるキーワードに、「ビンディング」があります。特にスノボ初心者の場合、ビンディングが何なのか、分からないということもあるでしょう。

そこで、スノボにおけるビンディングについての基礎知識を紹介します。

スノボビンディングの役割と構造

「バインディング」と呼ばれることもあるスノボのビンディングとは、スノボブーツと板を固定するための器具です。これがなければ、スノボができないというほど、必須アイテムです。

ビンディングは単なる固定器具ではなく、スノボのパフォーマンスに大きな影響を及ぼすものです。

スノボでは、足でスノボ板に力を伝えて動かします。ビンディングがないと、足が板から離れてしまうためコントロールがうまくいかなくなります。つまりビンディングは、スノボの操作に関わる重要なアイテムでもあります。

スノボビンディングの種類

スノボのビンディングは、構造や特徴によって以下の3種類があります。

  • ストラップ型ビンディング
    ストラップ型は、最もポピュラーなビンディングです。レバーでストラップを締めてしっかりと固定できるので、足のホールド力が高く、初心者に適しています。ポピュラーなタイプなので種類が多く、多彩な商品から選べるのがメリットです。
  • クイックエントリー型ビンディング
    こちらのタイプはその名の通り、ワンタッチで素早く着脱できるのが大きな特徴です。ただし、あまりメジャーなタイプではないため、選択肢が少ない点がデメリットといえます。
  • アルペン用ビンディング
    スピードを競うアルペン競技で用いられるビンディングが、こちらのタイプです。スキーブーツに似たハードブーツ用のビンディングであるため、ストラップがなくソフトブーツに非対応という特徴があります。

スノボビンディングの選び方

スノボをしている人の中には、自分が履いているブーツにピッタリのビンディングのサイズが分からない、という人も多いかもしれません。

そこで、スノボのビンディングを選ぶ際のポイントを紹介します。

ビンディングのサイズはブーツによって決まる

ビンディングはスノボ板にスノボブーツを固定するパーツなので、ビンディングのサイズはブーツのサイズによって決まります。

ブーツとビンディングを同時に購入すれば、一緒のサイズ合わせができるので、ピッタリの組み合わせのブーツとビンディングを選びやすくなります。

ビンディングを選ぶときは、ブーツと合わせるのが基本です。まず、かかとをチェックします。かかと部分が手持ちのブーツにしっかり奥まで入ってフィットしているかが、ポイントです。

もしブーツのかかとがビンディングに合わない場合、ホールド感が弱くなってしまいます。

かかとが合ったら、次はブーツをビンディングに固定してみます。きちんとフィットできるように調整できるビンディングなら、ブーツに合っているといえます。

また、合わせたときにつま先やかかと部分がビンディングからはみ出ていないか、サイズが小さすぎるまたは大きすぎることがないかもチェックポイントです。

いずれの場合も、必ずブーツとのフィッティングを行なってビンディングを選ぶのが基本です。

グラトリを行う場合は柔らかい型を選ぼう

スノボにおいて、平らなバーンでジャンプやスピンをして技を出す「グラトリ」を行う人向けのビンディングの選び方は、上記の方法とはまた違ってきます。

一般的に、グラトリをする人向けのビンディングは柔らかめのタイプがおすすめです。特に、初心者がグラトリを行うときは、柔らかめのビンディングを使用が推奨されています。

グラトリに柔らかいビンディングが適している理由は、足回りの自由さと柔軟さにもつながるため、ジャンプなどの技が繰り出しやすくなるからです。

グラトリに慣れてきた上級者であれば、硬めのビンディングを使用してもいいでしょう。

スノボビンディングの取り付け方、外し方

スノボ板とビンディングを購入すると、購入先でビンディングの取り付けを行ってくれる場合があります。しかし、板とビンディングを別々に購入したという場合では、ビンディングを自分で取り付ける必要も出てきます。

一見難しそうなビンディングの取り付けですが、コツが分かれば、自分でスノボビンディングを取り付けたり取り外したりできるようになります。

滑る方向を決めねじ穴の位置、角度を調整

スノボビンディングを取り付ける前に、滑る方向を決める必要があります。スノボでは、進行方向に前足を向けるのが基本ですが、ビンディングはまず、両足を進行方向に開いた状態で取り付けてみましょう。

ビンディングの基盤となる「ベースプレート」を開き、板に表示されている取り付け位置に合わせ、角度を調整します。

ビンディングの角度は、3度間隔での調整ができます。真横を0度として進行方向がプラス、逆方向がマイナスの角度となります。最初は目安として、前24度・後9度、もしくは前21度、後6度で取り付けてみましょう。

仮止め、センタリングの確認を行う

角度を調整した後は、ベースプレート中央部分にあるディスクのビス穴で仮止めをします。仮止め後にブーツを実際に合わせてみて、ブーツが板の中央部分に乗っているかの「センタリング」を確認します。

つま先がはみ出ていたり、かかと側に足が寄っている場合は、ディスクのねじ穴で足が中央にくるように角度を調整する必要があります。

センタリングの確認を行ったら、仮止めしていたビスを留めるとビンディングの取り付けが完了です。

ビンディングを外す際はドライバーを活用

一度スノボ板に取り付けたビンディングの取り外しは、ドライバーでねじを取るだけです。ビンディングを取り外すには、マイナスドライバーを使用します。

ねじの取り外しには強い力が必要なので、大きめのドライバーを用意しておくと、取り外しがしやすくなるでしょう。

スノボビンディングの人気メーカー

スノボビンディングは、さまざまなメーカーから販売されています。ビンディングの製造を行うメーカーのうち、代表的な人気メーカーを、以下で紹介します。

ビンディング専門メーカー。FLUXフラックス

「FLUX」は、1992年に誕生した日本のビンディング専門メーカーです。ビンディングブランドとしてトップクラスの知名度を誇り、日本をはじめ世界21カ国でビンディングの販売を行い、高い人気を持ちます。

国産メーカーだけあり、日本人の足に合わせた最高のビンディングを作ることをコンセプトとしています。FLUXが製造する高品質のビンディングは国内外問わず、多数のライダーからの支持を得ています。

2005年誕生のアメリカのメーカー。UNIONユニオン

スノーボードを世界に広めたブランド「BURTON」の技術者が2005年にスタートさせた、ビンディングのみを製造するブランドが、「UNION」です。

「ライダーとボードを一体化させる」をコンセプトとしたUNIONのビンディングは、商品開発から製造までをすべて自社で行なっており、比較的リーズナブルな価格ながら最高のパフォーマンスを実現するビンディングを送り出しています。

ワンタッチ装着型が有名。FLOWフロー

「FLOW」は、リアエントリータイプのビンディングの展開で知られる、スイス生まれのビンディングメーカーです。現在はスノボ板やブーツの販売も行う、総合スノボ用品ブランドとなっています。

おすすめのスノボビンディング

最後に、おすすめのビンディングを3種類、紹介します。ビンディング購入を考えているのであれば、参考にしてみてください。

オールラウンド対応で初心者にも人気。FLUX PR

こちらは、ベーシックでオールラウンドに対応する、人気が高いエントリーモデルのビンディングです。操作しやすい軽量ラチェットやフィット感を高めるストラップなど、上達をサポートする初心者にも最適のアイテムです。

2018-19年型、操作性抜群。UNION FORCE

こちらのUNIONのフラッグシップモデル「UNION FORCE」は、2018−19シーズンの最新モデルです。耐久性とパフォーマンスを兼ね備えており、ボードコントロールしやすい特徴を持ちます。

強いグリップ力を持つウルトラグリップ搭載のトゥーストラップ、どんな動きもサポートする幅広のアンクルストラップを採用してコントロール性能を高め、板が持つ本来の性能を最大限に引き出してくれます。

4色のカラーバリエーションがあり、ボードやブーツのカラーに合わせて選べます。

2018-19年型、着脱が簡単。FLOW FUSE-GT

「FLOW FUSE-GT」は、グラスフィールドナイロン製のベースプレートを採用し軽さと適度な硬さ、レスポンスに優れた性能を持つビンディングです。

多彩な機能を持つこちらのビンディングは、素早く着脱ができるのが特徴です。いち早く滑りたいという人には、特におすすめです。

まとめ

ビンディングは、スノボをする上で必要なアイテムです。ビンディングの性能は、滑りに大きく関わることがあるものなので、その選び方も重要です。

また、ビンディングは自分で取り付け・取り外しが可能です。自分に最適なセッティング方法を覚えておけば、より高いパフォーマンス力向上も期待できるでしょう。