スキーウェアをクリーニングに出す際の注意点。人気宅配サイトも紹介

スキーウェアは、シーズン終了時にはかなり汚れてしまいます。スキーウェアは特殊な生地や加工が施されているものも多く、自宅での洗濯は難しいものです。そこで、スキーウェアのクリーニングと宅配クリーニングについての情報をまとめました。

スキーウェアのクリーニングに関する豆知識

スキーをするときに欠かせないアイテムの1つであるスキーウェアは、雪やスキー板の油、自分自身の汗などで汚れることが多いものです。

スキーウェアは、できれば使うたびに洗って清潔にしておきたいと考えてしまいますが、家庭で洗濯できるウェアとできないウェアがあります。

まずは、お手持ちのスキーウェアの洗濯可否をチェックしてみましょう。

家庭で洗濯できないウェアとは

スキーウェアは、雪がウェアの中に入り込まないように、防水加工や撥水加工が施されているものがほとんどです。この防水・撥水加工が施されたウェアは、家庭での洗濯が禁止されているものが多いようです。

もし防水・撥水加工が施されたウェアを洗濯してしまうと、これらの加工が取れてしまう恐れがあります。

お手持ちのウェアが家庭での洗濯に対応しているかどうかは、裏面に付いているタグをチェックしましょう。水洗い不可やドライクリーニングマークなどが付いている場合は、家庭の洗濯機で洗うのは避けましょう。

クリーニングに出すタイミング

スキーウェアをクリーニングに出す最適なタイミングは、シーズン終了後です。次シーズンまで使わないウェアを収納する前にクリーニングをして、キレイにしておくのがおすすめです。

シーズン中、スキーウェアを何度か洗濯したい、ということもあるでしょうが、クリーニングに出す頻度はシーズン終了後の1回で十分です。

シーズン終了後のクリーニングの場合、店舗によってはキャンペーンを行っており、通常よりもお得な価格でクリーニングができることもあります。

スキーウェアのクリーニング費用の相場

スキーウェアのクリーニング費用は、クリーニング店によって差があります。一般的なクリーニング費用の相場は、以下の通りです。

  • ウェア上下
    1500~3000円
  • ジャケットまたはズボン単品
    1000~2000円

クリーニングに出す際のチェックポイント

スキーウェアは、普段着用している洋服とは違うものです。クリーニングに出すときは、以下のポイントをあらかじめチェックしておくことをおすすめします。

撥水、防水加工は専門の業者へ依頼する

雪山で着用するスキーウェアは、多くのものが撥水または防水加工が施された生地を使用しています。ところが、使用しているうちに加工が取れてしまい、撥水・防水効果が薄れてしまうことがあります。

クリーニング店によっては、洗濯と同時にオプションとして撥水加工を行ってくれるところがあります。ウェアをキレイにしながら撥水加工もできる一石二鳥のオプションのように思えます。

しかし、クリーニング店における撥水加工は、あくまでもオプションです。店舗によって加工方法もさまざまで、もともとの撥水効果が取り戻せるとは限りません。

そのため、ウェアの撥水加工をしてもらうのであれば、専門業者に依頼しましょう。中には、アウトドアのクリーニング専門業者もあるので、高価なウェアのクリーニングの際に利用してみてもいいでしょう。

ほつれている箇所や汚れの有無を伝える

クリーニングに出す前に、ウェアにほつれや汚れがないか、チェックしましょう。ほつれがあると、クリーニングを行うことによってほつれからウェアが痛む可能性があるからです。

汚れている箇所を発見した場合は、クリーニングに出す際にどこが汚れているかを伝えておくと、汚れをしっかり落としてもらいやすくなります。

ポケットの中を忘れずに確認する

普段着ている洋服をクリーニングに出すときと同様に、ポケットの中の確認も必要です。

スキーウェアはポケットが多く付いているものが多いため、ポケットの中に小銭やリフト券などを入れっぱなしにしている場合も少なくありません。必ずすべてのポケット裏返して、何も入っていないかをチェックしましょう。

スキーウェアの宅配クリーニングを利用しよう

クリーニングを行う方法として、自宅で依頼できる宅配クリーニングがあります。直接クリーニング店へ行くことなく、自宅でスキーウェアのクリーニングができる、便利な手段です。

自宅にいながら安価で利用できる

宅配クリーニングの大きな特徴は、自宅で利用できるという点です。かさばるスキーウェアを店舗へ持っていく手間を省けます。

クリーニングが仕上がったウェアも、自宅に届けてもらえるので、わざわざ店舗へ取りに行く必要もありません。しかも、宅配クリーニングは安くクリーニングをしてもらえるというメリットもあります。

近隣にクリーニング店がない、スキーウェアをクリーニング店へ持っていくのが面倒という場合は、宅配クリーニングの利用が便利です。

スキーウェアの長期保管サービスも人気

シーズンオフに着ることはないスキーウェアは、自宅で保管する必要があります。スキーウェアの保管場所がなく困っている、という人もいるのではないでしょうか。

そんな人に便利なのが、長期保管サービスです。宅配クリーニングでは、クリーニングをした上で長期間そのまま預かるという、保管サービスを行なっているところがあります。

クリーニングに出したウェアを、次シーズンまで保管してもらえるので、自宅のクローゼットでウェアの保管場所を取る必要もなくなります。スキーウェアの保管場所に困っている場合は、宅配クリーニングの長期保管サービスを検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめの宅配クリーニングサイト

ネットで探してみると、宅配クリーニングを行なっているサイトが多数見つかります。そこで、スキーウェアのクリーニングにおすすめの宅配クリーニングサイトを紹介します。

特殊クリーニング専門店。ホワイト

『ホワイト』は、スキーウェアをはじめとしてホットカーペットやドレス、着物などの特殊クリーニングを行う専門店です。

スキーウェアのクリーニングでは、それぞれのウェアの生地に最適な溶剤を使用して、皮脂や化粧品による汚れ、リフト乗車時に付くことが多いオイルやサビ汚れをしっかり落とします。

さらに、汚れを落とすだけではなく、気になる臭いも完全に消し、基本的に無臭の状態に仕上げてもらえます。無料の撥水加工に加えて1着ずつ丁寧な手仕上げを行い、満足感の高い仕上がりが魅力です。

スキーウェアとスノーボードウェアの洗濯 – クリーニング工房 ホワイト

再仕上げ無料、1着のみもOK。Lenet

宅配クリーニングの中でも高い知名度を誇る『Lenet』では、1着からのクリーニングを受け付けています。再仕上げを無料で行ってもらえるので、初めて宅配クリーニングを利用する場合も安心です。

スキーウェアの撥水加工は、+600円で受け付けています。また、ウェアに最適の洗い方と手作業で仕上げる『デラックス仕上げ』も選択できます。

宅配クリーニングは自宅で出せるリネット【初回おためし全品50%OFF】

3種類のコースから選択。リナビス

『リナビス』では、クリーニングに出す衣類数5点、10点、20点の3種類コースを用意しています。試しに少しクリーニングに出したいときは、5点コースがおすすめです。

撥水加工や汗抜き加工などのオプションが用意されており、6カ月間であれば無料で保管してもらえます。2度目以降の利用でリピート割が受けられるので、お得に宅配クリーニングを利用できます。

クリーニングの宅配はリナビス 【おせっかいなオバちゃんが目印です】

まとめ

スキーウェアの特徴である撥水・防水加工を損なわずにキレイに洗濯するには、専門業者でのクリーニングが最適です。

ネット上で申し込みができ、自宅にいながらにしてクリーニングを申し込める宅配クリーニングは、スキーウェアのクリーニングにとても便利です。

シーズンオフ中にウェアを預かってもらえる保管サービスを提供している宅配クリーニングもあるので、クリーニングと共に利用してみてはいかがでしょうか。