スキーやブーツのバッグは何が良い?スキーバッグの種類とおすすめ

スキー場に行くとなると、スキー板やスノボボード、ブーツ、ウェア、アクセサリー類はもちろん、日帰りではない場合は宿泊グッズなど、たくさんの荷物を持って行く必要があります。スキーバックの選び方やおすすめの商品をまとめて紹介します。

スキーバッグの主な種類

まだスキー初心者の人は、どういうバッグを買えば良いのかイメージできないかもしれません。ギアや持ち物が増えても、スキーバッグを買い換えなくて良いように、どういう種類があるのか、知っておきましょう。

ボストンバッグ

ボストンバッグとは、手または肩に掛けて持つタイプです。旅行用バッグでも、よくボストンバッグは使われているので、イメージしやすいでしょう。

サイズは小さなものから大きなものまでさまざまで、また持ち手のパターンもさまざまです。持ち手は、手でしか持てないものではなく、肩掛けができるものをおすすめします。荷物が重くなったとき、いろいろな持ち方ができると、疲れを軽減してくれるためです。

もっともメジャーなバッグなので、デザインも好きなものを選びやすいことがメリットとして挙げられます。

キャリーバッグ

キャリーバッグは、コロコロと転がせるようにキャスターがついているタイプです。最大の特徴は、重い荷物も楽に運べるということです。荷造りもしやすく、比較的多い荷物を収納することができるでしょう。

ただし、移動中などにキャリーバッグを開けての荷物の出し入れは難しいため、基本的にはスキー場または宿でしか、中身を取り出せないと考えておきましょう。

オールインワンバッグ

上記で紹介したボストンバッグとキャリーバッグは、スキー板やスノボ板などは入りません。オールインワンバッグとは名前の通り、スキー場へ持って行くすべての荷物を収納できるバッグのことをいいます。

手持ち、肩掛け、キャスター付きのもの以外に、リュックで背負えるタイプのものもあります。

すべて1つのバッグにしまえるので楽ではありますが、その分重くなります。そのため、キャスター付きや、リュックタイプでないと、移動が辛いでしょう。

スキーバッグのメリット

続いて、スキー用として売られているスキーバッグを選ぶメリットとはどのようなポイントなのでしょうか。

収納しやすい

まず、なんといってもスキー用に作られているので、収納しやすいということが挙げられます。容量、構造、ポケットの作りなど細部にわたって、スキーに持って行くであろう荷物を収納することを想定して作られています。

また、スキーバッグを自分でスキー場に持参するのではなく、あらかじめ配送しておくという人もいるでしょう。そういう場合に、スキーバッグを持っていると、荷物が1つにまとまっているので、スキー場の人も取り扱いやすいです。もちろん受け取りも楽ですね。

安いものも多い

次に、リーズナブルなものが多いとうこともできるでしょう。

一般的なバッグもピンキリで、さまざまなものが出ていますが、前述のように収納しやすいというメリットがある前提でいうと、さらに価格が安いとなれば選ばない理由はないでしょう。

スキーバッグのデメリット

続いて、デメリットについても見ておきましょう。スキーバッグを扱う上で、気をつけるべきポイントといえます。

カビなどの管理

行きは問題ないかもしれませんが、帰った後に注意すべきなのがカビです。

スキー板やスノボボード、ストック、ブーツなどはもちろん、ウェア、手袋、帽子などあらゆるものに、雪や水滴がついたままになってしまいます。そのままバッグに閉まって帰ることは仕方ありませんが、長時間そのままにしてしまうことで、カビが発生してしまいます。

スキー場の雪や水滴を完全に取り除くことは難しいです。それでも、可能な限りは水滴を落とすことを心がける必要があります。夏のビーチでも水着やタオルなどで同様の問題がありますし、基本的なことではありますが、長持ちさせるためにも気をつけましょう。

またカビの対策としては、帰宅後にすぐに中身を出し、バッグも乾燥するまで陰干ししてあげることです。

サイズによる使い勝手

スキーバッグはさまざまなブランドから、さまざまなものが販売されています。

大容量のものや、オールインワンバッグなどは典型ですが、その大きいサイズゆえに、スキー場のロッカーに入らないことがよくあります。スキー場でアイテムをレンタルするという人や、長期間での宿泊スキー旅行に行かない人は、無駄に大きなものでない方が、使いやすいかもしれません。

また、移動中も大きすぎると疲れやすいです。スキー場に到着したら、もう疲れているということのないようにしたいですね。

バッグにスペースがあると必要ないものも入れてしまいがちです。移動で疲れてしまわないように、サイズ選びは慎重に行いましょう。

スキーバッグの選び方

ここまででスキーバッグの種類やメリット、デメリットを紹介してきました。続いて、スキーバッグを選ぶ際に気をつけたいポイントを見てみましょう。

使いやすさ

スキーバッグを選ぶ際のポイントは、とにかく「自分が使いやすい」と思えることです。「しっくりくる」ともいえます。

機能的に出し入れする間口が小さすぎて、荷物を出し入れしづらかったり、小さなストレスを感じそうであれば、デザインが好みでも諦めましょう。

その上で、素材の生地感やデザイン性など、一目惚れしたり、しっくりくるものがおすすめです。まず機能性で選び、次にデザイン性というこの順番は鉄則です。普段の買い物と同じですね。

素材や機能

素材や機能性が大切と伝えましたが、この点を具体的に見てみましょう。

スキーバッグの素材は、防水素材を使用していることが多いです。大切なのは、内側、外側両方に防水素材を使用しているかです。

中にはスキー場の雪や水滴がついたブーツやウェア、スキー板やスノーボードなどを入れるので外にもれないように、外側は移動中の雪や雨から守るために、防水素材である必要があります。

機能性はさまざまですが、ポケットの数や場所や大きさ、スキー旅行以外で普段も使えるか、などが挙げられます。どのような機能性のものが良いかは、それぞれのニーズ次第なところなので、気になるものを比較検討しながら、絞ってみてください。

目的とサイズ

スキーバッグに「何を入れるか」です。

最低限のものだけであれば、小さなものでも良いでしょう。ギアやアクセサリー類など、すべて自分で持参する場合や、宿泊でのスキー旅行でウェアを何着も持っていく場合などは、大容量のものを選ぶ必要があります。

目安として、1泊2日の旅行であれば、およそ55リットルでちょうどくらいではないでしょうか。荷物が多い人はそれ以上のサイズを選ぶことをおすすめします。

スキーバッグのおすすめ

最後に、実際におすすめのスキーバッグを紹介します。

持ち運びしやすいボストンバッグ

バッグの定番の形ですが、さっと手で握るだけなので、もっとも持ち運びしやすいスキーバッグといえるでしょう。ただし大きいもの、荷物が多く重さのあるものの場合は、長時間の移動には向きません。
スキー場まで車で行くという人にはおすすめです。

<ダカイン ボストンバッグ 51L>

はじめに紹介するのは、ハワイのマウイ島生まれのダカインのボストンバッグです。ダカインはハワイ生まれということからもわかるように、1979年にサーフィンアイテムの製造をはじめ、多くのサーファーに愛されているブランドです。現在はポートランドに拠点を移して、日常のカジュアルバッグとしても人気です。

こちらはポリエステル100%で軽くて使いやすいですが、強度の高い600デニールの素材なので、たくさんの荷物を入れても大丈夫です。また全長124.5cmのショルダーストラップ付きなので、手持ち、肩掛け両方で利用することができます。

スキー専用のバッグではありませんが、それ以外の用途でも利用したい人にはおすすめです。パッカブル仕様で、バックインバッグとして旅先などに持ち運びもできます。

まだスキー専用バッグよりも、ライトにスキーに行くためのバッグが欲しいという初心者にはおすすめのバッグです。

ヘルメットの入る大容量ボストンキャリー

続いて、公共交通手段を使ってスキー場へ アクセスする人にとっては重宝するキャリーバッグです。中でも大容量のボストンキャリーは、たくさんの荷物を詰めても移動は楽々ですね。

<アウトドア 5WAYボストンキャリーケース>

幅65×高さ33×マチ29cm、53Lの大容量のキャリーバッグです。ナイロン製で、撥水加工仕様まで施されています。キャリーとして転がすことはもちろん、ボストンバッグとして手持ちや肩掛けなど、さまざまな持ち方ができるので、疲れにくいですね。

アウトドアももともとはスキー用品ではなく、アウトドア好きを満足させる“普段使い”できる商品を作ろうという思いのもと、カリフォルニアで設立されたブランドです。それゆえに、おしゃれでデザイン性が高く、あらゆる環境に耐えられるように機能性も高い商品が多く出ています。

スキーバッグではありませんが、撥水性能も高いので、使いやすいでしょう。

板も入るオールインワン

最後に、すべての荷物を1つにまとめたいという人は、オールインワンタイプにしましょう。

<オガサカ キャスター付オールインワンスキーバッグ>

オールインワンバッグはとにかく重くなりがちなので、キャスターは必須でしょう。オガサカのオールインワンスキーバッグは、出し入れのしやすい構造で、取り出したいものも見つけやすい点が嬉しいです。

600防水デニールの軽量ながらも丈夫な素材と、クッション付きのバッグが、大切なスキー用品をしっかりと守ってくれます。

まとめ

スキーバッグの種類やその選び方、最後におすすめのバッグを紹介しました。なかなか買い換えることのないであろうスキーバッグですが、スキー場に出かけるとなると、初心者でも必需品であることは間違いありません。ぜひお気に入りのスキーバッグを見つけてくださいね。