スノボインナーの選び方。防寒対策からおしゃれまでオススメを紹介

スノボウェアの下には、防寒対策などの目的でインナーを必ず着用します。インナーにはいろいろなタイプがあり、高い機能性を持つものからファッション性の高いアイテムも揃います。そこで、スノボインナーの選び方と機能性、おすすめアイテムを紹介します。

スノボインナーの種類と役割は?

スノボをするときには、必ずスノボウェアを着用します。しかし、スノボではこのスノボウェアのみを着用するのはなく、下に必ずインナーウェアを併せて着用する必要があります。

このスノボウェアの下に着るインナーには、さまざまな種類と役割があります。

2種類のインナーに別々の上下

スノボウェアの下に着るインナーは、重ね方によって2つの種類があります。

1つは、肌に直接触れる、いちばん内側に着る「ファーストレイヤー」で、「ベースレイヤー」と呼ばれることもあります。もう1つは、ファーストレイヤーの上に重ねて着る「セカンドレイヤー」です。

セカンドレイヤーは、スノボを行う際のコンディションに合わせて着用し、温度調整を行います。そして、ファーストレイヤーで吸収した汗を逃がす役割もあります。

インナーは上半身、下半身と分かれているので、上下で別々のインナーを着用する必要があります。

ウェアの下にプロテクターがあれば安心

スノボは、転倒をすることが多いスポーツです。腰やお尻、膝は特に転倒時によく打ってしまうため、何度も転倒が続くと、痛みが増してしまいます。

このようなスノボでの打撲を防ぐためのアイテムが、プロテクターです。プロテクターはスノボウェアの下に着用するもので、膝や肘、腰回りをガードできるタイプなど、部位によってさまざまな種類があります。

また、プロテクターが付いたタイプのインナーも販売されています。トップスとタイツにそれぞれパットが付いており、着るだけでガードできるのでスノボ初心者におすすめです。

スノボインナーは動きやすさで選ぶ

スノボのインナーは、まず着用しても動きを邪魔しないものを選ぶべきです。その他にも、目的やコンディション、機能性などによって、インナーには幅広い選択肢があります。

ファーストには吸湿・速乾性素材を

スノボは寒いゲレンデで行うスポーツですが、どんなに寒い雪山でも身体を動かせば汗をかくことが増えます。

肌に触れるファーストレイヤーには、そんなときにそなえて汗をよく吸収し、かつ蒸れを防ぐ吸湿速乾性のあるポリエステルやウール素材が適しています。

ユニクロのヒートテックは短時間のみで

ユニクロの防寒インナーとして広く知られているのが、「ヒートテック」です。普段の洋服の下に、防寒のために着用している人も多いのではないでしょうか。

防寒・保温性が高い機能性インナーのヒートテックは、スノボのときのインナーとしても使えるのでは、と考える人もいるでしょう。しかし、実はヒートテックはスノボには不向きといわれています。その理由は、ヒートテックの特性です。

ヒートテックは、かいた汗を吸収して発熱する特徴があります。スノボでは、汗をかくことが多いため、汗で発熱してさらに暑くなり汗の量が増えてしまいます。汗の量が増えて汗の吸収ができなくなると生地が冷え、その結果保温どころか汗冷えにつながるのです。

また、通気性の悪さもヒートテックが向いていない理由のひとつです。確かにヒートテックは高い保温性はありますが、通気性の面ではあまり優れているとはいえません。

つまり、ヒートテックは着ていれば暖かいけれど、汗をかいた時に汗を逃がすことが難しいため、スノボ向きのインナーではないのです。

極度の冷え性、または汗をほとんどかかない人であれば、ヒートテックを着用しても問題がないかもしれませんが、もしヒートテックをインナーに使いたいのであれば、あまり長時間着用はせずに、短時間で留めた方がいいでしょう。

セカンドには透湿性と保温性のあるもの

先述のように、セカンドインナーはファーストインナーでかいた汗を逃がせるように吸湿性が高いものが最適です。そして、スノボ中の体温調整も行うため、コンディションによって着るものを変えます。

セカンドレイヤーの素材には、寒い日なら保温性の高いフリース、晴れて比較的温度が高い日には、長袖Tシャツなどが適しています。

着脱しやすいパーカーが便利

スノボインナーは、汗をかいたりゲレンデのコンディションによって脱ぎ着することが多いものです。スノボの合間に着替えが必要となるケースも多いことから、インナーは脱ぎ着がしやすいものが最適です。

中でもおすすめは、パーカータイプのインナーです。セカンドレイヤーとしてパーカーを着用する人も多く、前を開けられるので脱ぎ着がしやすいメリットがあります。

さまざまなパーカーが市販されていますが、身体を動かすスノボ時に着るものなので、動きやすいインナーが基本となります。

ボトムスは柔らかく伸縮性のあるもの

ここまでは、ファースト・セカンドインナーとしておすすめの機能や素材を紹介してきましたが、スノボウェアのパンツの下に着用するインナーも同様に、保温性は大事です。

しかし、上半身より汗をかくことが少ないため、吸湿速乾性よりも保温性と動きやすさを重視しましょう。肌に密着して保温性を高めるタイツは、柔らかく伸縮性もあるのでおすすめです。

寒さが不安という場合は、ジャージやスウェットをウェアの中に着る方法もあります。ただし、これらの生地は厚めにできているため、動きにくくなる場合もあります。

おすすめのスノボインナー メンズ編

メンズ向けのスノボ用おすすめインナーを2種類、紹介します。

mont-bell ジオラインL.W.ラウンドネックシャツ

日本のアウトドアブランド「mont-bell」のシャツは、速乾性がある軽量のポリエステル素材でできた、メンズ用のインナーです。薄手なので、スノボのインナーとして最適で、重ね着もしやすいのが特徴です。

BURTON Crown Bonded Full-Zip Hoodie

スノーボードを生んだブランドとして広く知られるアメリカ生まれの「BURTON」のインナーです。こちらのアイテムは、撥水加工が施されたフリース素材のパーカーです。

速乾性が高く、ヘッドホンケーブルポートが付いたポケットが付いているなど、機能性に優れたインナーです。

おすすめのスノボインナー レディース編

続いては、レディース用のおすすめスノボインナーです。

ROXY インナー DAYBREAK TOP ERJLW03000

レディース向けのスポーツウェアを販売する「ROXY」のアイテムは、インナーながら目を引く鮮やかな柄とカラーが特徴です。フィット感が高いストレッチ素材を採用し、スノボの動きを妨げません。

purplecow スノーボード パーカー PCA-1940FB

レディース向けのパーカータイプのインナーなら、こちらのアイテムがおすすめです。

軽量のストレッチ素材でできたパーカーは、表地にポリエステル素材、裏地にフリース素材を使用しており、保温性と撥水性を兼ね備えています。高い撥水力を持ちながら、特殊なストレッチ性のあるフィルムを採用しているので、伸縮性にも優れています。

シンプルな単色から花柄、ツートンカラーまで、カラーバリエーションが多彩な点も魅力です。

スノボのおしゃれは小物で差をつける

スノボをするときは、ゲレンデでのファッションにもこだわりたいということも多いでしょう。デザイン性の高いスノボウェアを着るだけではなく、小物にもこだわってみてはいかがでしょうか。

ソックスは5本指の膝下タイプがおすすめ

スノボブーツの中には、必ず靴下を履きます。靴下は快適にスノボができるよう、できるだけ履き心地が良いものを選びましょう。

スノボ用おすすめの靴下は、5本指タイプです。スノボ上級者の多くは、5本指ソックスを履いているといわれています。スノボは足の裏全体を使うスポーツなので、足の指が開いている状態が基本です。

一般的なソックスでは、足の指が丸まりやすく、足からスノボ板へ圧力がうまく伝わらなくなります。5本指ソックスなら、しっかり足の指を開けるので板へ圧力をかけやすいので、スノボ上達へも近づける期待ができます。

そしてもう1つ、靴下は膝下程度の長さのものを選びましょう。スノボでは、転倒して身体のあちこちを打つことが多いものです。

一般的なくるぶしや足首までの長さのソックスでは、スノボブーツの内側で靴ずれを起こしやすく、転倒時の衝撃を直に受けることもあります。しかし膝下の長さのソックスを履いていれば、スノボブーツによる靴ずれを予防できる上、すねへの衝撃をやわらげられます。

グローブはスノボ用の防水タイプを選ぶ

手や指が冷えやすいスノボでは、グローブは必須アイテムです。スノボ用のグローブには、数万円もする高価なものもあれば、1000円程度の安価なものまで、幅広い価格帯のアイテムが販売されています。

スノボ用のグローブは、雪に触れることが多いため防水性と保温性が重要です。防水性にこだわるのであれば、レザー素材のグローブがおすすめです。レザーは通気性と速乾性も兼ね備えており、保温性もある素材です。

ミトンにインナー手袋を使うのが便利

ミトンは、親指、人差し指から小指までがくっついたタイプの手袋です。スノボ用のグローブでは、ミトンタイプもよく見られます。ミトンは暖かく、見た目が可愛らしいことから女性にも好まれます。

ところが親指以外の指を使いづらく、操作性が悪いデメリットがあります。

そんなミトンのデメリットをカバーするのが、インナー手袋です。ミトンの下に薄手のインナー手袋を着用しておけば、ミトンを外しても、暖かさを維持したままで細かな操作ができます。

ミトンを使うときは、操作性を上げるためにもインナー手袋の併用がおすすめです。

まとめ

寒いゲレンデで楽しむスノボ用のインナーは、防寒性や吸湿速乾性、身体を守るパッド付きなどの機能性に加え、ファッションも楽しめるインナーが揃います。

快適に長くスノボを楽しむために、時期や天候なども考慮して、インナーを選んでみましょう。